板トップ | ご利用ガイド | 携帯版 | 最新20件

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 最新50
サモンナイトN3

1 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/10/31(土) 15:54:57 ID:???
〜前スレまでのあらすじ〜

日本のとある高校に通う、主人公【内藤佐門】は同輩であり後輩である
ハヤト、ナツミ、トウヤ、アヤと共に謎の光に包まれ、リィンバウムに召喚され、
諸々合って、サッカー選手と軍学校の生徒という二足の草鞋を履くことになってしまう。

だが、彼のステータスはクソ&クソの近所のワルガキにすら劣るクソステであった。

サッカー大会に優勝し、帝都ウルゴーラ。
そして、その軍学校に栄光をもたらした佐門であったが、
その心はさざ波こそ立てど、依然として大きくゆれ動く事はない。

道化役は観客というなの他人に笑われるだけで、
その観客と極度に関係を持とうとはしない。いうなれば、道化役とは傍観者に等しい。

しかし佐門は気づかなかった。『関わらない』という選択は『関わる』
という大きな枠組みの中にある選択の一つであったという事を……
そして、結果的に佐門はアティという一人の人間の将来を大きく変えてしまったのであった。

責任を感じた佐門は自覚を持って少しずつ人に関わっていく事を決意するも、
その矢先に船は嵐に遭い(人づての話) 『はぐれ者たちの島』に漂流する。

アズリアとの離別、一言も会話がないアティ。
島の生い立ち。魔剣。そして、無色の派閥。

佐門の未来に少しずつ暗雲が漂い始めていた……


一方、原作の畜生ビジュは早々にジョーカーで浄化され
綺麗になってしまい原作の息の根は完全に止まったのであった。

100 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 12:18:33 ID:iekkhjWU
★キバれや船長!→ スペード4 ★

■1/2でマヒ付加ですが、ネックレスで無効
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カイル「! そうだ、この倒れてる奴をもちあげて盾に……って、持ち上がんねぇーー!」

帝国召喚師「好機! くらえぇえええ!」

★帝国召喚師・召喚術判定→60+25(ゲレレサンダー)(!card + !dice)★

★カイル・召喚抵抗判定→34(!card + !dice)★


先着2名様で、
1キャラずつ★で囲まれた範囲をコピーして書き込んでください


101 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 12:20:17 ID:???
★帝国召喚師・召喚術判定→60+25(ゲレレサンダー)( ダイヤ9 + 5 )★


102 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 12:57:16 ID:???
★カイル・召喚抵抗判定→34( スペード3 + 2 )★

103 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 16:48:30 ID:iekkhjWU
★帝国召喚師・召喚術判定→60+25(ゲレレサンダー)( ダイヤ9 + 5 )=99★
★カイル・召喚抵抗判定→34( スペード3 + 2 )=39★

帝国召喚師のゲレレサンダー!
カイルに60のダメージ!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
帝国召喚師「いでよ、タケシー! ゲレレサンダー!」

タケシー「ギー!」

ドオーン!

黄色い風船の様な幽霊から放たれる暗闇を貫く稲光がカイルに襲い掛かる。

カイル「グワァアアアア!!!」バリバリバリ

佐門「カイル! 大丈夫か!」

カイル「ぐっ……も、問題ねぇ! お前はお前の相手に集中しな!」

イスラ「……ふーん」

104 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 16:54:50 ID:iekkhjWU
先着1名様で


★イスラ、その思惑→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→佐門の相手に集中
ハート、スペード→仲間ごと召喚術でカイルを倒そうとする
クラブ→抜剣
JOKER→イスラ「……もうやめようか」


105 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 16:57:34 ID:???
★イスラ、その思惑→ クラブ2

106 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 18:53:35 ID:iekkhjWU
★イスラ、その思惑→ クラブ2 ★
クラブ→抜剣
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
イスラ「イライラするよ、君達を見てるとさ……
     仲間ってのはさぁ、消耗品だってことが分からないのかなぁ」ザワッ

佐門「……この魔力の高まり。召喚術! いや、違う……もっと、何か危険な感じがする!」


イスラに纏わりつく魔力は辺りを包む真っ赤な炎よりも
もっと赤く、熱い。危険な物である様に佐門は感じた。何より……

佐門(この感覚、どこかで……)

"いけない、彼を止めるんだ!!"

佐門「またか!? おい、アンタは誰だ、どこにいるんだ!」

"すまない、今はそれを説明している時間が無い! それよりも―――"

イスラ「しかも僕はそんな君達の二人の予備でしかない!
     ……でも、いいさ! 予備って事はさぁ……」


―――君達のどちらかを死ねば良いって事だからね

107 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 19:03:48 ID:iekkhjWU
佐門の赤の暴君キルスレスへの適性12(Q)で抜剣可能な為……
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「ハッ! 冗談キツイぜ、もやし野郎! 
    自宅のベッドの上に送り返してやらぁーー!」ダッ

イスラ「来い、キルスレス!!」

先着2名様で

★キルスレス召喚・イスラ→15+!dice+!dice+!dice★

★キルスレス召喚・佐門→12+!card+!dice+!dice★
と書き込んで下さい。数字によって分岐します。



合計値が……

佐門<イスラ→イスラがキルスレスを召喚

佐門>イスラ→佐門がキルスレスを召喚

佐門=イスラ→キルスレス、召喚されず

108 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 19:10:20 ID:???
★キルスレス召喚・イスラ→15+ 1 + 6 + 3

109 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 19:11:32 ID:???
★キルスレス召喚・佐門→12+ スペード4 + 5 + 6

110 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 19:15:29 ID:iekkhjWU
■しまった、カードにしてました……最初のダイスだけ振り直しお願いします


先着1名様で


★キルスレス召喚・佐門→12+!dice 5 + 6★
と書き込んで下さい。数字によって分岐します。


111 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 19:18:31 ID:???
★キルスレス召喚・佐門→12+ 1 5 + 6★

112 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 19:39:15 ID:???
圧勝やん

113 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 20:15:46 ID:iekkhjWU
■すっかり忘れていましたが、キルスレスは
  鬼属性の紅いサモナイト鉱石を使っているので鬼属性が最も高い佐門と相性が良いのです、多分。
 
  だから実際は 『ばたふらいえふぇくと補正(+2)+
             呼び声の書補正(+2)+属性補正(+2)+8=14』というのを訂正し忘れ……あっ

★キルスレス召喚・佐門→12+ 1 + 5 + 6=24+2=26★

★キルスレス召喚・イスラ→15+ 1 + 6 + 3=25★

佐門>イスラ→佐門がキルスレスを召喚
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
イスラ(くっ……思ったり抵抗が辛い! いや、これは……)

佐門「……ッチ! 往生しろやぁああ!」

イスラ「僕の邪魔をしてるのはお前かぁああああ!!」


―――ズバッ!


佐門「…………」

イスラ「…………ば、馬鹿な」

カイル「お、おいおい! 佐門、てめぇその剣は嬢ちゃんの……」

―――キルスレス!

114 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 20:23:17 ID:iekkhjWU
抜剣・佐門「敵に切り札を取られて、仲間はボロボロで……
       なぁ、イスラ……まだやるのかよ? やれんのか?」

イスラ「……チッ! 撤退するぞ」

帝国召喚師「ハッ!」

ズザッ!

カイル「カァー! なんて逃げ足の速さだ……
     ありゃ恐らく、帝国所属の諜報員、特務軍人って奴の部類だな」

抜剣・佐門「……」

カイル「……おい、大丈夫か?」

フッ

佐門「」ゲロリ(嘔吐)

カイル「うわ、汚ねぇーーーー!!!」

115 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 20:42:19 ID:iekkhjWU
佐門「お、恐らく、ぎゃ、二重誓約(ギャミング)だ……」

カイル「お、おう?」

佐門「召喚事故であり、召喚術の技法でもある。これは
    他人が誓約してる召喚獣を誤って召喚する事を言うんだが」フキフキ

カイル「……もしかしてキルスレスの事か?」

佐門「おう。この場合通常は魔力がより強い方との誓約が優先される
    あの剣も恐らく召喚術で召喚されてくるからな……可能性は高い」

カイル「……今の説明から考えると、お前らの魔力の高さがほぼ同じで
     嬢ちゃん、あの色白坊主、佐門があの剣を共有してるって事か……」

佐門「本来は二重誓約を起した方の誓約に書き換えられちまうんだがな。
    俺は多分……最初はキルスレスを召喚したんだと思う。でも、それは……」

カイル「あの坊ちゃんに奪われ、その後は海に落ちた嬢ちゃんに奪われって事か
     暴虐の名を冠する剣が奪うんじゃなく奪われ続ける。なんとも数奇な運命だぜ」



116 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 20:52:20 ID:iekkhjWU
先着1名様で


★来訪者→!card★


と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→鬼
ハート→機
スペード→霊
クラブ→獣
JOKER→全員集合


117 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 20:57:49 ID:???
★来訪者→ ダイヤJ


118 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 21:28:08 ID:iekkhjWU
★来訪者→ ダイヤJ ★
ダイヤ→鬼
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カイル「……しかし、やけにあっさり退いたな。何より敵の数が少ねぇ」

佐門「だな。勝ったというより勝たせて貰った気分だ」

ザッ

キュウマ「その推測は恐らく当たっています……
       此処以外にも小規模ですが襲撃がありました」

カイル「アンタは護人の……」

キュウマ「キュウマと申します、船長様。
      昼間は失礼いたしました……船長様、佐門様も
      島の為に戦ってくださったことを島の代表者の一人として感謝します」

カイル「へへっ、気にするなよ。でも、どうしても感謝してぇてんなら……」

キュウマ「はい、修理用の木材。道具。人員に関しては協力することをお約束しましょう。ですが……」チラッ

佐門「まだ気持ち悪ぃ……」



119 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 21:29:15 ID:iekkhjWU
キュウマ「明日、もう一度集いの泉にお越しください。
      協力するにあたってお話したい事があります……」

カイル「それは構わねぇが……此処で聞くんじゃ駄目なのかい?」

キュウマ「はい、大事なことですので皆様にお話をさせて頂きたいのです。特に……」」

―――彼が手にしていた魔剣……キルスレスとこの島の関係性については

120 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/15(日) 21:33:58 ID:iekkhjWU
先着1名様で


★夜会話2→!card★


と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→アティ
ハート→ファミィ
スペード→アルディラ
クラブ→アリーゼ
JOKER→???


121 :名無しさんと創る物語:2015/11/15(日) 21:46:45 ID:???
★夜会話2→ クラブ3

122 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/17(火) 20:57:01 ID:ockcQPw6
★夜会話2→ クラブ3 ★
クラブ→アリーゼ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
〜食堂〜

ボーン……ボーン……


アリーゼ「ふぁ……」

佐門「……アリーゼちゃん、そろそろ寝た方が良いんじゃね?」

アリーゼ「いえ、ですが……ふぁ」

佐門「あー……う〜〜〜〜〜む」

時間はあれから少し進んで深夜。
どんぱちやらかした後だからこそ見張りをしっかりやろうという事になった。
戦闘を行った俺は当然、おやすみ組なのだが……

アリーゼ「……ふぁ」ゴシゴシ

佐門(一生懸命な子供の前に寝るというのは閥が悪すぎる……)

意外な事だが、ボロボロのカイルを連れ帰った時、
その姿を見て、妹分のソノラは当然として、その次に慌てていたのはアリーゼちゃんだった。


123 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/17(火) 20:58:14 ID:ockcQPw6
―――私、カイルさんたちに酷いことを言ってしまって……

佐門(帰りたい、帰れない……このぐらいの子供じゃ
    そういう状況はかなり負担だろうしなぁ……俺だって未だに偶にホームシックになるわ)

カイルが船を襲ったのは『魔剣』を帝国に渡さない為にだった。

……一度持った今なら分かる。それは世界の事を考えれば正しい事だ。

だが、それによって現在漂流中なのは間違いない訳で……

言うだけの権利はある。誰も咎めやしないだろう。俺もだ

……それでも自分の言葉に傷つくのは、に宿る責任と

佐門(まぁ、民間の定期船に偽装し、あまつさえアリーゼとアティに乗せた帝国軍も……
    ……あれ? そういやあいつら以外の客は見た記憶がねぇな……まさか)

いや、間違えて乗せてしまったというよりはそっちの方が説得力がある

そして、それがコネだけで成り上がったアホの考えだというのも。

124 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/17(火) 21:01:58 ID:ockcQPw6
佐門(『あえて』乗せたのか……まぁ、小隊規模の軍人が警護してるなら
    万が一ってことはないだろうと思ったのか……親御さんは親馬鹿だったんだろうな……)

造船技術は未発達のこの世界では嵐とは死を意味し、海賊による襲撃は日常茶飯事。

確かマルティーニ家はそんな危険を何ども取りぬけ、今の地位を築いた大商人だった筈だ

海の脅威を誰よりも知っているからこそ、何より娘を大事にしていたからこそ……

佐門(冷静な判断を誤っちまったか……普通は気づくよな。
    そんだけの軍人が警護してるってことはやばいものだって)

でも少し安心した。

なんだかんだでこの子は愛されているのだ、家族に

アリーゼ「…………すっー」

佐門「おっ、1時間か。結構持ったな」

アリーゼ「むにゃむにゃ……」

佐門「……おやすみ」


■アリーゼ  友好段階:2→3(近所のお兄さん)

