板トップ | ご利用ガイド | 携帯版 | 最新20件

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50
【主人公力】副キャプテン半田5【マシマシ】

1 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:13:46 ID:4IEyItaU
このスレはイナズマイレブンの地味キャラ、半田くんが仲間達と中学サッカーの頂点を目指すスレです。
参加者の皆様に引いて頂いたカードや投票の結果に沿って物語を進めていきます。

あらすじ

円堂「いつから俺が主人公補正を失っていると錯覚していた?」

日向「ブヒィ!?」

飛田「口が悪くなりました!」

不動「パッとしないまま、出番が終わっちまった……」

???「正体バレバレだったぜ!」

半田「ねんがんのジンジャをみつけたぞ!」

??「クシュンッ‼……誰か俺の噂でもしたかな?」

ナルト「新スレ早々失点のピンチに追い込んでやるってばよ!」

だいたいこんな感じだって気がします。

2 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:22:26 ID:4IEyItaU
登場人物紹介

半田 真一
このスレの主人公。原作では初期メンバーなのに地味キャラで活躍したシーンがほとんどなかった。
現実主義者ぽかったが最近は熱血気味。一年間のほとんど全てを練習に費やしたお陰で穴の無い高水準な能力を手に入れた。
前スレでは鬼道を吹き飛ばしたり源田からゴールを奪ったりと、主人公らしい活躍を見せてくれた。

円堂 守
原作主人公でこのスレでもキャプテンをやってる熱血キーパー。彼の「サッカーやろうぜ!」には
洗脳効果が有るとか無いとか。現在はドールマンの加入に伴いフィールダーもやったりする。
秋葉名戸戦後のJOKERでゴッドハンドも覚えてないのに飛び級で「正義の鉄拳」を習得した。

染岡 竜吾
雷門の強面ストライカー。エースストライカーを自称していたが、自分を見つめ直し大矢や飛田にはできないプレーに
活路を見出だした模様。前スレでは待望の固有スキルを入手。今後の活躍が期待される。

3 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:23:43 ID:4IEyItaU
アーロン・イスラス
雷に打たれて時空を越えてやってきた助っ人。まだクライフォートの自転車計画に乗る前の状態なので汚くない。
半田からは電波なんじゃないかと疑われていたが他二人が来たおかげで疑いが晴れた。
序盤は猛威を奮っていたドリブルも最近ではちょいちょい止められている、それでも十分強いが。

ハンス・ドールマン
雷に打たれて(ry。イスラス同様汚くない。大柄で無口な未来のオランダ代表の正GK。
武骨そうに見えるが前スレにてその本性は某フランスGKに酷似していることが判明(それでも素の能力では彼より大分強いが)
イスラスとの特訓により新たな技(?)を身につけた。

赤井 止也
雷(ry。実はイスラス達と一年ずれた時代から来ているが、本人すら気づいていないし、
どうでもいい。「時期的にまだ大したことないはず」は禁句。ゲーマーであることが発覚した。
最近、赤羽に出番を奪われがち。しかしその強固さは健在であり雷門に守備にはなくてはならない存在である。

4 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:27:19 ID:4IEyItaU
飛田 陣
元モブA。
セパタクロー経験者で浮き玉の処理が得意。半田との練習で実力をつけ晴れて名有りに昇格した。
実は言いたいことが言えていないことが発覚した。KAMEN RIDE・POISONを会得し、発動中は口が悪くなることが発覚。

大矢 慢太郎
表現が大げさで話を盛るくせがある野心家。神引きの連発によりシュート力が大幅に上がり更に
燃費を向上させるスキルも入手した。今では誰もが認める雷門の主砲。
前スレでのシュートの決定率は100%。

光明寺 聡明
いろんな作戦を考えるのが得意で常に判断は的確?
瓶底メガネとキノコヘアーが特徴。気がつけばチームで一、二を争うボールカット能力の持ち主に。
今ではすっかり頼りなるサイドバックとなった。