125 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/17(火) 21:03:58 ID:ockcQPw6
早朝、船を取り囲む様に現れた様々な召喚獣たち。
敵かと思ったが、どうやらカイルたちが船を離れている間、留守を護れる様にという護人の配慮らしい。
ならば、見張りを残しておく必要もない。という訳で今回は全員で集いの泉に向かう事になった。

カイル「でっ……お前はどうすんだい?」

ビジュ「……チッ」

一応は捕虜という事になっているビシュだが、
カイルとしては別に逃がしても、此処に居てもどちらでも良いと思っているらしい。


カイル「今からあの嬢ちゃんに合流ってのは無理に近いだろ。
     逃げてそのまま野垂れ死にましたーってのは後味がわりぃ」

との談。人情というか任侠を感じさせる男である。
しかして、ビジュの本心は……

126 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/17(火) 21:05:42 ID:ockcQPw6
先着1名様で


★ビジュの本心→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→着いて行く(オレが守護(まも)る)
ハート→着いて行く(飯の借りぐらいは返す)
スペード→船に残る(手出しもしないし邪魔もしない)
クラブ→船に残る(そして逃げよう)
JOKER→漂白剤倍プッシュ

127 :名無しさんと創る物語:2015/11/17(火) 21:23:01 ID:???
★ビジュの本心→ スペードA

128 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/19(木) 22:45:25 ID:YjsFWpqo
★ビジュの本心→ スペードA ★
スペード→船に残る(手出しもしないし邪魔もしない)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビジュ(今更、隊長と合流するのは無理だろう。
     だからといってあの坊ちゃんと合流するのはもっと厳しい筈だぜ……)

ビジュは考える。
リスクとリターンを天秤にかけ、
自分に最も得である選択肢を選ぶ。

ビジュ「……オレは船に残るぜ」

カイル「そうかい。じゃあ、俺らが出かけた後、船の事は任せて良いな?」

ビジュ「隊長の所に海が分かる奴がいれば別だったが……
     仕方ねぇ。精々、真面目に留守番しててやるよ……ケッ」

アズリアの部隊は喧嘩っ早い外れ者ばかりのならず者部隊。

筋肉と気合で戦うコマンドーたちの中に航海士などというインテリな集団は存在しない。

アズリアならば多少は心得ているだろうが、それでも本職(カイルたち)には負ける。

結果的にビジュが選んだ選択は『現状維持』

何もしなければ帰してくれるというのだ。なら、波風を立てる必要はない。

ビジュ(オレも温くなったもんだぜ……この船の雰囲気に当てられちまったかよ)

129 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/19(木) 22:47:49 ID:YjsFWpqo
ビジュ「……1つだけ忠告しておいてやる。
     てめぇらがあの船の貨物についての情報を仕入れた場所はどこだ?」

ヤード「帝国軍人の貴方に話す必要は……」

カイル「まぁまぁ、お客人! ……せっかくだ、ちょっと話してみてくれ
     実は俺も少し気になってる事があってよ……頼むぜ」

ヤード「……無色の派閥の時代に使っていた情報経路の1つです。
     匿名性は高く、ご覧の様に精度も高い……できれば二度と使いたくありませんでしたが」

ビジュ「もう金が搾れないであろう客とこれからも金を落としてくれる客……」


―――どちらを大事にするだろうな?


ヤード「……なるほど。私も平和というぬるま湯に漬かりすぎていた様です。
     あの狡猾な蛇の様な男が網を張っていないなどという筈はない」

カイル「お客人の動きはそのまま魔剣の居場所にも繋がる。
     ……この島にいるのは俺らとあの嬢ちゃんたちだけじゃねぇかもしれねぇな……いや」


―――間違いねぇ。もっと危険な奴らが潜んでいる

130 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/19(木) 22:53:20 ID:YjsFWpqo
■イスラとの戦いに勝利した

■敵のランク【普通】との戦いで経験地を10得た

■内容【勝利】  経験値を20得た

佐門は合計で経験値を30得た! 佐門はレベルアップした!


【無銘】 『佐門』 EXP:10/100 (鬼/霊/機/獣)

Lv 体 魔 攻 防 召  抵  敏  技  運

5   65 60 59 78 54  46  39  58  50
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜砂浜〜


佐門「……俺、昨日の戦いで強くなった筈なんですけどね。あれ、おっかしーなぁ!」

カイル「コォオオオオオ……」


【カイル】 EXP:0/100  (鬼)

Lv 体 魔 攻 防 召  抵  敏  技 運

3   70 24 73 51 17  34  45  60 40

131 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/19(木) 23:04:57 ID:YjsFWpqo
佐門(ホップ、ステップ飛ばして行き成りジャンプで
    カイルに色々おいていかれた気がする……酷すぎぃ!)

努力と経験による吸収が並以下という事を
朝っぱらか突きつけられややブルーになる佐門であった。


佐門「いや、良いんだ……俺は一歩ずつ地味に進むから!
    うん! 嘘です! わりと本気で死にたくなってきますよこれは!」


A:地味に訓練(運、召喚、抵抗以外のステが微増)
B:地味に勉強(召喚、抵抗のステが微増)
C:部屋でフテ寝
D:朝のお散歩

先着1名様、ageでお願いします


132 :名無しさんと創る物語:2015/11/19(木) 23:08:47 ID:n6gd+PUc
佐門君、総合力じゃ負けてないでしょ!防御相変わらず高いでしょ!文句言わない!



133 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/19(木) 23:53:39 ID:YjsFWpqo
A:地味に訓練(運、召喚、抵抗以外のステが微増)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「いや、よそう……ボスはステータス差でイベント処理的に片付いたし
    まだいける……まだいける! まだいけるって、俺!!」

ソノラ「……何一人でぶつぶつ言ってるの?」

そう言って佐門の傍に寄ってきたのは
カウボーイスタイルの金髪少女。カイルの妹分のソノラである。
因みに肉付きは他に比べてひんじゃ……控え気味だ。

佐門「お前はえっと……ソノラ、だったよな?」

ソノラ「そだよー。軍人さんとはあんま話さなかったし印象薄いかな?」

佐門「もう軍人じゃねぇよ。逃がしたアズリアに着いて行かなかった時点でクビだ、クビ」

ソノラ「ほほー……じゃあ、佐門って呼ぶね!」

佐門「年上にかっるぅ……まぁ、いいけどな。どした?」

134 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/20(金) 00:10:03 ID:Q5PovcxM
ソノラ「いや、訓練するんでしょ? 一人より二人の方が捗るかなって」

佐門「お、そりゃ助かる! 一人で素振りとかするよりかは断然マシだ
    ……あれ、でもお前の得物は? 見た感じ銃使いだよな?」

むしろ、此処まで『ザ・カウボーイ』という格好で
銃以外のものを使っていたらカウボーイという概念が崩壊する。

ソノラ「うん。でも、あの嵐で銃は駄目になっちゃったから……
    (ゴソゴソッ)ヘヘッー! 今はこれを使ってるんだ!!」

佐門「お手製のパチンコか……うへー、これで小石とか飛ばすんだよな。頭に直撃したら死ぬだろ……」

ソノラ「うん! だから当たりたくなかったら頑張って避けてね!」

佐門「えっ」


135 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/20(金) 00:13:04 ID:Q5PovcxM
先着1名様で
★リィンバウムの星→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ステータスが4UP
ハート→ステータスが3UP
スペード→ステータスが2UP
クラブ→ステータスが1UP
JOKER→ステータスが8UP 

136 :名無しさんと創る物語:2015/11/20(金) 00:56:33 ID:???
★リィンバウムの星→ クラブK

137 :名無しさんと創る物語:2015/11/20(金) 00:57:47 ID:???
★リィンバウムの星→ ハートQ

138 :名無しさんと創る物語:2015/11/20(金) 01:03:28 ID:???
数字は良かった

139 :名無しさんと創る物語:2015/11/20(金) 10:05:31 ID:???
数値ならまたメタルスライムになるな

140 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/22(日) 14:45:21 ID:IBR+Dr02
これ以上硬くなられたら不味いですよ!

クラブ→ステータスが1UP
★リィンバウムの星→ クラブK ★


Lv 体 魔 攻 防 召  抵  敏  技  運

5   66 60 60 79 54  46  40  59  50
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソノラ「こ、これは……なんというか……」

佐門「はっきりセンスないって言ってくれていいぞ、ちくしょう!」

ソノラ「センスないね!」

佐門「」(白目)

佐門2X歳。年下の少女にばっさりきられる。
その衝撃波胸をときめかせて向かった伝説の木の下に誰もいないとか、
「噂されると恥ずかしいし……」のダメージに匹敵する物だった。

MP(マインドライフポイント):2000→100 ピロロロロン

※そんなステータスありません

141 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/22(日) 16:23:20 ID:IBR+Dr02
佐門「正直に言いすぎだろお前はぁ!」涙ダバー

ソノラ「ごめん、ごめん♪ でも、佐門はさ、
    そういう事で腐る人間じゃないでしょ? 分かるよ。だって……」

トントンと佐門の体を叩くソノラ。


ソノラ「すっごい作りこまれてるよ、この体。
     これが何よりも佐門が頑張ってきた証拠じゃん」

佐門「……」


ソノラの言葉に俺は答えを詰まらせた。

確かに人並以上の努力はしてきた

でも、それは必要にせまられた事だからで……つまり『普通』の事だ

いや、腐っていた頃を考えれば充分な進歩だとは思う。それでも……



142 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/22(日) 16:26:58 ID:IBR+Dr02
自分の弱さは理解した。

向き合う事も出来る様になってきた。じゃあ……


―――俺の強さってなんだ?


佐門「……まっ、普通の事だ。軍人ってのは体が命だったし
    特に俺は覚えが悪いから量で補わねぇといけねぇからな」

ソノラ「もー! 自己評価低すぎるよ、佐門はさー!
    その普通ってのができない人には多いんだからさ!」ぷくー

佐門「……ブフッ!」

頬を膨らませるソノラの分かりやすい怒りと抗議の表現に思わず噴出す。

いや、これは反則過ぎろだろ。でも……

ソノラ「もーーー! なんで笑うのさーー!」ぷくくー

佐門「ブフフッ!!」

カイルやソノラのこの明るさや前向きさは見習うべきなのかもしれない。

下を向いても意味はなく、上を見上げれば限りは無いのだから

■ソノラ 友好段階:2(自己評価低すぎでしょ、馬鹿!)

143 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/22(日) 16:28:23 ID:IBR+Dr02
先着1名様で
★炎上会議しナイト→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→KIZUNA
ハート→抑えた
スペード→炎上
クラブ→大炎上
JOKER→円卓結成

144 :名無しさんと創る物語:2015/11/22(日) 16:35:07 ID:???
★炎上会議しナイト→ クラブ5

145 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/23(月) 20:36:02 ID:FOuNoaKI
★炎上会議しナイト→ クラブ5 ★
クラブ→大炎上
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜集いの泉〜


キュウマ「遺跡は完全に封印するべきです!
       いまだ静寂を保っちつつも脈動を続ける喚起の門を止め、島に真の平和をもたらす為にも!」

アルディラ「駄目よ! だってあの遺跡には……あの人が!」

キュウマ「核識に取り込まれた時点で死んでいいます! 分かっているでしょう!」

アルディラ「ッ……! じゃあ、結界はどうするの! 遺跡の機能が止まれば
       この島は外から丸見えになるのよ! 研究価値のあるこの島を無色が放っておくと思うの!?」

ファルゼン「カレラノハナシガ事実ナラ、スデニコノ場所ガミツカッテイル可能性ハアル」

アルディラ「そう、そうよ! だからこそ……」

キュウマ「ですが……!」

146 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/23(月) 20:43:42 ID:FOuNoaKI
佐門「……し、しっつもーーーん!」

ヤッファ「……おう、言ってみな」


Q1:なんで炎上してるのでしょう……?

A1:お前たちの情報で

Q2:はいはいーい! どの情報で?

A2:お前たちが魔剣を所持していた事。それと無色の派閥がいるかもしれないっていう奴だな

Q3:魔剣を知ってるのですか?

A3:魔剣は元々はこの島で産み出された物だ。
   実験施設であるこの島の中枢の遺跡。その起動キーであり停止キーが2本の魔剣だ。

Q4:なるほどな。封印って事はまだ動いてるのかい?

A4:あぁ、動いているぜ。島を覆う人避けの結界を産み出しているのは遺跡だ

Q5:無色の派閥は敵なのか?

A5:奴らは俺たちを無理やり呼び出し、帰る場所を奪った上に実験動物扱いしたクソ野郎共だ

147 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/23(月) 21:27:55 ID:FOuNoaKI
佐門「うへぇ……そら荒れるわ」

傷口に指を突き入れて広げ、その後にデスソースを塗りたくった様な状況。

女神の戦士は同じ技は二度通じぬなどと言ったが嘘である。

むしろ、最初のダメージがある分2発目の方が威力は格段に上。

相手の地雷。2つ重ねりゃ核地雷といった具合だ。

佐門(タイミングが悪かった……本当、マジでタイミングが悪かった)


とりあえず佐門は二人の仲裁をしてみることにした。

148 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/23(月) 21:29:15 ID:FOuNoaKI
先着1名様で
★ネゴシエーター佐門→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→パーフェクトコミュニケーション!
ハート→コミュニケーション成功
スペード→駄目
クラブ→お前が悪い
JOKER→とらんざむばーすと


149 :名無しさんと創る物語:2015/11/23(月) 21:41:16 ID:???
★ネゴシエーター佐門→ ハート4

150 :名無しさんと創る物語:2015/11/25(水) 08:15:09 ID:???
コミュで活きる男、サモンダーマ!

151 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/26(木) 22:50:23 ID:mZbrOVxc
★ネゴシエーター佐門→ ハート4 ★
ハート→コミュニケーション成功
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「へい、へいへい! へい、へいYOU!」タッタッカ

ラップ調の謎の掛け声をあげながら二人にかけよる佐門。

そして……

ガシッ(二人の頭を掴む音)

佐門「オラァ!」

ゴィン!!

キュウマ「ゴァーーー!!」(白目)

アルディラ「ツッーーー!」(涙目)

そのまま力の限り衝突させた。


152 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/26(木) 22:58:33 ID:mZbrOVxc
アルディ・キュウマ「な、何をするの(ですか)よ」

佐門「いやさ、お前等の話はなんとーなーく分かったんだけどよ」

キュウマの意見に乗り島の機能を封印すれば
悪用される心配はなくなるが外から敵が進入してくる可能性があり

アルディラさんの意見に乗り現状を維持すれば
敵の侵入は防げるがイスラに遺跡を悪用される可能性がある上に……他にも何かありそうだ

まぁ、どっちの意見も要するに一長一短がある事になる訳なんだが……

佐門「お前らも人間だ。時には自分の意見を曲げられねぇ時もあるとは思うけどな」


―――お前ら、島の為と言いながら島じゃなくて自分の為に言いあってね?

キュウマ「!?」

アルディラ「…………」

佐門「非難する気もねぇ。感情的な奴の方が俺は信用できるしな。
    俺だってなるべく冷静で居るつもりだが、無理なときは無理だしな……お前はどうだ、キュウマ?」

キュウマ「……はい、私もいささか冷静さを欠いていました……申し訳ありません」

アルディラ「……いえ、一番冷静じゃなかったのは私よ……でも……」

佐門「はい! はいはい!」パンパン

153 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/26(木) 23:01:17 ID:mZbrOVxc
佐門「アルディラさん、とりあえず話し合おうぜ。
    つっても、それで絶対に納得できるって保障はねぇけどさ……」

相手を見て

相手の話を聞いて

そうしてやっと見えてくる世界もある。

佐門「一人の視線じゃ死角はできる。考え事にも同じことは言えるだろ。 違うか?」

キュウマ「……その通りですね」

アルディラ「…………えぇ」

佐門「はぁ、やれやれ……なんとか纏まった(めっちゃしんどい)」

ファルゼン「佐門……ヤハリオマエガコノ島を変エル存在ダ……」


■上手くまとめあげた事でアルディラとファルゼンとの仲が深まった

■アルディラ 友好段階:3(弟の様な子) 1/2→友好段階:4(弟)

■ファルゼン 友好段階:3(変革者?)→友好段階:3(変革者?) 1/2

154 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/26(木) 23:05:33 ID:mZbrOVxc
先着1名様で


★会議なう→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ほぼ解決した
ハート→進展はあった
スペード→とりあえず今日は解散
クラブ→烏合の衆
JOKER→QED 終了

155 :名無しさんと創る物語:2015/11/26(木) 23:42:15 ID:???
★会議なう→ スペード10

156 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 16:47:26 ID:qLuFO65s
★会議なう→ スペード10 ★
スペード→とりあえず今日は解散
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤッファ「ぐあぁー……さて、とりあえずは落ち着いたが
      まだ話を始めようって雰囲気じゃねぇな。とりあえず今日は解散って事にしようぜ」


欠伸をしながらそういうとヤッファはさっさと泉を出てしまった。

ソノラ「な、なにあの態度ーーー! こっちはわざわざきたってのにさー!」

カイル「どうどう、落ち着けじゃじゃ馬。本心じゃねぇよ、あれは」

ソノラ「何がさーーー!」(ぷくー)

佐門(濁った雰囲気を散らしつつ、話を終わらせたって感じか……)

護人の話し合いの決定権はヤッファにある。

ならばヤッファが終わりといえば誰がなんといおうと終わりなのだ

スカーレル「良い男ねぇ。いえ、この場合は良いリーダーと褒めるべきかしら?」

ヤード「……なんにせよ、話が進展しなかったのは痛いですね」

キュウマ「申し訳ありません……とりあえず頂いた情報を元に
      警備体制の強化をすぐに行います。夜までにはそちらの船にも護衛と見張りを配置できるかと」

カイル「そいつは心強いぜ。これでゆっくりと寝れらぁ!」


157 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 16:51:22 ID:qLuFO65s
佐門(まぁ、これでクッソ眠い見張り番から解放される訳か……
    だっる……とりあえず船帰ったら寝よ……すっげぇ寝不足)

まだ分からない事は多く、話は進まなかったが

少なくとも誰かが暴走を始めるという事はなくなった。

今日はベッドに溺れる様に寝よう。というか溺れようと佐門は決意した。

カイル「しっかし、一気に暇になったな……」

実際は借りる予定の道具や木材。人材を使っての船の修理があるのだが

そんな事を忘れているのか、それともその程度は暇つぶしにならないのか。

アティ「暇……そうだ! アルディラさん!」

アルディラ「はい! えっ、えっと……何かしら?」

佐門(めっちゃ驚いてたじゃん。今更冷静な顔で取り付くろっても……)


グニッ(佐門の頬をアルディラがひっぱる)

アルディラ「……何かしら?」

佐門「よ、ようひがあるのはおれひゃなくてアティれふ」

アティ「あ、あの! 此処に教科書とか参考書ってありませんか!」



158 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 16:53:58 ID:qLuFO65s
先着1名様で


★教科書、その行方→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→アルディラ「私が持ってるわ」
ハート→アルディラ「ないから作るわ」
スペード→お店がある
クラブ→ない
JOKER→巨大な図書館がある


159 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 16:58:10 ID:???
★教科書、その行方→ ハートQ

160 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 17:02:31 ID:qLuFO65s
★教科書、その行方→ ハートQ ★
ハート→アルディラ「ないから作るわ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アルディラ「そうね……ごめんなさい。
       昔は妹に勉強を教える機会もあったし持ってたんだけど……妹が死んだ時にね」

アティ「そうですか……」

アルディラ「だから1時間以内に作って渡すわ。というか貴方、先生だったのね」

アティ「!?」


■ダイヤとハートは逆だったのですが、まぁ、間違えたのでそのまま進行いたします……

161 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 17:05:54 ID:qLuFO65s
その頃の別の場所では……


先着3名様で


★お婆ちゃん→!card★
★お父さん→!card★
★オルドレイク君→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→超有能
ハート→有能
スペード→普通
クラブ→動きなし
JOKER→仙里算総眼図

162 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 17:09:12 ID:???
★お婆ちゃん→ スペード9

163 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 17:29:59 ID:???
★お父さん→ スペードQ

164 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 17:31:08 ID:???
★オルドレイク君→ ダイヤK

165 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 17:33:48 ID:???
草生えるw

166 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 18:56:45 ID:qLuFO65s
★お婆ちゃん→ スペード9 ★
スペード→普通
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シータ宰相「エルゴの王が振るいし神器『至源の剣』
        そのコピーたる魔剣が失われたのは惜しいけど、情報も漏れてたし残当だわ
        ある程度研究は出来ていたし、1個小隊の損失で海の藻屑になってくれて幸運と思うべきね」


■そう言いつつもお婆ちゃん、一応魔剣の探索隊を嵐が発生した付近に派遣という
  ベターな選択肢を取った模様。なお、アズリアたちは死んだ前提なので救出隊は同伴していない

  シゲン ツルギ
※至源の剣:一度振るえば相手が死ぬとか言われている(即死属性でも付加されてるの?)という世界最強の剣。
        呼び出された黒き映し身と共に全方位を剣でなぎ払う為、必殺必中。原作でも名前しか出てこない。


167 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 19:00:58 ID:qLuFO65s
★お父さん→ スペードQ ★
スペード→普通
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アリーゼ父「アァアアアリィイイイゼェエエエエ!!


腐ってもかつては海と戦い続けた大商人。

娘への愛と根性で単独で娘の探索へと向かう

はたしてその結果は……





先着1名様で


★娘愛→!dice+!dice+2★
と書き込んで下さい。数値によって分岐します。


合計が10以上→あれ、あの辺……

それ以下→が・・・駄目・・・・・・ッ!


168 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 19:13:44 ID:???

★娘愛→ 1 + 1 +2★

169 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 19:17:43 ID:qLuFO65s
★娘愛→ 1 + 1 +2★
それ以下→が・・・駄目・・・・・・ッ!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アリーゼ父「……私はもう駄目かもしれない」

■【悲報】アリーゼ父、急激な環境変化についていけず寝込む。 もうお年ですから仕方ない……

170 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 19:27:25 ID:qLuFO65s
原作は置いてきた。
残念ながら……置いてきた

★オルドレイク君→ ダイヤK ★
ダイヤ→超有能
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘイゼル「……ありえないでしょう」

ツェリーヌ「えぇ、まったく! 今回ばかりはヘイゼルに同意です!
       あの強固な島の結界を強引に突破するなど無茶すぎます……!!」

オルドレイク「ふっ……そう拗ねるな、ツェリーヌ。
         よいではないか、上手く行ったのだからな」

ウィゼル「……では行くか」


■オルドレイク君、旧王国の首都のクリーニング(膿みだし完了)
  に加え、お仕事達成後の上機嫌のまま島の結界を無事突破、島に上陸。
  でも疲れたから( 1 )日お昼寝(休憩です) 凄いぞ、最終回はもう目の前だ!(遠い目)

171 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 19:34:31 ID:???
頑張りスギィ!

172 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 20:25:23 ID:qLuFO65s

最早、どう考えても引き伸ばせない。
まさか新スレ早々、章の最終回を迎えるとは流石に私も……

※オルドレイク君は原作では大物ですが小物です
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
〜機界集落「ラトリクス」〜

ピピーーカタカタカタ


佐門「……なぜに」

アルディラ「あんま真っ黒な隈を携えてたら心配になるわよ。ほら、動かないで」

佐門……了解「(何か妙に信頼感厚くない? っかしーな)」

第一印象はなんとやら、数段踏み越えて気づけば相手の懐に居る。

前世はやりての詐欺師か大物政治家。

あるいは勇者パーティにスカウトされたメタルスライム。まぁ、これが一番濃厚であろう。

ピーーーーー!

クノン「アルディラ様、結果が出ました」

アルディラ「ありがとう、クノン。さて……」

173 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 20:27:14 ID:qLuFO65s
★佐門診断2→ スペード9
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→またパワーアップしてるね、君?
ダイヤ以外→これといって異常なし
JOKER→はぐれメタル

174 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/11/28(土) 20:28:28 ID:qLuFO65s
■ 失礼しましt >>173 訂正
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★佐門診断2→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→またパワーアップしてるね、君?
ダイヤ以外→これといって異常なし
JOKER→はぐれメタル

175 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 20:33:47 ID:???
★佐門診断2→ クラブ7

176 :名無しさんと創る物語:2015/11/28(土) 22:45:30 ID:???
寝て起きたら話し合いの続きと思ったら最終局面が向こうからやってきたでござるの巻
な・・・なにをいっているのか(ry

177 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/02(水) 22:22:09 ID:Cpy/qH/I
■わりと「どうすんのよ、これさーーー!」と悩んでいました

>>176 お、もう終了はすぐそこですね!
     最後の戦いは近い……(なお、戦いは数えるほどしかしていない模様)

★佐門診断2→ クラブ7 ★
ダイヤ以外→これといって異常なし
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アルディラ「よかった……貴方って普通の人間だったのね……」

佐門「その安心の仕方は一体」

遭難して岩礁にたたきつけられても無傷ならまだ奇跡ですむ。

その上でパワーアップする人間を人とは言わない。それはサイヤ人である。

アルディラ「気にしないで。それよりも……これ、検査中に作っておいたわ」

そういってアルディラが差し出したのは分厚い紙の束。

佐門「(ぱらぱら) おっ、これは……」

見た目こそなんの工夫もないが内容は中々である。

対象が子供という事も配慮してくれたのか、絵や図も大目で分かりやすい上に

要所要所に子供が気を引くような小ネタも手書きで記入されている。

アルディラ「……妹もね、勉強が苦手だったの。だから……」

佐門「……そうか」

178 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/02(水) 23:09:43 ID:Cpy/qH/I
佐門(妹さんは死んだって言ってたか……当然なんだが
    世の中に中の良い兄弟……いや、姉妹ってのもあるもんだな)

ふと、佐門は過去を思い返そうとしたがすぐにやめた。

あの頃あった兄への憧れという思いと愛情。

それは憎しみの炎の中で燃え尽き、後に残ったのは灰だけだ。

佐門「(過ぎた事だしな……)ほー、どんな子だったんだ?」


アルディラ「正しくは彼の妹で……でも、私にとって妹同然だったの
       色白で小顔で、あの人と同じ真っ白な髪をしてて可愛い子だったわ。あと……貴方と同じね」

佐門「同じ?」

アルディラ「ふふっ……勉強より体を動かすほうが得意でワンパクって事」(なでなで)

佐門「……ひょっとして完全に子供扱いされてる? されてるよな? 納得いかねーーー!」



179 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/02(水) 23:11:01 ID:Cpy/qH/I
先着1名様で


★宅配しナイト→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→3人で(アルディラ&クノン)
ハート→アルディラと
スペード→クノンと
クラブ→ザ・ボッチ
JOKER→島の住人が集う

180 :名無しさんと創る物語:2015/12/02(水) 23:24:32 ID:???
★宅配しナイト→ スペードA

181 :名無しさんと創る物語:2015/12/03(木) 00:21:40 ID:???
そういえば佐門ってキャプ森だと誰が好きなんだろ
やっぱり中山さんかストラット辺りかな?