英嶋 新士
日本人なのだがなにかというと「英国紳士たるもの」という。
片メガネと七三分けが特徴。どこかの一番隊副隊長さんっぽい。
クリア技持ちだがせりあいがそこまで高くないのが悩み。柔の成長で空気ランキング首位に躍り出た。

5 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:32:20 ID:4IEyItaU
沖田 創
スポーツの天才なのだが体調を崩しやすくて活躍できなかった……が、今では健康体に。
ドリブルとタックルに優れ、固有スキルのおかげでどんどん成長していく。天パの神に憑かれニュータイプに覚醒した。

柔 光良
柔道を習っていて家に入った泥棒を投げ飛ばしたことも。肩を壊して柔道を辞めサッカー選手に。
合気道と空手はいたけど果たして柔道はサッカーに通用するのか?ただの筋肉キャラになる可能性も。
前スレでは土粥を食べたことで能力値が底上げされ、総合力ならチーム上位になった。

青木 将海
乾燥が苦手でついじめじめした所に入り込んでしまう。エルフ耳と黄色い45度は釣り上がった
目を持つがれっきとした人間……のはず。通称ジェット。イスラスにその化け物じみた反応速度を評価された。
貴重な中盤の守備要員。帝国戦にて遂にポテンシャルが開花しより一層頼れるボランチに成長した。

赤羽 隼士
スポーツ万能すぎてどのスポーツも真剣に続けられない。スポーツ漫画に1人はいるタイプの人……だったが
現在は真面目にサッカーに向き合っている。半田にパスを鍛えられ貴重な繋ぎ要員になった。

6 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:33:48 ID:4IEyItaU
大黒 弘樹
農家の子でいつも畑仕事を手伝っている、でも野菜嫌い。角刈りで額に十字傷がある。
畑仕事で培った足腰を買われFWとして入部。多分1年で一番の常識人、そして空気。

目黒 和久
自分が努力しているからと他人が怠けているのを許せない性格。性格に難がありそうだが
リーダー的存在になってくれるかも。大友中戦で何もできなかった悔しさから強くなる決意をする。

槍野 育生
真っ直ぐ走るのはとても速いがカーブがうまく曲がれない。髪の毛が後ろに逆立っていてサ○ヤ人みたい。
イスラスに足を見込まれて入部したMF。一年生の中で一番の成長株。

滝沢 敏也
修行と言っては滝に打たれたり山籠りしたりするのが趣味。大柄で鋭い目付きが特徴。
どっかの鋼鉄の巨人と気が合いそう。

海渡 壮介
ゲーム内でクラブのAを掴まされた気分にさせた魔物の化身。レベルファイブコワイ。
色黒、眉無し、おネエ、ツンデレと様々な属性を持った角刈りの漢(←ここ重要)。
巣潜りが得意で銛でいつも魚をとっているらしい。

7 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:37:54 ID:4IEyItaU
冬海先生
原作だと雷門イレブンを爆殺しようとした汚い大人だが。このスレでは判定でKが出たため
浄化された。半田たちのために焼き肉パーティーを開いてくれた。前スレでは久々に台詞が有ったが次がいつになるかは不明。
要するに空気。

木野 秋
サッカー部の女子マネージャー。誰にでも優しく接する人格者で半田からはたまに情報収集を頼まれる。
このスレではライバルが出現していないのでこのままいけば順当に円堂とくっつく……かも?

アーサー
半田と大矢が浜辺で出会った喋るボール。本人曰く九十九神的存在。過去にブラジルのプロのクラブにいたことがあるらしい。
半田の相談になにかと乗ってくれる。沖田の命を救った張本人。最近ではメタ発言をよくするようになった。

葛木
図書委員長で一応ヒロイン候補。半田に豆腐の本をくれた。
無口系?

8 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:39:06 ID:4IEyItaU
試合形式
数値判定はカード。前後半30分ハーフでハーフタイムにガッツが150回復。
試合中のガッツ回復は予定しておりません。バランスによっては途中で変えるかもしれません。

試合のルール
基本的に本編基準です。
たまに部分的に変えるかもしれません。

【半田の所持しているアイテム】
スポーツドリンク(ガッツ80回復)×4
熱血ミサンガ(せりあい+1)※円堂が装備中
鍛練スパイク(シュート+1、ドリブル+1)※半田が装備中
超キノコ(せりあい+1、高い浮き玉補正+1、消費アイテム)
毒キノコ(下痢をおこすキノコ、消費アイテム)

9 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:44:54 ID:4IEyItaU
テンプレは以上です。本日はここまでにさせていただきます。
お疲れ様でした。

10 :副キャプテン半田:2017/01/21(土) 20:45:40 ID:rTdA68Uo
★ナルト→影分身の術 17+(ド根性+1)+ ハート5 =23
ナルト→影分身の術 17+(ド根性+1) ハート8 =26★
★柔→タックル 18+ クラブ5 =23 ★
≧2 ナルトがドリブル突破

柔「とわあああっ!!」ズザァッ!

ナルト1「危なっ!」ボスッ

ナルト「ナイスパス!」

柔の気迫のこもったタックルはあと少しでボールを掻き出せるところまでいったが、分身のパスによりギリギリでいなされてしまった。

ナルト「よーし!決めてやるってばよ!!」ボフンッ

ペナルティエリアに入るとナルトは三度分身を作り出す。
今までのプレーを見ていれば、誰でもシュートにも分身を利用してくるのだと予想がつくだろう。

赤井(まさかツインシュートか?)

11 :副キャプテン半田:2017/01/21(土) 20:48:44 ID:rTdA68Uo
ナルト「やるってばよ!」キィィィィンッ

ナルト2「おう!」グイッ

本体のナルトの振り上げた足にエネルギーが貯まっていくのが、能力バトルのような世界とは無縁の赤羽達にも感じられた。
分身のナルトはボールを踏みつけているだけだか、その表情は凄まじい集中力が見てとれる。

円堂「気をつけろ!何か分からないけど……とんでもないのが来るぞ!」グッ

ナルト「さあ!円堂!止めれるものなら止めてみろってばよ!」

12 :副キャプテン半田:2017/01/21(土) 20:50:11 ID:rTdA68Uo
ナルト「螺 旋 丸!!!!」

ドッッッッッッ!!!!

★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+! card = ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+! card =
円堂→パンチング 23+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がフォロー)(こぼれ球を奪い合いに)(光明寺がフォロー)
≦−2 雷門ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ナルトの螺旋丸がゴールに突き刺さる
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(光明寺がフォロー)
≦−2 円堂!ファインセーブ!

ナルトの『螺旋丸』には2の吹っ飛び係数があります
ナルト スキル・【ド根性(ビハインド時に任意技判定+1)】

赤羽のカードがダイヤの時『ディメンジョンブロック(+5、ポスト判定発生、150消費)』が発動します
赤羽のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードがダイヤの時『顔面ブロック(+6、150消費)』が発動します
赤井のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードが2以下の場合、スキル・【集中】により数値が+1されます
円堂のカードがダイヤの時『正義の鉄拳(+5)』が発動します
円堂のカードがハートの時『爆裂パンチ(+4)』が発動します
円堂のカードがスペードの時『熱血パンチ(+2)』が発動します

13 :名無しさんと創る物語:2017/01/21(土) 23:01:08 ID:???
★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+ スペード7 = ★

14 :名無しさんと創る物語:2017/01/21(土) 23:09:40 ID:???
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ ダイヤQ =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ スペードA =
円堂→パンチング 23+ ダイヤ10 = ★

15 :名無しさんと創る物語:2017/01/22(日) 01:00:17 ID:???
赤井じゃない方が活躍した!

16 :副キャプテン半田:2017/01/22(日) 21:25:41 ID:ZRHU5e/k
>>15 なんとなく赤羽はここぞという時に仕事をする印象があります。

★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+ スペード7 =35 ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ ダイヤQ =32+(ディメンジョンブロック+5)=37
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ スペードA =×
円堂→パンチング 23+ ダイヤ10 =× ★
≦−2 雷門ボールに

ギュルルルルルルルゥゥゥッッ!!!