182 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/04(金) 20:07:49 ID:5Kf8JYDk
>>181

恐らく、好きな選手は層の厚さもあり海外プレイヤーが多いと思います。
中山さんやストラットはかなり好きでしょうね。憧れを懐くのが森崎で
逆に嫌いではないが翼が兄を思い出し胃が痛くなるので苦手、高杉一派は微妙に自分を重ねる感じでしょうか。

あとは地味ながらもポストプレイでチームに貢献した長野や
早田、次藤などのチームを支えてくれる選手が好きだと思います


183 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 21:57:14 ID:m0T3ez4U
★宅配しナイト→ スペードA ★
スペード→クノンと
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜風雷の郷〜


佐門「ば、馬鹿な此処は風雷の郷! なぜだ、クノン! 道をど忘れしたと言った筈だ! 俺を裏切ったのか!」

クノン「定期健診の日なので……申し訳ありませんが、お一人で帰宅してください」

佐門「ノってくれねぇ! いや、その前に定期健診って誰の……」

ゲンジ「それはワシのだ」

佐門「ゲンジさん! お元気でしたか!」

ゲンジ「ふっ、1日2日じゃ変りはせん。お主も息災の様で何よりじゃ、佐門」

そういって佐門に笑いかけるゲンジはどこか優しげだ。

同郷の者である故の親近感であろうか、ゲンジにとって佐門は孫同然の様だ。

同じ様に同郷の者であり、自分の背中をそっと押してくれたゲンジを佐門も慕っている様であった

184 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 22:22:05 ID:m0T3ez4U
佐門「それにしても定期健診か……どこか悪いんですか?」

ゲンジ「何、周りが心配しすぎているだけじゃ。
     空気は良く、飯は美味い……この環境ならあと十年は生きられるじゃろうて」

佐門「そう、ですか……(十年……10年か……)」

思えばこの世界に来てからもう数年が経過している。

元の世界ならすでに卒業。下手をすると子供もいる年齢。

当時は十年という年月に長さを感じたものだが、今は「たったの」という印象が強い

佐門(この辺は自分でも感じる大きな変化だよな……
    あの頃は退屈な日々がずっと続いていく気がしてた。でも……)


―――永遠なんてものは存在しない

185 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 22:24:55 ID:m0T3ez4U
先着2名様で


★ゲンジ、ボケる?→!card★
★クノン、学ぶ?→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→まだまだ現役・理解する
ハート→ボケてない!・学ぶ
スペード→ボケてる?・少しだけ学ぶ
クラブ→ボケてる・学ばない
JOKER→マーベラス

186 :名無しさんと創る物語:2015/12/07(月) 22:34:36 ID:???
★ゲンジ、ボケる?→ ハート10

187 :名無しさんと創る物語:2015/12/07(月) 22:38:36 ID:???
★クノン、学ぶ?→ スペード3

188 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 23:52:25 ID:m0T3ez4U
★ゲンジ、ボケる?→ ハート10 ★
ハート→ボケてない!
★クノン、学ぶ?→ スペード3 ★
スペード→少しだけ学ぶ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゲンジ「……むっ、それは授業用の資料の様じゃな」

佐門「あ、俺のゆうじ……知り合いが家庭教師でして
    時間ができたので教え子の授業を始めたいって言うんです。それで……」

ゲンジ「資料を作って貰ったという訳じゃな
     (状況からしてこれを作ったのは機界集落の護人の……
      排他的な人物だった筈じゃが心を開かせたか……やりおるの)」

佐門「厳密には「教科書ないから作るわ!」ってあっちから提案して来たんですけど」

ゲンジ「お主、少し信頼されすぎておらんか? 何かやったのか?」

佐門「俺も自分の行動と評価つりあわない所は疑問に思います……」

得意技はサッカーとコミュニケーション能力。

強固な防御力(腹筋)とピンチでパワーアップするサイヤ人、それが佐門という人間である。

189 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 23:53:44 ID:m0T3ez4U
クノン「……ご老体様、もうよろしいですか?」

ゲンジ「おぉ、すまんな。ではな、佐門。
     それと……今度はその家庭教師とやらも連れてくれ。話がしてみたい」スタスタ

佐門「はい、分かりました。伝えておきます。お元気で!」

クノン(敬語……でもよそよそしさはなく、むしろ親しげで……楽しそうでした)

■クノンの感情発現フラグがあと一歩まで進みました。

190 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/07(月) 23:55:03 ID:m0T3ez4U
先着1名様で


★帰り道で出会うのは→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→アティ
ハート→ファミィ
スペード→ファルゼン
クラブ→ヤッファ
JOKER→オルドレイク君

191 :名無しさんと創る物語:2015/12/08(火) 02:25:48 ID:0tAjKQ5U
★帰り道で出会うのは→ ダイヤ6

192 :名無しさんと創る物語:2015/12/08(火) 02:27:15 ID:???
★帰り道で出会うのは→ ダイヤ10

193 :名無しさんと創る物語:2015/12/08(火) 12:22:26 ID:???
JOKER予想してた

194 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/08(火) 22:03:35 ID:cObGr9jA
オルドレイク君とはどう頑張っても、もう絶対に再会する運命なので……ヒロインかな?(白目)

★帰り道で出会うのは→ ダイヤ6 ★
ダイヤ→アティ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゲンジさんの定期健診は長く時間がかかるという事なので
結局、一人で戻る事にした佐門。一応、地図は貰ったものの……やはり一人旅は難儀な物であった。

佐門「えーと……こっち」

ザッザッ……

佐門「いや、違う! ……こっちか!」

ザッザッ……

佐門「……ふぅん。これはものの見事に……迷子という奴ですなぁ、ちくしょうが!」ガンガン!

左を見ても木、右を見ても木。

街道が設置されていないこの島の案内のスペシャリストになるなら

まずは特徴的な木に印なり名前なりつけて差別化する所から始めるべきであろう

佐門「……というわけでよろしくな、三郎」ペタリ

アティ「……えっと」←ちょうど後ろの林から出てきた

佐門「」

変人でも狂人でもない。ただ少し独り言が多くて、変なだけだ
そう取り繕うとした所で、佐門はそれが一般的に変人というのだと気づいてやめた。

195 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/08(火) 22:13:49 ID:cObGr9jA
・・・説明中・・・・・・説明中・・・・・・説明中・・・


アティ「なるほど、道に迷っていたんですね……
     でも大丈夫です! 帰り道なら分かります!」

どうよ!とばかりに胸を張る、アティ。
自己主張されるそのバストは実際、豊満であった―――というか女性陣の中でも断トツのメロンである。

佐門「そ、そうか……それは助かるなぁ!」(前かがみ)

アティ「あれ、どうしたんですか? 体調でも?」

佐門「ある意味貧血かな……大丈夫、すぐに治る……」

アティ「えぇ!? だ、大丈夫ですか!」ブルン

佐門「大丈夫ですからぁ! ちょっと待っててぇ!(涙目)」

肉体は二十歳でも心は高校生。

そんな彼にボディラインの浮き出る服を着ているアティは目に毒といわざるおえない。


196 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/08(火) 22:30:42 ID:cObGr9jA
先着1名様で


★帰宅部、総勢2名→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ、ハート→ちょっとだけ迷った
スペード、クラブ→普通に帰れた
JOKER→なぜか良いムード
クラブA→オルドレイク君チャレンジ、ラスト

197 :名無しさんと創る物語:2015/12/08(火) 22:43:19 ID:???
★帰宅部、総勢2名→ クラブA

198 :名無しさんと創る物語:2015/12/08(火) 22:44:38 ID:???
やったぜ。

199 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/08(火) 22:45:45 ID:cObGr9jA
ワロタ(再構築したプロットをシュレッダーにかける)

200 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 17:49:26 ID:2la1HShY

アティ「えーと……次はこっちですね。その後は……」

テキパキと進路確認を済ませ足早に進んでいくアティ

佐門の事を気にする様子はなく、自分のペースで進んでいくが
それは一種の『あの人なら着いて来る』という信頼感の現れであろう

佐門(そういえば……こうして二人になるのも久しぶりか)

思い返せば学生の頃は授業でよく隣の席になり会話した

そして放課後は放課後でサッカーの練習があったのでやはり話すことは多かった

ストライカーからすれば自分のシュートの感想は貴重であり
キーパーからしてもやはり、自分のセービングの感想を聞かせてくれる相手は貴重なのである

そして何より―――始まりと変化のきっかけを運んできたのは彼女であった

佐門「……ありがとな」


201 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 17:57:00 ID:2la1HShY
アティ「はい? なんですか、佐門さん?」

佐門「いや、なんでもねぇよ(そうだ。俺は……感謝してる)」

この世界に来れた事。

この世界を知れた事。

佐門(少し目を凝らせば闇の向こうが透けて見える。
    境目が曖昧すぎて、いや、境目なんてねぇのかもしれねぇ……
    でもそれは……もしかすると向こうの世界も同じだったのかもな)

俺の日常の中に争いなんてものがなかったから……

だから、テレビの向こうにある戦争や事件に現実感が感じられなかった

それだけなんだと思う……だって、テレビに映っていたあの光景は……

あの時、同じ世界で起こっていた、あるいは起こったことだったんだから―――

202 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 18:06:25 ID:2la1HShY
―――良い顔つきになりましたね、佐門……あの頃よりも、ずっと……

佐門「この声は!?」

アティ「佐門さん! 凄く、凄く嫌な感じがします!」

佐門「分かってる! お前はすぐに船に戻れ!」

アティ「で、でも……」

佐門「良いから戻れ! アイツの目的は多分、俺だけだ! そうだろ!」


―――オルドレイク・セルボルト!!!


オルドレイク「えぇ、その通りです……そちらのお嬢さんはどうぞお引取りを
         早々にこの場を離れていただけれるなら手出しはいたしません。ですが……」

―――降りかかる火の粉は払わねばならない、そうでしょう?


佐門「ッ……!」

203 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 18:08:28 ID:2la1HShY
先着1名様で


★自重しないラスボス→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→顔を見に
ハート→雑談しに
スペード→魔剣の力を見に来た(戦闘)
クラブ→貴方の全てを見せて貰いに来た(戦闘)
JOKER→オルドレイク「配下になりにきました」 佐門「えっ」

204 :名無しさんと創る物語:2015/12/11(金) 18:11:58 ID:???
★自重しないラスボス→ スペードK

205 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 20:51:58 ID:2la1HShY
★自重しないラスボス→ スペードK ★
スペード→魔剣の力を見に来た(戦闘)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
オルドレイク「剣を抜きたまえ、佐門……
         魔剣の力を、お前の力を私に見せてくれ!」ダッ

佐門「くそっ! 下がってろ、アティ!」

魔剣が来る保障はない

船の上で使ったなど聞いてもその自覚は自分に無い

下手をすれば、前回の紅い剣を呼び出して自滅する可能性すらある

だが呼ばなければ呼ぶまでなぶられ、下手すれば死ぬ

佐門(伸るか反るか……出たとこ勝負!)



206 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/11(金) 20:54:46 ID:2la1HShY
★魔剣よ来い!→!card★
と書き込んで下さい。数字にによって分岐します。


 1→ハズレ(キルスレス)
 2→アタリ(シャルトス)
 3→アタリ(シャルトス)
 4→ハズレ(キルスレス)
 5→アタリ(シャルトス)
 6→ハズレ(キルスレス)
 7→アタリ(シャルトス)
 8→アタリ(シャルトス)
 9→アタリ(シャルトス)
.10→ハズレ(キルスレス)
 J〜K→両方
じょーかー→ハイパーモード、オルドレイクはしぬ

207 :名無しさんと創る物語:2015/12/11(金) 21:04:27 ID:4EtZYJiU
★魔剣よ来い!→ スペード9

208 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 14:05:45 ID:daRfWX3M
★魔剣よ来い!→ スペード9 ★
 9→アタリ(シャルトス)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「来い、碧の賢帝……シャルトス!


キィン……カッ!

佐門の呼び声に誘われるかの様に頭上に出現した碧の刀身と同じ光を放つ魔剣

その名はシャルトス、2本の魔剣の一つ。獣の属性を持つ賢の剣

佐門「いくぞ、オルドレイクぅうううう!!」

剣を握る。瞬時に体に満ちていく魔力。そして適応するかの様に
剣の発する碧の蛍光色が肉体を侵食し、肌色を白く変異させていく。

佐門「これがお前のお望みの魔剣だ!」

辺りを包む閃光。そして次の瞬間、そこに立っていたのは佐門であって佐門ではなかった。

肩まで伸びる白い髪。狼を思わせる耳。
いつもダレていた目頭はシャープになり、瞳の奥には碧の光が渦巻いている

これこそが『抜剣覚醒』 魔剣を担うに相応しい存在へと自身を変異させる、魔剣の主にのみ許された秘儀。

209 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 14:20:13 ID:daRfWX3M
先着1名様で


★しゃるとすぱわー→!dice+!dice+!dice+!dice+!dice ×2★
と書き込んで下さい。ダイスの数字によって分岐します。


30以上→オルドレイク君、興奮しすぎて撤退しない

30→オルドレイク君、興奮して撤退

25以下→オルドレイク君、あまりの雑魚さにキレてパワーアップする

210 :名無しさんと創る物語:2015/12/12(土) 14:23:36 ID:???
★しゃるとすぱわー→ 1 + 6 + 5 + 2 + 1  ×2★

211 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 14:38:08 ID:daRfWX3M
ファッ!? 負け濃厚だった戦いを戦わずして終了させる男……持ってますねぇ


★しゃるとすぱわー→ 1 + 6 + 5 + 2 + 1 ×2 =30★
30→オルドレイク君、興奮して撤退

■碧の賢帝シャルトス:ダメージ+30 召喚ダメージ+30 に設定されました
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
抜剣・佐門「ハァッ!」

オルドレイク「ヌッ!?」

剣を振るうことにより発生した魔力の風……不可視の刃。

カマイタチがオルドレイクに襲い掛かる
しかし、それを相手は『予想していた」とばかりに軽やかにマントをなびかせて回避した。

オルドレイク「ハッーーーーハハハハハハ!!! 凄い、凄いぞ、佐門!
         剣の魔力を完全に支配している! それでこそ、それでこそ我が好敵手よ! ハハッ、ハハハハハッ!」

オルドレイクは笑う。

それは嘲りではなく、敬意である。そして同時に感謝でもあった。

子供の様に、忘れていた何かを思い出すように彼は無邪気に笑う。

楽しそうに、嬉しそうに、そしてその度に佐門は追い詰められていった。

抜剣・佐門「…………(冗談だろ、制御できる安全圏ギリギリのパワーだぞ。これ以上は……)」

―――不味いであろうなぁ、佐門よ

212 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 14:56:49 ID:daRfWX3M
抜剣・佐門「!?」

オルドレイク「顔に出すぎているぞ。実に分かりやすい……だが、そこもまた良い。
         本当に楽しませてくれる男だ……本当に、本当に……だからこそ、一度退かせて貰おう」

抜剣・佐門「なっ……!」

オルドレイク「終わらせてしまうのが惜しいと感じたのだ。
         私の負けにせよ、お前の負けにせよ……だからこそ、今日は退く」


―――万全の状態ではないのでな


213 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 15:02:48 ID:daRfWX3M
抜剣・佐門「…………くそっ(それなら尚更、勝負を決めちまいたいが……)」チラッ

アティ「……」カタッカタッ……

抜剣・佐門「……行けよ」

オルドレイク「フッ……ではな」ザリッ

ザッ……ザッ……ザッ…

抜剣・佐門「こっちに背中を見せてのろのろと……余裕ですってか!」

佐門は言い知れぬ敗北感に包まれていた。

ふと、『今なら斬れる』という思いが込みあがった。

しかしそんな佐門にオルドレイクの背中が語る

『お前は逃げる敵の背中をきりつける卑怯者ではあるまい?』

抜剣・佐門「…クソッ!」

オルドレイクは佐門を理解していた。

佐門もまた、心のどこかでオルドレイクを理解していた。

あの日結ばれた奇妙な縁。それが自分の中で複雑に絡まっていくのを佐門は感じた。

214 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 15:07:16 ID:daRfWX3M
先着1名様で


★憩いの場1→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→先生と生徒
ハート→腹黒ツインズ
スペード→集落の皆さん
クラブ→海賊組
JOKER→全員集合
クラブA→オルドレイク君枠

215 :名無しさんと創る物語:2015/12/12(土) 15:11:39 ID:???
★憩いの場1→ スペード3

216 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 17:37:07 ID:daRfWX3M
★憩いの場1→ スペード3 ★
スペード→集落の皆さん
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤッファ「……決まりだな。明日、遺跡を封印する」

佐門の話を聞き、開口一番そう告げたのは
護人たちのまとめ役であるヤッファであった。

ファルゼン「無色の派閥ガ入リコンデイル以上、ソレシカナイカ……」

キュウマ「……すまぬ、アルディラ殿」

アルディラ「ううん、良いのよ。むしろ、もっと早くそう決断すべきだったのよ私はね」

そういって笑顔を浮かべるアルディラだが、どこか元気が無い様に見える

それを知らずか……あるいは知って話題を流そうとしたのだろうか、ヤッファが再び口を開く。

ヤッファ「そういや、あの赤髪の姉ちゃん……教師だって聞いたんだが……」

佐門「正しくは家庭教師だがな。大勢の生徒とじゃなくて、1対1で授業するんだが」

ヤッファ「なるほどな……島が平和になったら、ガキ共に授業して貰える様に頼んでみるかね」

佐門「毎日じゃなく2、3日ごとにしてやれよ。
    あと、アリーゼちゃん優先という条件もつけてやれ。元はあの子の先生だからな」

ヤッファ「あいよ(しかし、オレも先の事を考える様になったか……)」

少しずつではあるが、島の人間たちにも変化が起こりつつあった……

217 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 17:38:22 ID:daRfWX3M
先着1名様で


★せっかくだしゆっくり話すぜ!1→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ファルゼン
ハート→アルディラ
スペード→キュウマ
クラブ→ヤッファ
JOKER→???

218 :名無しさんと創る物語:2015/12/12(土) 17:41:20 ID:???
★せっかくだしゆっくり話すぜ!1→ ハート2

219 :名無しさんと創る物語:2015/12/12(土) 18:46:58 ID:???
なんかまたすぐにひょっこりクラブA引いてでてきそう

220 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 21:44:19 ID:daRfWX3M
オルドレイク君がハッスルで歴史から完全にそれてしまいましたね

もうサモンナイト1にも2にも分岐しません。どうしよっかな……
しばらくは貰ったお金でNAISEIするよ!でお茶を濁して完結か、IFルートに逸らすか考えます

それにしても恋愛値に達する前に物語りが進む、進む……

★せっかくだしゆっくり話すぜ!1→ ハート2 ★
ハート→アルディラ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
会議が終わった後、さきほどまでのはりつめた空気はどこえやら

護人たちはそれぞれで寛いでいる。
どうやら、この『集いの泉』は会議場というより談話室の面の方が強い様だ。

アルディラ「…………」

表面上は変化が無い。むしろ、いつもより落ち着いている様にすら見える

しかし夕焼けに照らされた湖を見つめるその瞳にはやはり悲しみの色が浮かんでいる。

佐門(……へこんでるよなぁ)

といっても今更話し合う時間はない。

倒してからゆっくり処遇を考えるなんて甘い事を言っていられる相手ではないのだ。 しかし……

佐門(……気分転換ぐらいはさせてあげたいもんだな)

という訳でない頭をひねって彼は話題を探し始めた。その結果は……

221 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/12(土) 21:55:26 ID:daRfWX3M
佐門(話題か……とりあえず、妹さんの話題ならいけるか?
    後は機械とかアルディラ自身についてとか……むしろ俺の事どう思いますとか?
    ……話題の引き出し少ねぇ! くそ、後は出たとこ勝負枠を入れてこの辺か……)





A:妹さんについての話題を
B:ロレイラルの機械について
C:アルディラさんの事を教えて
D:俺の事どう思います?
E: 鷲巣麻雀


先着1名様、ageでお願いします


222 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 02:47:40 ID:6e8QRGkQ


Eが気分転換どころか人生終わるんだが

223 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 17:53:06 ID:PBHjtfbA
>D:俺の事どう思います?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そこそこのテンポで進んでいた人気麻雀漫画があった

独特なシャープフェイスのキャラが主人公のその作品はある時を境にギャグ漫画と化した。

そう、1998年……最終局面ともいえる戦い、その名も―――鷲頭麻雀

血液を点棒代わりにした死のギャンブル。
その終わりは2年たった今でも全く見えない。恐らく、十年先までやっているだろうと佐門は思った

佐門(……って、違う。違う。俺の事について聞いてみようと思ってたんだ。
    あー……でも、この世界って大衆向けの娯楽ってあんまねぇよなぁ……)

佐門がこの世界で見かけた娯楽などチェスの様な物とトランプぐらいである。

テレビもない、ゲームも無い……
場所さえあれば遊びを見つける子供といえど限度がある。普通の人間にとってはかなり退屈な世界であろう

これはボールがあればどこでもできるサッカーが流行るのは当然の様に感じる。

佐門「(っと、思考がそれすぎた)えぇと、アルディラさんー」

アルディラ「……あぁ、佐門。どうしたのかしら?」

224 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 17:57:34 ID:PBHjtfbA
佐門「いや、凄い唐突なんですが俺の事どう思います?」

アルディラ「どうって……そうね、弟って感じかしら。どうかしたの?」 友好段階:4(弟)

佐門「んー……いえね、俺って此処に来て一週間とかそこらじゃないですか
    流石にちょーーーっと、信頼されすぎじゃないかと不安になる訳ですよ」

サッカーの試合ではピンチの時こそ常に奇跡を起し、

演習の時はオルドレイクを退かせ、後方の者たちの命を救った

通常時はともかく、やる時はやる男
そんな男に助けられた者たちが信頼を懐くのは分からない事でもない。

が、それを佐門本人が納得できるかは別の話なのである。

佐門「此処に来て一週間とちょっと……本当に短期間な訳ですよ。
    ちょっと話して、飯食べて、そんだけなのにそこまで信頼されるは違和感が……」

自分の器の小ささは心得ている。

だからこそ佐門の中に疑念が生まれた。この信頼は分不相応すぎるのではないかと。

それを聞いたアルディラは一瞬、考える様な顔をすると

アルディラ「でも、私は佐門を信頼してるわ」

ほがらかな笑顔を浮かべて、そう言った。

225 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 17:58:58 ID:PBHjtfbA
佐門「それは……」

佐門の開きかけた口にアルディラの人差し指が当てられる。

そして泣き喚く子供をあやすかの様に
あるいは小さな弟を擽るかの様に静かに唇をなぞった。

意図を察したのか、佐門は二の句を継がず黙り込み、
気恥ずかしさから顔を逸らした。頬には僅かに赤みが浮き上がっている。

アルディラ「私は普段の貴方を見て、話して、そしてそういう結論を出したの。
       まぁ、最初は……少し頑固だったものね。貴方が違和感を感じるのも無理ないけども……」

アルディラの手が佐門の頭を撫でる。

優しく、何かを解きほぐすかの様にゆっくりと、ゆっくりと……

アルディラ「だから、貴方も私を信頼して欲しいの。
        一人で抱え込まないで、苦しまないでいいの……」

佐門「…………あぁ」


ふと佐門の脳裏に兄の顔が浮かんだ。

その顔は自分を見下すわけでもなく、突き放すわけでもなく。

―ー―おやすみ、佐門

優しい笑顔を浮かべていた

226 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 18:04:55 ID:PBHjtfbA
佐門「…………あれ、何か視線を感じ」

鍛え上げられた直感が何かを感じ取る。

それは冷たいというより、どこか生暖かい様な。

ファルゼン「……」

キュウマ「…………」

佐門「……見てた?」

ヤッファ「みてたっつうか、見えるっつうか……」

あきれた様なヤッファの視線。

それが示すことはつまり……

ヤッファ「……お前、中々の勇者だな」

一から十まで全て見られていたということである


佐門「ウギャーーーーー! しまったーーー!
    人が居る事を失念していたーーー! あああああぁぁぁぁぁ」ゴロンゴロン

この出来事はしばらく佐門の中でブラックメモリー候補に入れられた

アルディラ「…………うふふっ」  

■アルディラ 友好段階:4(弟)→アルディラ 友好段階:4(弟) 1/2

227 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 18:06:13 ID:PBHjtfbA
先着1名様で


★せっかくだしゆっくり話すぜ!2→ スペード6
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ファルゼン
ハート→ハズレ
スペード→キュウマ
クラブ→ヤッファ
JOKER→???


228 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 18:07:21 ID:PBHjtfbA
>>227 訂正


先着1名様で


★せっかくだしゆっくり話すぜ!2→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ファルゼン
ハート→ハズレ
スペード→キュウマ
クラブ→ヤッファ
JOKER→???