空気を渦巻く音を響かせながら、超高速回転を伴いゴールに迫るナルトの放った螺旋丸。
ナルトが全身から集めたエネルギーを全力で蹴り込むと、彼のコントロールでは威力が暴走しゴールの枠を捉えることが出来ない。
その為、力の方向を固定するためにわざわざ分身にボールを押さえ付けさせる必要があるこの技は手間こそかかるが、
それを差し引いても有り余る破壊力を秘めている。

赤羽「いくぞ!」バッ

ドゴゥッ!! ギュリリリリリリィィィ!!!

段々と上がってくる弾道と地面の間に滑り込み、赤羽はボールに足蹴を叩き入れる。

17 :副キャプテン半田:2017/01/22(日) 21:26:54 ID:ZRHU5e/k
赤羽「(重い……!片足じゃ足りないな)うおおおおおおお!!!」

瞬間的にそう判断し、右足に加え左足もボールに添えると更に腕で身体を押し上げ文字通り全身でボールを阻む。

赤羽「……だあああっ!!!」ポーンッ トスッ

実況『赤羽の信念のブロォォック!!!伊賀島側に傾きかけていた流れを身を呈して断ち切ってくれました!!』

「よく守ってくれた!凄いぞ赤羽!」「ヒヤっとしたぜ〜」「しかし凄いシュートだったな、こりゃまだまだ気を抜けないぞ……」

半田(今なら指示が出せるな)

A イスラスに渡せ!
B 沖田に出せ!
C ジェットにパスだ!
D 俺のところに持ってこい!(ロングパスペナ-2を受けます)
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします
※円堂 『正義の鉄拳』勝利カウンター0→1

18 :名無しさんと創る物語:2017/01/22(日) 22:14:19 ID:ch1zV3pE


19 :副キャプテン半田:2017/01/22(日) 22:25:30 ID:ZRHU5e/k
A イスラスに渡せ!

赤羽「ああ!イスラス!」バシュッ

赤羽は指示通り、すぐにパスを出すがコース上に今までプレーに絡んでこなかったシェスターが立ち塞がる。

シェスター「ナカザトとローシに教えてもらったニンジュツ!とくとご覧あれ!」

★赤羽→ピンポイントパス 18+! card = ★
★シェスター→パスカット 18+! card = ★

≧2 ボールがイスラスに渡る!
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 =0 ラインを割る(カードの合計が偶数なら攻撃側ボールに)
=−1こぼれ球をサスケがフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

シェスターのカードがダイヤ・ハートの時『ホウセンカ(+3)』が発動します

20 :名無しさんと創る物語:2017/01/22(日) 22:51:46 ID:???
★赤羽→ピンポイントパス 18+ ダイヤ6 = ★

21 :名無しさんと創る物語:2017/01/22(日) 23:03:07 ID:???
★シェスター→パスカット 18+ クラブ2 = ★

22 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 21:06:44 ID:p7BMi5fw
★赤羽→ピンポイントパス 18+ ダイヤ6 =24 ★
★シェスター→パスカット 18+ クラブ2 =20 ★
≧2 ボールがイスラスに渡る!

シェスター「はあっ!!」バッ

実況『シェスターくん懸命にボールに足を伸ばすがこれは届かず!ボールはイスラスくんにわたります!』

イスラス「よし!このままいかせてもらうぞ!」ダダッ

シェスターが上がっていたことで、がら空きになっていた右サイドをイスラスは猛スピードで上がっていく。

中里「初鳥!下がって四人で当たるでゴザルよ!」

初鳥「おう!」

どうやらイスラスのドリブルが脅威であると認識しているらしく、伊賀島は人数をかけて進路を阻もうと試みる。

23 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 21:13:57 ID:p7BMi5fw
イスラス「四人相手か面白いいいだろうこれは抜けば大きなチャンスだ真っ向から受けて立とう!」ダダダツ