229 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 18:08:18 ID:???
★せっかくだしゆっくり話すぜ!2→ クラブ8

230 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 18:53:02 ID:PBHjtfbA
★せっかくだしゆっくり話すぜ!2→ クラブ8 ★
クラブ→ヤッファ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤッファ「見せ付ける気なのかと思ったら
      単に頭の中から消えてただけだったとはな……隠し事はできそうにねぇな、お前」

カラカラとからかうヤッファはどこか楽しそうだ。

佐門「やめろ! 忘れてくれ!」

ヤッファ「忘れてください、じゃねぇのか?」

佐門「忘れてください!(ドン!)」土下座

ヤッファ「お、そうだな。しばらく酒のつまみにした後で忘れるわ」

佐門「この野郎!」

相手を理解した上で的確にツボを抑えてくる会話術。

島のまとめ役だけあって口がうまい。

佐門(それに……本来の実力も多分、護人の中では断トツな気がする)

色んな意味で底の見えない男、ヤッファ。

しかし体を覆う毛色は模様は黒白のストライプ。完全にシマウマである

231 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 18:58:21 ID:PBHjtfbA
佐門(話題……いつも一歩退いた位置にいるからな
    何が良いんだろ……んー、自由枠含めて無難にこの辺か)



A:ヤッファの事を教えてくれ
B:此処の幻獣界の里ってどんな感じ?
C:お前、シマウマなの?
D:学校でも始めるつもりなのか?
E: プロレスごっこ


先着1名様、ageでお願いします


232 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 18:59:39 ID:9NHhcEk+
A

233 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 19:23:22 ID:PBHjtfbA
A:ヤッファの事を教えてくれ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「んー……よし、ヤッファの事を教えてくれよ!」

ヤッファ「質問の幅が広すぎてめんどくせぇ……もう少し絞れなかったのか?」

佐門「お前とあんま話したこと無いからな……
    てか、お前じゃん! 信用しねぇ、みたいな事言って距離取ったのはよぉ!」

というか現在進行形でまだ距離を取られているのだ

そんな訳でちょっとこちらから歩み寄ってみようかと、いつもの様に気まぐれを起した、佐門

悩みは多く、抱え込みやすい。しかし行動は直情的気味というか脳直という、一言でいえば「馬鹿」の部類

まぁ、そんな裏表の差があまりない所に他の人物は惹かれ来るのかもしれないが……

ヤッファ「……面倒くせぇなぁ」

佐門(あっ、そうは良いながらも喋りだす雰囲気だぞ
    少しだけ分かったわ、ヤッファって人物がどんな奴なのか)

―――こいつ、苦労人だ。しかも凄く

234 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 19:35:05 ID:PBHjtfbA
ヤッファ「幻獣界集落「ユクレス村」の護人……得意技は「まじない」だ。
      これはオレというか、オレの部族、虎型の亜人・『フバース族』の得意技だ」

佐門「シマ……まじないかぁ……たとえばどんなんだ?」

シマウマだとばかり思っていたと口に出そうとしたが

一瞬、ヤッファの目つきが鋭くなったことに気づいた佐門は流す事にした

佐門(でも何時かからかってやろっと!)

そして、そのいつかが来るために戦う事を静かに決意した。

235 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:01:12 ID:PBHjtfbA
ヤッファ「……ネッサ・エネッサ・エフ・ファゼルファ・ルー・ルルトゥ・リンガ……」

佐門「……なんだそれ?」

ヤッファ「不滅の炎(フォイアルディア)を呼び込む呪文さ
      この炎はあらゆる邪悪を灼(や)き清める……古の天使が俺たちに残したものだ」

佐門「ほー、効くのか?」

ヤッファ「難易度も高く準備も大掛かりな分、呪いや病には効き目はばっちりだ
      だが……体の傷も、心の傷も治せるもんじゃねぇ。そういう意味じゃ……無意味かもしれねぇな」

―――面倒くせぇ

その呟きは無力感に満ちていた。

同時に深い悲しみを宿していた。


■何かのフラグが立った

236 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:02:31 ID:PBHjtfbA
ヤッファ「……」

佐門(重ォイ! 癒しをくだしい!)



先着1名様で


★せっかくだしゆっくり話すぜ3→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ファルゼン
ハート→ハズレ
スペード→キュウマ
クラブ→ハズレ
JOKER→???


237 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 20:28:29 ID:???
★せっかくだしゆっくり話すぜ3→ ダイヤ7

238 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:38:33 ID:PBHjtfbA
いつも通りのイベントは根こそぎ頂いていくスタイル……

★せっかくだしゆっくり話すぜ3→ ダイヤ7 ★
ダイヤ→ファルゼン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ファルゼン「佐門、少し良イカ」

佐門「お、おう。何かな! イカについてはわからんな!」

ファルゼン「……ナンダソレハ」

佐門「つまり、俺は(ヤッファの重い雰囲気に)混乱している、って事だよ……」

ファルゼン「ムゥ……ソレハイカンナ。
        後でヤッファカラ香ヲ貰うトイイ」

佐門「ウン、ソウダネ(そのヤッファの話が原因なんだけどぉ!)」


鎧の大男?ファルゼン。人の良い人物だが、彼は少し天然が入っていた。

239 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:43:24 ID:PBHjtfbA
佐門「……で、どうしたんだ?」

ファルゼン「ウム、最近アルディラト仲ガ良イヨウダ
        噂ニヨルト、ミスミとも仲ガ良イラシイナ……島ニハ馴染ンダカ?」

佐門「あー……そうだな。何かわりと居心地良いかも」

ファルゼン「ウム。ソレハヨカッタ……」

佐門「おう」

ファルゼン「ウム……」

佐門「……」

ファルゼン「……」

佐門(……え、終わり?)


鎧の大男?ファルゼン。 寡黙な故にコミュニケーションは苦手であった



240 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:51:15 ID:PBHjtfbA
佐門(そういえば、ファルゼンとは一緒の場所で寝てたけど話してねぇな
    ……いや、無言で居てもなんとなくそれが心地良いっていうか、うん……)
    

元の寝所がサプレスの魂を癒す力に溢れた場所だった所為もあるのだが、

佐門はサプレスの適性も高い。それ故に場所も相まって
不思議と彼と佐門は言葉を解さずとも通じ合っている様なのだ。

佐門(魂が響きあう……いや、呼び合う。
    そういや、呼び声の書で凄い召喚をする時もそんな感じだな)

そう、どちらかというと相手から『呼びかけられる』

呼び声の書とは『呼ぶ』ためではく、『呼びかけられる』為の本なのではないか

佐門(……はっずい)

内藤佐門、旬はすぎても根っからのロマンチストであった。



241 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 20:59:45 ID:PBHjtfbA
ファルゼン「今日ノ夜、アソコニキテクレ」

佐門「えっと……俺が寝場所にしていた場所か?」

ファルゼン「ウム……」

それだけいうとファルゼンは集いの泉を出て行った。

恐らく、島の見回りに行くのだろう

佐門「……なんの用事なんだ?」

ヤッファ「……似てるからな、ほんの少しだが」ボソッ

佐門「あん? 何か言ったか?」

ヤッファ「いいや、それよりもさっきのアレ言いふらしてきて良いか?」

佐門「やめろぉ!!」


■ファルゼン 友好段階:3(変革者?) 1/2→好段階:4(???)

242 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 21:01:03 ID:PBHjtfbA
先着1名様で


★せっかくだしゆっくり話すぜ4→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ハズレ
ハート→ハズレ
スペード→キュウマ
クラブ→ハズレ
JOKER→???


243 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 21:05:55 ID:???
★せっかくだしゆっくり話すぜ4→ ダイヤA

244 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 21:12:40 ID:PBHjtfbA
A!A!A! オルドレイク君の足音が聞こえる……

あ、唐突ですが安価という事もあり、キャラのよさを全く描写しきれませんが、
サモンナイト3は良いゲームですので、ぜひとも一度手を取って頂きたい
むろん、他の1、2もです。4もオヤジ以外はグッド!

★せっかくだしゆっくり話すぜ4→ ダイヤA ★
ダイヤ→ハズレ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「……うん、このぐらいで帰るわ。
    一戦交えた後だしな……魔剣抜くとすっごい疲れる……」

アルディラ「!? どこ! どこが変なの!」サッ

ヤッファ「ほーう……」ニヤニヤ

佐門「疲れるって言っただけだろぉ! おらぁ、ヤッファ! ニヤニヤするのやめろぉ!」


キュウマ(……平和でございますねぇ)お茶ズズー



忘れられた島は今日も平和です―――

245 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 21:17:12 ID:PBHjtfbA
先着1名様で


★帰宅→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→おや、あれは……
ハート→メイメイの店を今更見つける
スペード→扉がパズル式の鍵に改造されていた
クラブ→特になにもなし
JOKER→ヤードがムキムキになっていた……
クラブA→オルドレイク君枠

246 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 21:17:47 ID:???
★帰宅→ ハートA

247 :名無しさんと創る物語:2015/12/13(日) 21:18:48 ID:???
こええええええええ

248 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/13(日) 22:10:14 ID:PBHjtfbA
原作オルドレイク


@世界の闇やエルゴの王に散々ケツを拭かせておいて
 それを忘れて順当に世界を崩壊させてる人間たちにキレ気味

A自分の力に絶対の自信を持っており、慢心

B目標:世界崩壊 

CかませオーラMAX

D相手に譲歩などしない


此処のオルドレイク君

@は同じ

A正面から自分を乗り越えようする好敵手が居る。 慢心は捨てた

B目標:世界崩壊→世界征服

Cかませの霊圧は消えた

D佐門仲間に欲しいな……欲しい……ヘイゼルで手を打たないかね?

とんだ俺TUEEE小説ですね。
なお、全てカードとダイスの奇跡的な組み合わせの結果の模様。最初の非凡という設定は……

本日は此処まで。


249 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 17:44:49 ID:IdsHt0oU
風邪ひいてたので少し間があいてしまった。申し訳ない

オルドレイク君の出たがりー! 次回からAでも出る様にしてあげましょう

★帰宅→ ハートA ★
ハート→メイメイの店を今更見つける
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「……ん?  あの看板は確か―――」
…………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………
………………………
………

〜メイメイの占い屋〜


メイメイ「アンタは、本当にもう……
     本当にとんでもない男よねぇ……これ、どういう事なのよ」

佐門「これってどれだよ? てか、なんで此処にいんのお前
    店の中とかそっくりそのままだし……えっ、お前の店って移動でもすんの?」

メイメイ「……このお店限定だけどね」

佐門「まじかよ!流石だな、ファンタジーワールド……」

佐門の頭の中ではリィンバウムをかけまわる、足の生えたメイメイの店の姿があった

因みにメイメイの店は自走式ではなく
一定の条件を満たす場所にのみ転移して移動できるという事を追記しておく

250 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 17:47:55 ID:IdsHt0oU
佐門「……さて、とんでもないことになってる
    「これ」とやらの話をしようぜ。どうせそんな大したこと……」

メイメイ「アンタ、一生オルドレイクに付きまとわれるわよ」

佐門「たいした事だった!! なんとかしろぉ!」

メイメイ「諦めなさい。あの男を変え、未来を変えたのはアンタなんだから」

佐門「あ、悪夢だ……」

宿敵おっかけ型ストーカーラスボスという盛りすぎた属性のオルドレイクの誕生であった

メイメイ(まぁ、厳密には嫌でも彼に関わる事になるだろうって感じなんだけど)

佐門「逃げよう、世界の果てに……あぁ、でもどこいってもその辺から生えてきそう……」

メイメイ(……まっ、いいか。今の反応が面白いし放っておきましょ)

この時のメイメイはまだ知らなかった……

佐門が巻き込まれるという事は
それは佐門と繋がりがある自分が要所要所で巻き込まれるという事であり

時には自分の店がオルドレイクに放火される自体にまで発展するという事を……

251 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 17:49:50 ID:IdsHt0oU
先着1名様で


★メイメイの店、品揃え→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→上
ハート→並
スペード、クラブ→スカ
JOKER→すごいお薬
A→不動のオルドレイク君枠

252 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 18:02:10 ID:???
★メイメイの店、品揃え→ ハートA

253 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 18:13:52 ID:IdsHt0oU
オルドレイク君が女性だったらヒロイン不可避

★メイメイの店、品揃え→ ハートA ★
A→不動のオルドレイク君枠
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カランカラーン

オルドレイク「失礼する」

佐門「」(白目)

メイメイ「」

それはあまりにも早すぎる再会であった

佐門「お、おま……お前何しに!」

オルドレイク「いや、何。お前の魔力を感じたのでな。それと……」

254 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 18:15:56 ID:IdsHt0oU
先着1名様で


★早すぎるオルドレイク君→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→下+?
ハート→下+イスラ回収
スペード→帰るついでに帝国軍始末しとくね
クラブ→お家帰るね
JOKER→???
A→勧誘

255 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 18:18:36 ID:???
★早すぎるオルドレイク君→ ハート8

256 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 18:29:16 ID:???
いったい何が始まるんです?

257 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 18:32:12 ID:IdsHt0oU
■サモンナイト3編、完!! なんだこれは……幻術なのか……
  
>>256 サッカーだ(ヤケクソ)


★早すぎるオルドレイク君→ ハート8 ★
ハート→下+イスラ回収
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
オルドレイク「見たいものをは見れた、
         ならばもうこの場所に用はない……明朝、この島を出る事にした」

佐門「えっ」

オルドレイク「ついでに帝国軍はイスラの回収ついでに適度に牙を折り
         帝国の首都に近い海域で投げ捨ててくる事としよう」

佐門「えっ」

オルドレイク「それで幾ばくかの時は稼げよう。その間に対策を講じるがよかろう……」

佐門「えっ?」

オルドレイク「礼であるよ。お前は更なる可能性を私に見せてくれたのだから……」

メイメイ(ショックで「えっ」しか言えてないのに
     よく会話が成立するわね……佐門博士かしら?」

あながち間違ってはいない

ただし博士というよりはかなりストーカーに寄っていた

258 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 18:36:13 ID:IdsHt0oU
先着1名様で


★ハッスル・ザ・オルドレイク君→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→家の国に遊びに来いよ!(旅行)
ハート→ご褒美+
スペード→雑談したい
クラブ→優雅に帰宅
JOKER→オルドレイク君が忠誠を誓ってくれる
クラブA→拉致られる

259 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 18:37:39 ID:???
★ハッスル・ザ・オルドレイク君→ ダイヤ9

260 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 18:49:11 ID:???
ちょっとハッスルしすぎなんじゃないんすかねw

261 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 19:01:59 ID:IdsHt0oU
■サモンナイトが終了し、土地開拓シミュレーションが開始しそう
  こんな筈ではなかった。こんな筈ではなかったのに……


★ハッスル・ザ・オルドレイク君→ ダイヤ9 ★
ダイヤ→家の国に遊びに来いよ!(旅行)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
オルドレイク「旧王国に招待しよう。そうだな……後日、ヘイゼルを使いにやる
         あの者もお前との戦いの後から迷いが見える。いっそ、専属の従者にでもするが良かろう」

佐門「えっ!?」

オルドレイク「うむ、豊かな土地ではないが、だからこそ見える物がある。お前の来訪を楽しみにしているぞ」

佐門「えっ!!」

メイメイ(今のやり取りだけは意図的に曲解したわね……)


紆余曲折あったがそういう事になったのであった―――

佐門「えっ!!??」

メイメイ「あ、今のは分かったわ。「なんだこれ!!??」 よね」

■アズリアたちは本国に戻れました(全治2ヶ月程度、後遺症なし)

■イスラが回収されました

■オルドレイク君が帰宅したのでラスボス戦は消えました


262 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/26(土) 19:10:39 ID:IdsHt0oU
先着1名様で


★追加イベント→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→代理教師、佐門
ハート→腹黒さんと二人きり
スペード→サッカーしようぜ!
クラブ→追加イベントなし
JOKER→???
クラブA→???

263 :名無しさんと創る物語:2015/12/26(土) 19:13:08 ID:???
★追加イベント→ ダイヤ5

264 :名無しさんと創る物語:2015/12/27(日) 01:44:37 ID:???
もうこれオルドレイク君がヒロインでいいんじゃないかな

265 :名無しさんと創る物語:2015/12/27(日) 01:44:37 ID:???
もうこれオルドレイク君がヒロインでいいんじゃないかな

266 :名無しさんと創る物語:2015/12/28(月) 19:47:59 ID:???
大事(おおごと)なので2回言い(ry
ラスボスのフットワーク軽すぎ問題

267 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/31(木) 22:03:47 ID:13W/Q6sk
フットワーク軽すぎて戦う前に戦いが終わるという奇跡のラスボス
もう無駄に戦いの火種を燃やす必要もないですし、
佐門君はヒーローという訳でもないので適当な所で完結にする予定です

★追加イベント→ ダイヤ5 ★
ダイヤ→代理教師、佐門
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ばたばたと騒がしかった時間も過ぎ、一同はようやく静けさを取り戻した。
最もその最たる原因は佐門の一言だったわけなのだが……

佐門「無色の派閥? あぁ、うん……帰ったよ」

驚きのあまり一同は目を丸くし、カイルはその場でズッこけた。

……まぁ、何はともあれ島は佐門の手によって救われてしまったのである。

そして、その佐門はというと……


佐門「……という訳でリィンバウムの周囲には>>14の4つの世界が存在しており
    これまた偶然な事に、なんとサモナイト石の種類も4種類なんだな」


―――色々あって、代理で教師をしていた。


268 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/31(木) 22:17:38 ID:13W/Q6sk
アリーゼ「なるほど……あれ、でも此処にあるサモナイト石は5種類ですよ」

佐門「あぁ、その無色のサモナイト石は他のサモナイト石が変化する前の状態って言われてる」

アリーゼ「へぇ……つまりこのどれとも同じであって同じじゃないんですね!」

佐門「お、鋭いな(この子、俺より普通に頭良いっぽいんだけど)」

十歳以上年下の女の子にすでに知能レベルを抜かれかけている
これほどクッソなさけない事はない。静かに佐門は心の中で涙を流した。

佐門「あー……あと、俺の居た『名もなきの世界』って呼ばれてる場所に
    通じてるとも言われてるが……まぁ、まだ謎が多い。だからサモナイト石といえば
    黒、赤、紫、緑の4種類だ。因みにアリーゼちゃんは紫のサモナイト石が反応したから霊属性だな」

アリーゼ「佐門先生! 佐門先生は何属性ですか!」

佐門「あー……俺は」バッ

黒(かなり光る) 赤(超光る) 紫(光る) 緑(はかなく光る) 

佐門「……一応、4属性使いになるな」

アリーゼ「す……凄いです! 御伽噺の主人公みたいです!」

佐門「ハハッ、アリガトネー。ウレシイナー
   (そんな物になったらそれこそ一生オルドレイクに付きまとわれる……!)」

心の底からわきあがる『もう手遅れ】という思考。

佐門がそれと向き合うにはガッツが少々足りない様子であった。 

269 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/31(木) 22:20:53 ID:13W/Q6sk
先着1名様で


★佐門、教鞭を振るう→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→完璧
ハート→満足の行く結果
スペード→そこそこ
クラブ→ただの打神鞭の様だ(成果なし)
JOKER→教師の才能、無事開花

270 :名無しさんと創る物語:2015/12/31(木) 22:30:34 ID:???
★佐門、教鞭を振るう→ クラブ9

271 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/31(木) 22:57:38 ID:13W/Q6sk
★佐門、教鞭を振るう→ クラブ9 ★
クラブ→ただの打神鞭の様だ(成果なし)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アリーゼ「この杖は魔力を増幅する為の……」

佐門「いや、近寄ってきた奴をボコる様だぞ」

アリーゼ「えっ」

佐門「こう……やるんだよ!」ブン!

バキィ!!(壁の砕ける音)

佐門「あっ」

アリーゼ「あっ」

この後、めちゃくちゃ叱られたので授業は打ち切りになった

272 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2015/12/31(木) 22:59:21 ID:13W/Q6sk
先着1名様で


★追加イベント→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→追加イベントなし
ハート→腹黒さんと二人きり
スペード→サッカーしようぜ!
クラブ→追加イベントなし
JOKER→???
クラブA→???

273 :名無しさんと創る物語:2016/01/01(金) 02:52:31 ID:???
★追加イベント→ ハート2

274 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/01(金) 09:28:41 ID:o5uYqH/o
★追加イベント→ ハート2 ★
ハート→腹黒さんと二人きり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
〜カイルの海賊船・食堂〜

佐門「あー、しんどかった……」

一時間はこってりしぼられ、その帰り。

ランタンの明りに気づき食堂に来るも人影はなく……

折角なので佐門はそのままそこで一息つくことにした

右手には少し硬くなったパン、左手には干し肉。目の前には水(お茶の淹れかたが分からず)

佐門「最強の布陣だ……勝てるぞ、我が軍は!(もぐもぐ)」

ファミィ「……何をしてるの?」

佐門「モッファ!?」

ファミィ「はい、お水」

佐門「!?!!(ぐびぐび)」

275 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/01(金) 09:31:17 ID:o5uYqH/o
佐門「し、しぬかと思った!」

ファミィ「死んでも良いのよ?」

佐門「最近本当、辛辣だな、お前! そろそろ許せよ!」

ファミィ「嫌よ(プイッ)」

佐門「……はぁー」

背もたれにもたれかかりため息一つ。

よく見れば目の前の女性の頬はわずかに赤みが差している

佐門(なんでこいつ赤くなって……此処に風呂なんてないよな。基本水浴びだし―――)

―――嫌い……佐門ちゃん何か嫌い……好きだけど……嫌いよ……

佐門(……あぁ、なるほど)

今更あれが一種の告白だった事に気づく、佐門

最もその場の衝動的なものも過分に含まれ、最後には大嫌いとまで言われたのであるが……

ファミィ「…………」(真っ赤)

佐門(年齢に似合わず純情だな、おい……くそっ、何か俺まで恥ずかしくなってきた)

だがそんな思いも口には出しはしない。

そんなんだからヒロインの一人もゲットできないのだ。とんだヘタレ野郎である

276 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/01(金) 09:32:56 ID:o5uYqH/o
先着1名様で


★ヘタレと処女→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→毒が裏返る
ハート→仲治り
スペード→ビジネストーク
クラブ→無言のままフィニッシュです!
JOKER→???

277 :名無しさんと創る物語:2016/01/01(金) 12:12:43 ID:EA5Y+MC6
★ヘタレと処女→ ハート8

278 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 18:55:48 ID:mzUBQGu+
今更ですが、あけましておめでとうございます

今年も……といっても恐らく来週中、早ければ明日には完結ですので
この話も残すところあとほんの僅か。どうか最後までお付き合いください


★ヘタレと処女→ ハート8 ★
ハート→仲治り
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ファミィ「…………」

佐門「…………(もぐっ)」

ファミィ「…………」

佐門「…………(もぐもぐっ)」

ファミィ「…………」

佐門(つ、辛い!)


部屋を包む沈黙。

お互いが口を開かけては閉じ、開きかけては閉じ……

そんな事を繰り返し、ただ時間だけが過ぎ去っていく。


279 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 18:57:10 ID:mzUBQGu+
ファミィ「……アティちゃんに聞いたわ。戦ったって……」

佐門「ん? あ、あぁ……オルドレイクか」

実際には剣を完璧に制御している所を見せただけで
狂喜乱舞しながら帰っていったので戦闘は行っていないのだが……

佐門「向き合っただけだぞ。魔剣を見せたら相手は何か納得して退いたからな」

ファミィ「……どうして残ったの?」

佐門「あのなぁ……背中見せて逃げられる相手じゃねぇのは分かるだろ!
    アティは膝が震えてた。俺はそうでもなかった。だったらどっちが残るかなんて……」



                    パンッ!!!



280 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 18:58:26 ID:mzUBQGu+
佐門「はっ……えっ?」

頬に残るじんわりとした痛み。

きょとんとした目で何かぶつけたのかと辺りを見渡し、しばらくして

目の前にある乗り出してきた誰かの体と振り切られた手に気づいた。

佐門「おまっ……」

ファミィ「それで!!!」

―――貴方が死んじゃったら元も子もないじゃない!!!

佐門「…………かもしれねぇな」

ファミィ「かもしれないかじゃないわ!」

どうして

どうして

ファミィ「貴方は私たちの事を考えてくれないの! 貴方が……佐門ちゃんが死んだら!
     私が何時もの様に笑顔を浮かべていられると思うの!? アティが、アズリアが、どう思うかもわからないの!」

佐門「……それは」

ファミィ「分かってクセに! 人の気持ちに無関心なんてフリして、
     一番注意を向けている貴方は……嫌い、嫌いよ! 貴方なんか嫌いよ……でも、でも……好きなの! だから!」

―――いなくならないでよ……お願い、お願いよ……


281 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 19:02:20 ID:mzUBQGu+
ファミィ「ひっく……」

佐門「…………」

ガタッ。ギッ、ギッ、ギッ……バサッ

佐門「此処、夜は冷えるぞ。今更だけど……
    そんなうっすい寝巻きでよく寝れるな。それ着とけ」

ギッ、ギッ、ギッ……

佐門「それから、やっぱり約束はできねぇわ。
    人間何時か死ぬもんだし。何より……俺はもう後悔はしたくない」

何かすればよかったとか

何か出来たかもしれないとか

佐門「そんなのゴメンだ。そりゃ、俺は無能だ。
    何にもなれないかもしれねぇけど……最近、分かったんだよ」

―――それでも、”俺”にはなれる

ギッ、ギッ、ギッ……

軋んで音を立てる木の床板に耳を向ける。

誰かの泣き声を聞きたくないから『ギッ』というその音だけを聞こうとした

傍から見ればまた逃げてると言われるのだろう。

でも、今はそれが精一杯だった。少なくとも、前とは違う。答えを示す事ができたのだから―――

282 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 19:25:09 ID:mzUBQGu+
佐門(まだ真正面から、人の優しさも思いも受け止めきれねぇけど……)

何時かきっと……俺という存在に誓って必ずそういう男になってみせる。

だから今は……

佐門「……おやすみ」

バタン! ギッ、ギッ、ギッ……

佐門「…………はぁ」

はりつめていた空気を吐き出し、扉によりかかって背筋を伸ばす

その時、1枚の薄い扉越しに聞いた言葉は

―――おやすみなさい

一応の和解の言葉だった、そんな気がする


■ファミィ 友好段階:1(好きだけど嫌い)→■ファミィ 友好段階:3(嫌いだけど……)



※最後だし少し色をつけて……好感度はマスクデータにする方がジッサイ楽だと思います(学習)

283 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/02(土) 19:27:50 ID:mzUBQGu+
因みに心理描写とうでほっとくと最低でも6〜10レスは食いつぶしそうなので

基本的に7割ほどカットしております。本当は台本式でサクサク行きたいのですが悪い癖です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★追加イベント→!card★
と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→追加イベントなし
ハート→追加イベントなし
スペード→サッカーしようぜ!
クラブ→追加イベントなし
JOKER→???
クラブA→???

284 :名無しさんと創る物語:2016/01/02(土) 19:28:17 ID:???
★追加イベント→ クラブJ

285 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/17(日) 20:45:53 ID:zbQ43XIA
間が開きすぎてしまった……でもちゃんと終わらせますぞー

★追加イベント→ クラブJ ★
クラブ→追加イベントなし
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐門「……しまったな」

一人部屋、呟きながらたたずむ佐門。

今、彼は深刻な問題を抱えていた……

佐門「ファルゼンに夜来いって言われてたが、夜が深まりすぎて……道が分かんねぇ」

といってもこのまま呼び出しを無視するのも気が引ける

よーく魔力を感じればなんとなく目的地の方角ぐらいは分かるかもしれない

が、今日は少々疲れすぎた。集中力などまるでない

ならば適当に歩いてみるか、あるいは棒でも転がすか

佐門(運か勘か……う、うーむ……よし、勘だ! 歩くぞぉーー!)