★イスラス→ドリブル 21+! card = ★
★中里→タックル 18+(人数補正+2)+! card =
風魔→タックル 15+(人数補正+2)+! card =
児雷也→タックル 14+(人数補正+2)+! card =
高坂→タックル 16+(人数補正+2)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 イスラスが突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を風魔がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

イスラスのカードがダイヤの時『高速ドリブル(+4)』が発動します
イスラスのカードがハート・スペードの時『加速ドリブル(+2)』が発動します

中里のカードがダイヤの時『疾風迅雷脚(+2)』が発動します
高坂のカードがダイヤ・ハートの時『ドッペルゲンガー(+2、相手が技を発動していた場合その補正値を更に上乗せ)』が発動します

24 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 21:15:29 ID:???
★イスラス→ドリブル 21+ スペードK = ★

25 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 21:21:12 ID:???
★中里→タックル 18+(人数補正+2)+ スペードJ =
風魔→タックル 15+(人数補正+2)+ スペードQ =
児雷也→タックル 14+(人数補正+2)+ スペードQ =
高坂→タックル 16+(人数補正+2)+ ダイヤ8 = ★

26 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 21:28:57 ID:???
そういえばイスラスって判定多いわりにドリブル覚醒はこれが初めてなんだよね

27 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 21:53:27 ID:p7BMi5fw
>>26 その通りです。判定自体にはかなり絡んでるはずなんですがKやJOKERを滅多に出せないんですよね。
そのせいで初期から技が一切増えてないという、フラグは結構持ってるんですけど……

★イスラス→ドリブル 21+ スペードK =33+(加速ドリブル+2)=35 ★
★中里→タックル 18+(人数補正+2)+ スペードJ =31
初鳥→タックル 15+(人数補正+2)+ スペードQ =28
児雷也→タックル 14+(人数補正+2)+ スペードQ =8
高坂→タックル 16+(人数補正+2)+ ダイヤ8 =26+(ドッペルゲンガー+4)=30 ★
≧2 イスラスが突破!

初鳥(わざとコースを一つ開けておいた……)

中里(誘い出されたところを狙うでゴザル!)

高坂(さあ来い!)

イスラス「(あからさまな罠だな。だがここは乗ってやる)はっ!!!!」ドゥゥゥッ!!

児雷也「へっ!来る場所が分かってれば……」

イスラス「鈍い!」ザザザッ ギャンッ!

初鳥「はやっ イスラス「ノロい!」シュバババッ

高坂「この……!」

イスラス「遅い!」タッ!!

中里「ぐぬっ!忍法・疾風迅雷 イスラス「速さが足りない!!」ダダダダダダッ!!!

28 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 21:57:25 ID:p7BMi5fw
実況『速い!速すぎる!!イスラスくん早送りの映像のような動きで伊賀島ディフェンスを全てかわしきったぁ!!』

※イスラスにドリブルフラグが立ちました

半田「いいぞ!イスラス!(さて、残るはCB一人にGKだけか。そのCBは飛田やイスラスは無視して大矢のマークについてるな。
それでも大矢ならどうにかするだろうけどここは……)」

A それでも大矢にパスだ
B 飛田に低いクロスを上げてくれ!
C そのまま一対一を狙え!
D ここらで俺のミラージュシュートだ!
E その他。自由に記入してください
現在の半田のガッツ 600/800
1票決です。ageでお願いしま

29 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 21:59:39 ID:aFsRIIA2
B

30 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 22:16:37 ID:p7BMi5fw
B 飛田に低いクロスを上げてくれ!

イスラス「了解!いくぞ飛田!」バコッ!

飛田「僕をフリーにしておくなんて……後悔しますよ!」

百地「ノーリスクで勝てるなんて思ってないさ!分が悪いのは承知の上!後は気力で勝利を掴む!」グッ!