困った時に運ではなく自分(の勘)を信じる様になったのは

彼にとって大きな進歩だが彼がそれに気づかは分からない―――

286 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/17(日) 20:48:00 ID:zbQ43XIA
ドン!ドン!

佐門「うわっ!? な、なんだ……鳥か?」

突然の騒音に驚きつつもその音が聞こえた場所―――部屋の窓の方に目を向ける佐門

するととそこには……

青白い顔の見知らぬ少女「……」

佐門「……」

青白い(光を放つ)見知らぬ少女が窓から佐門の部屋を覗き込んでいた

佐門「…………」汗ダラダラ

青白い顔の見知らぬ少女「…………ノロッテヤル」

佐門「」



287 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/17(日) 20:50:03 ID:zbQ43XIA
先着1名様で


★真冬のホラースペシャル→!card★


と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→ノリに合わせていた
ハート→なんとか冷静さを取り戻す
スペード→意識を保つも動揺
クラブ→無事、気絶
JOKER→ジェダイ

288 :名無しさんと創る物語:2016/01/17(日) 20:56:30 ID:???
★真冬のホラースペシャル→ クラブQ
復活ウレシイ・・・ウレシイ・・・

289 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/17(日) 22:18:41 ID:zbQ43XIA
★真冬のホラースペシャル→ クラブQ ★
クラブ→無事、気絶
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピキーン!!

佐門(この感じ……分かるぞ!)

その時、佐門の脳内に電流が走った

召喚師として彼が持つサプレスへの適性……

それが一瞬にして目の前の存在を”本物の幽霊である”という事を内藤佐門という男に理解させた!

佐門「……え、本物? ウワァアアアアアア!!!」バタリ

青白い顔の見知らぬ少女「あ、あれ……」

内藤佐門……苦手な物は兄。絡み合った人間関係。そして、ホラー全般であった。

青白い顔の見知らぬ少女「ご、ごめんなさいーー! 
                 ちょっとした悪ふざけだったんですーー!」


こうして、宵の出会いは夢の中に溶けていく

何時か思い出されるその日まで……

290 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/17(日) 22:20:34 ID:zbQ43XIA
先着1名様で


★その後を語る者→!card★


と書き込んで下さい。スートによって分岐します。


ダイヤ→釘
ハート→機
スペード→鬼
クラブ→鎧
JOKER→???
A→オルドレイク君

291 :名無しさんと創る物語:2016/01/17(日) 22:58:15 ID:???
★その後を語る者→ ダイヤ3

292 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/19(火) 23:18:57 ID:wrlTMlbs
★その後を語る者→ ダイヤ3 ★
ダイヤ→釘(宮)=アリーゼ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………
………………………
………


男性「で、その後はどうなってたんですか?」

ブロンドの女性「さぁ? 私が起きる事には全て終わっていましたから……無事に封印が終わったことは確かですね」

男性「さ、さぁって……困りますよ、アリーゼ先生! 
    何時もの様に小説が上がらないというのならともかく、今日は佐門という人物の取材で来てるんですからね!」

アリーゼ「ふふっ、すいません……それにしても、もう随分経つんですね、あれから……」


懐かしむ様に窓の外を見つめる長いブロンドの髪の女性はアリーゼ

時が経ち、島から戻った彼女はアティの指導を受け軍学校に入学……卒業

そして、今は実家を手伝う傍ら作家として活動していた―――

293 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/19(火) 23:23:47 ID:wrlTMlbs
男性「うーん……しかし、変な人ですね」

アリーゼ「そうですか?」

男性「そうですよ!」バサッ

そういって彼が机に置いた紙束は全て、彼が集めてきた佐門さんの話らしい

『犬に追われていた』『食い逃げと間違われた』『馬車に引きずられていた』 ……あぁ、凄いそれっぽいです!

男性「大商人マルティーニ家の跡取りである先生の知りあいの割には逸話らしい逸話はない。
    の、割には知り合いはそこそこ多く、変な話ばかりが集まる……こんな変人が本当に先生の友人なのですか?」

アリーゼ「変人って……良い人なんですよ?」

男性「変人は否定しないんだ……」

アリーゼ「えぇと……でも、変なのは確かですから」(目を逸らす)

少なくとも私が佐門さんを登場人物の一人と書くとしたらあの人は主人公というよりは脇役

それも1巻で死んで貰う事になるでしょうね……だって、生かしておくと話が纏まりません……

……でも、なんだかんだで生き延びそうですね。 ……うん! 出すのはやめておきましょう!

294 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/19(火) 23:30:50 ID:wrlTMlbs
男性「はぁー……編集長の物好きにも困ったもんだ
    なんでこんな人の事を纏めた本なんて出そうと思ったのか……というか売れるんですか、これ?」

アリーゼ「あ、私は買いますよ」

男性「…………変人の友人はやっぱり変人って事ですかね」

アリーゼ「失礼な! 物好きと呼んでください!」

男性「あんま大差ないです、それ……」

……でも、思い出したら懐かしくなってきました

今はどこに入るんでしょうか、佐門さん―――

295 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/19(火) 23:53:16 ID:wrlTMlbs

…………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………
………………………
………


            〜何処か〜


佐門「さーて、どうしよっかな……カード様の言うと、お、りー……  クラブK か」

しまった……高いほうが良いのか低いほうが良いのか悪いのか考えてねぇ

佐門「……寝よ」

今では目をつぶって10秒で眠れる自身がある……

ふふっ、どこでもすぐに眠れるってのは旅人の必須スキルさ

……まぁ、マスターまでに2年かかったんだけどよ

N太は偉大だったんだな……意外と戦場なら大成するかもな、アイツって


296 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/19(火) 23:56:04 ID:wrlTMlbs


先着1名様で

★アリーゼ→!card
 アルディラ→!card
 ミスミ→!card
 ファルゼン→!card
 ファミィ→!card
 アティ→!card
 ソノラ→!card★

と書き込んで下さい。数字によって分岐します。


■アルディラ 佐門のカード(K)+-4以内→同行者

■ミスミ 佐門のカード(K)+-4以内→同行者

■アリーゼ  佐門のカード(K)+-3以内→同行者

■ファルゼン 佐門のカード(K)+-3以内→同行者

■ファミィ、アティ、ソノラ:佐門のカード(K)+-2以内→同行者

■佐門のカードと一致→?


297 :名無しさんと創る物語:2016/01/20(水) 00:57:42 ID:???
★アリーゼ→ クラブ6
 アルディラ→ クラブ10
 ミスミ→ スペード5
 ファルゼン→ ハートQ
 ファミィ→ スペード9
 アティ→ クラブ9
 ソノラ→ クラブ3

クラブKな当たりなんか佐門らしさを感じてしまうwww

298 :名無しさんと創る物語:2016/01/20(水) 11:31:11 ID:???
オルドレイク君の場合 ハートA

299 :名無しさんと創る物語:2016/01/20(水) 16:51:13 ID:???
おいばかやめろ

300 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/20(水) 21:49:32 ID:ljYJTm0E
★アリーゼ→ クラブ6
 アルディラ→ クラブ10
 ミスミ→ スペード5
 ファルゼン→ ハートQ
 ファミィ→ スペード9
 アティ→ クラブ9
 ソノラ→ クラブ3 ★

オルドレイク君の場合 ハートA
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
オルドレイク「見よ、佐門。私はA(エース)だ……運命を感じるではないか!」

佐門「あぁー、本当な〜一生お前につきまとわれる運命かなー」(遠い目)

ヘイゼル「難儀な男だ……」

ツェリーヌ「キィーー!! 何が難儀な物ですが! アナタも私という者がありながら……キィーー!」

オルドレイク「許せ、ツェリーヌ……愛を捧げるのはお前だけ故にな」

ツェリーヌ「あ、アナタ……」

オルドレイク「……まぁ、私が女であったなら愛を捧げる対象は佐門であっただろうが」

ツェリーヌ「死になさい、佐門! 今すぐに!」(襟を掴む)

佐門「ぐっ、ぐるちい……なんで俺がこんな目に」

アルディラ「頑張るのよ……きっと此処を抜けたら逃げられるわ」

ファルゼン「デ、アレバイイガナ……(100%無理ですよねぇ)」

301 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/20(水) 23:34:30 ID:ljYJTm0E
佐門(……でも、随分遠くまで来たよなぁ)

わけもわからずやってきた世界

学生になり学んで、なぜかサッカーして、そうかと思ったら兵士になって……

佐門(俺は何処へ行くんだろうなぁ……)

流れ、流れて……偶に逆らって

そうやって択び続け、俺は何処へ辿り着くのか

アルディラ「コラ、ファリエル! 佐門が不安がって無言になってるでしょ!」

ファルゼン「イヤ、ネエサン。コノ姿ノトキハファルゼント……」

アルディラ「ファリエル!」

ファルゼン「」

ツェリーヌ「ヘイゼル! もう佐門を殺しなさい!」

ヘイゼル「その命令は聞けん。私はもうアイツの所有物だ」

ツェリーヌ「キィイイイー!!!」

ヘイゼル「ふっ……恨むなら私をアイツに差し出した自分の男を恨む事だ」


302 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/21(木) 00:49:59 ID:xFZEG4rs
ツェリーヌ「キィイイーー! 己、佐門!!」

オルドレイク「ふっ、我が君はお前に夢中らしい。妬けてしまいそうだ」

佐門「お前、分かってて言ってるよな? 本当、性格悪すぎんぞ」

オルドレイク「ふっ……」

303 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/21(木) 01:10:26 ID:xFZEG4rs
昔、昔……

遠い世界から来た男は世界を救うわけでもなく

大きな偉業を達成したわけでもない……ただただ、宛てもない旅を続ける旅人だった

ある日、どこかの町にふらっと数人のお供を引き連れて現れ

問題を起したり、問題を解決したり……多くの人々を巻き込んだ後に旅立っていく……

英雄でもなく、勇者でもない。一言で言えば厄介者。しかし―――

弱者が居れば盾となり、災いあれば気だるげな顔をしつつも率先して立ち向かっていく

龍と心を通わし、獣を従え、霊を操り、機械を操る……そんな偉大なる召喚師でもあった。人は彼を称え、こう呼んだ……

―――召喚騎士(サモンナイト)

304 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/21(木) 01:27:13 ID:xFZEG4rs
佐門「うし、そろそろ行くか……」

オルドレイク「ふむ……どこへ行くのだ?」

佐門「あー、そうだな。まぁ、風の向くまま、気の向くまま…………て」

アルディラ・ファルゼン・ヘイゼル・ツェリーヌ「適当」

オルドレイク「つまり……いつも通りであるな」

佐門「うっ…………うるせぇーーー!! だったらてめぇらで行き先決めろや! 俺は、俺はーーー!」


―――帰るぅうーーーーーー!!



              サモンナイトN     完

305 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/21(木) 01:40:02 ID:xFZEG4rs
という訳で一応完結。

ラスボスとカードにかき回され
盛大に何も始まらないどころか原作すら始まらなかった……

一つ良い訳させていただくなら

心理描写を多く入れてじっくり進めたい私にこの安価形式は合わなかった(今更)

悔いは多いですが、オルドレイク君という謎ストーカーが生まれたというだけで許せる……

そんな訳で此処でこの物語は一応、完結という事にさせて頂きます。

場をお貸しいただいた管理人様。付き合ってくださった読者様に感謝を。


それでは、お疲れ様でした。 

306 :名無しさんと創る物語:2016/01/21(木) 11:36:56 ID:???
お疲れ様でした!
佐門くんはすごい勢いで(明後日の方向に)突き抜けていきましたね!

307 :名無しさんと創る物語:2016/01/22(金) 12:44:25 ID:???
原作は知らないですが楽しかったです(小並感)

308 :名無しさんと創る物語:2016/01/22(金) 15:19:27 ID:???
これ主人公誰だっけ?

309 :サモさん ◆zHt6XgZ6n2 :2016/01/22(金) 16:19:12 ID:???
>>306 王道をしたかったけど(残念ながらそんなもの)ないです
     とりあえず腹筋だけ鍛えれば負けはない(防御力最強感)
    

>>307 原作にちゃんと入れてないから問題なし! 因みに原作の1〜3今は大分安く買えます
     このスレより面白いからぜひ……未プレイは2か3の方がやりやすいですかね

>>308 このスレの主人公は佐門……いや、ラスボス枠からストーカー枠になったオルドレイク君かな
     佐門は引きは強いけど主人公って感じじゃありませんでしたね。駅弁屋の名物店員とかそんな感じ


最弱主人公かと思ったらただのTUEEEであった……
そんな気はなかったのですが、まぁ、よし! もうちょいサッカーしたかったのですがもう話が広がらない
ラスボスを大人しく椅子に座らせておかなければならない理由は一つ「問題が起きないから」 であった

唯一の悔いは原作に入れなかった事です。本当……己、オルドレイク君!
でも、なんだかんだで頭からっぽにして楽しめました。

次回作は未定ですが、カードで斜め上に飛んでいくこの方式は好きなので
また此処が使えたら……と思っております

それでは、お付き合いくださりありがとうございました



310 :名無しさんと創る物語:2016/01/22(金) 19:08:11 ID:???
お疲れ様でした
サモさん先生の次回作にご期待ください!

164KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24