★飛田→リフレクトボレー 27+! card = ★
★百地→ツムジ 22+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 飛田のリフレクトボレーが突き刺さる!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(大矢がねじこみに)(ラインを割る)(藤林がフォロー)
≦−2 百地が防ぎきる

31 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 22:20:26 ID:???
★飛田→リフレクトボレー 27+ ダイヤ5 = ★

32 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 22:21:07 ID:???
★百地→ツムジ 22+ クラブ5 = ★

33 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 22:37:52 ID:???
なんかサスケや霧隠の影が薄いまま試合がダイジェストに行きそうだ…

34 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 22:48:47 ID:p7BMi5fw
>>33 後半からはある人物に大幅なブーストがかかる予定なので、そこからは中々の難敵になると思うのですが……
下手すると前半ダイジェストもありそうですね(汗)

★飛田→リフレクトボレー 27+ ダイヤ5 =32 ★
★百地→ツムジ 22+ クラブ5 =27 ★
≧2 飛田のリフレクトボレーが突き刺さる!

飛田「とりゃああああっ!!!」

バゴォォッ!! ドンッ!!!

百地「う、うおおおおおおお!!!」バッ チッ

ビシュウウゥゥッッッ!!

ピイイイイィィィィィィィィィィィッ!!

雷門 2−0 戦国伊賀島

35 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 23:00:02 ID:p7BMi5fw
実況『ゴーールッ!飛田くんのお得意の反射するボレーにより雷門見事追加点を挙げました!』

ワアアアアアアッッッ!!!

飛田「やったー!やりましたよ!!(でもどうして僕のゴールには具体的な応援席の賛辞が無いんだろう……)」

イスラス「うん、この一点は大きいぞ。さすが飛田だな」

大矢「それでこそ俺の相方だぜ」

半田(……)

A 「このまま3点差を目指すぞ!相手の士気を粉砕してやろうぜ!」
B 「いや相手はきっとまだ何か奥の手を隠しているはずだ、油断せずに守ってくぞ!」
C ポジション、フォーメーションを変える(更に分岐)
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

36 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 23:01:43 ID:aFsRIIA2
A

37 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 23:16:54 ID:p7BMi5fw
A 「このまま3点差を目指すぞ!相手の士気を粉砕してやろうぜ!」

沖田「そうだね相手の切り札っぽいシュートを止めたうえで更に四人抜き、流れは確実にこっちにあるだろうし」

飛田「このままガンガン行きましょう!」

雷門がこうして士気を高める一方、伊賀島陣営はというと……

中里「……すまぬ」

霧隠「気にするな、過ぎたことを攻める者などこの場にはいない。それよりこの後の攻撃のことだ」

シェスター「俺が仕掛けるよ、中央によって攻めるからフォローは頼むぞ。サスケ」

サスケ「ああ」

前半で二失点したチームの雰囲気とはとても思えないほど淡々と次の攻撃プランを練っていた。
今はサッカー選手として戦っているが、彼らの本質は忍ぶ者。このような逆境など今まで何度も味わってきたのだ。
彼らの瞳に宿る任務遂行への不屈の闘志はまだ折れていない。

38 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 23:23:00 ID:p7BMi5fw
ピイイイイィッ!

シェスター「(ここまで苦戦するとは予想外だったけど……)勝負はまだまだこれからだ!」

飛田「いいえ!ここまでです!」

★シェスター→ドリブル 20+! card = ★
★飛田→タックル 14+! card = ★

≧2 シェスターがドリブル突破
=1 こぼれ球をサスケがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を大矢がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

シェスターのカードがダイヤの時『テンイムホウ(+5)』が発動します

飛田のカードがダイヤの時『バイパータックル(+3)』が発動します

39 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 23:27:01 ID:???
★シェスター→ドリブル 20+ スペード10 = ★

40 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 23:35:54 ID:???
★飛田→タックル 14+ ダイヤ2 = ★

41 :副キャプテン半田:2017/01/23(月) 23:52:46 ID:p7BMi5fw
★シェスター→ドリブル 20+ スペード10 =30 ★
★飛田→タックル 14+ ダイヤ2 =16+(バイパータックル+3)=19 ★
≧2 シェスターがドリブル突破

飛田「喰らってください!!」ズシャァッ

半田「おお!あの獲物を狙うかのような鋭い動きはバイパータックルだ!これなら……」

シェスター「確かに中々の鋭さだけど基礎がまだまだだね!」クルッ バッ

半田「そ、そんな!飛田の毒々しいバイパータックルが!?」

飛田(半田くんわざと連呼してません?)

半田「あいつ、基本の技術力がかなり高いな……ここは」

A イスラス、ジェットと共に確実に奪いにいく
B 俺なら出来る!
C その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

42 :名無しさんと創る物語:2017/01/23(月) 23:54:58 ID:aFsRIIA2
A

43 :副キャプテン半田:2017/01/24(火) 00:02:37 ID:961jE0Kg
A イスラス、ジェットと共に確実に奪いにいく

半田「5人目のドリブラーだからと言ってやることは一つだ!」

イスラス「テクニックタイプか。興味はないが向かってくるのなら全力で止めさせてもらう!」

シェスター「フランツ・シェスター!オシテマイル!!」

★シェスター→ドリブル 20+! card = ★
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+! card =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 シェスターがドリブル突破
=1 こぼれ球をサスケがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を沖田がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

シェスターのカードがダイヤの時『テンイムホウ(+5)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

44 :名無しさんと創る物語:2017/01/24(火) 00:06:20 ID:???
★シェスター→ドリブル 20+ クラブ4 = ★

45 :名無しさんと創る物語:2017/01/24(火) 00:30:59 ID:???
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+ クラブ10 =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ3 = ★

46 :副キャプテン半田:2017/01/26(木) 19:48:36 ID:fcgRW/G+
★シェスター→ドリブル 20+ クラブ4 =24 ※反則発生! ★
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+ クラブ10 =31 ※負傷発生!
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =22
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ3 =20+(超反応+2)=22 ★
≦−2 ボールを奪取!……のはずがシェスターの反則に

シェスターの得意とするドリブルは基本的にテクニックで相手を翻弄するものである。
しかし、だからといってスピードやパワーがないかと言うとそうではない。

シェスター(さっきのドリブルが印象付いているはずだ。意表をついて一気に突破する!)グンッ

半田「そっちか!!」ダッ

ドゴオッ!

シェスター「うわっ!?」

半田「ぐがっ……!?」

ピィイイイイイイ!

強引に駆け抜けようとしたシェスターに立ちはだかった半田が倒されてしまい、結果シェスターの反則となった。

お裁き→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

Q,K→お咎めなし
8〜J→軽い注意
4〜7→厳重注意
A〜3→イエローカード
クラブA→レッドカード
JOKER→審判が謎のカードを取り出した

47 :名無しさんと創る物語:2017/01/26(木) 19:51:34 ID:???
お裁き→ ダイヤ10

48 :副キャプテン半田:2017/01/26(木) 20:32:49 ID:fcgRW/G+
お裁き→ ダイヤ10
8〜J→軽い注意

審判「試合開始早々に君たちのチームも反則食らってるから厳しくは言えないけど……気を付けてね?試合荒れるのとか嫌だから」

シェスター「すみません……」

シェスターが軽い注意を受けている一方で起き上がろうとした半田は、足に痛みを感じた。

半田「つっ……!」

イスラス「捻ってしまったか?」

半田「ああ、そうみたいだな……」

イスラス「下手に悪化する前に治療を受けたほうがいい。試合はまだまだこれからなんだからな」

まあ前半はもうすぐ終わるが、と付け加えるとイスラスは半田の意向を尋ねてきた。

半田(治療を受けにいくとその間に前半が終わる可能性もあるな。無理をしてでも出続けるべきかな?)

A 治療を受けに行く(dice分治療時間がかかります。グラウンドを出る前に味方に指示を出せます)
B このままプレーを続ける(ハーフタイムの行動に制限がかかります)
1票決です。ageでお願いします

49 :名無しさんと創る物語:2017/01/26(木) 20:35:24 ID:vNejmSx2


50 :副キャプテン半田:2017/01/26(木) 21:54:38 ID:fcgRW/G+
A 治療を受けに行く(dice分治療時間がかかります。グラウンドを出る前に味方に指示を出せます)

半田「やっぱり無理はしない方がいいよなぁ。後は頼むぜ」

イスラス「任せろ。ところでこのフリーキック後の攻撃については何かあるか?」

半田「そうだな……」

A 無理に攻めずにパス回しで時間を稼いでくれ
B 沖田を上がらせよう
C イスラスが上がってくれ
D ○○と○○がワンツーで攻めてくれ(相手の名前を記入してください)
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

51 :名無しさんと創る物語:2017/01/26(木) 21:55:28 ID:SpnLt9A6
B

52 :副キャプテン半田:2017/01/26(木) 22:14:05 ID:fcgRW/G+
B 沖田を上がらせよう

半田「(たまに使ってやれないといつ不満が爆発するか分からないからな)沖田を上がらせよう」

イスラス「了解。戻ってくる頃には三点差になってるから安心して治療に行ってきてくれ」

こうして半田がベンチに下がっていくと、既に木野が救急箱の用意をしてくれていた。

半田「テーピングとか出来るのか?」

木野「これでもマネージャー2年目だし、これぐらいなら任せて(円堂くんがよく無茶して怪我してるから慣れてるしね)」

治療時間→! dice分
!とdiceの間のスペースを埋めて書き込んで下さい

53 :名無しさんと創る物語:2017/01/26(木) 22:22:10 ID:???
治療時間→ 1

54 :名無しさんと創る物語:2017/01/26(木) 22:26:06 ID:???
早!

55 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 12:10:45 ID:???
百地ってプロフィールじゃ名GKとか言われてた気がするけどセーブは思ったより低いな
それに確か3年だったから来年GKの人材不足に苦しみそう

56 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 20:00:24 ID:B0zeeZvo
>>54 これは名マネージャーですね
>>55 イナズマイレブンの学年設定が主要人物以外でゲーム中に活かされることって、ついぞ有りませんでしたよね。

治療時間→ 1 分

ピィィッ!

イスラス「沖田!」バシッ

沖田「よーし!さっきのリベンジ!行かせてもらうよ!」ダダッ

霧隠「これ以上点差を広げられてたまるか!」

★沖田→ドリブル 19+! card = ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+! card =
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田が突破!
=1 こぼれ球を大矢がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を風魔がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

沖田のカードがダイヤの時『マルセイユルーレット(+3)』が発動します。
沖田のカードがハートの時『ストップ&ゴー(+3)』が発動します。

57 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 20:01:57 ID:B0zeeZvo
記入漏れ
サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します。

58 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 20:02:13 ID:???
★沖田→ドリブル 19+ スペード7 = ★

59 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 20:12:46 ID:???
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+ ダイヤJ =
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ スペードK = ★

60 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 20:21:20 ID:B0zeeZvo
★沖田→ドリブル 19+ スペード7 =26 ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+ ダイヤJ =28
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ スペードK =31 ★
≦−2 伊賀島ボールに

沖田「ハッハア!半田くんの無念は僕が華麗に……」

霧隠「あまり調子に乗るな!」ザァッ!

沖田「あれー!?」

実況『沖田くんあっさりボールを奪われてしまったー!』

ボールを持った霧隠がそのままサイドを駆け上がろうとすると、ベンチから早くも半田が戻ってきた。

半田「ふっかーつ!木野が予想以上に手先が器用だったぜ!」ダッ

61 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 20:26:35 ID:B0zeeZvo
霧隠「チッ!もう戻ってきたか!」

半田「これ以上は進ませないぜ!」

★霧隠→ドリブル 18+(軽症ペナ-1)+! card = ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 霧隠がドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

霧隠のカードがダイヤ・ハートの時『残像(+3)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

62 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 20:27:27 ID:???
★霧隠→ドリブル 18+(軽症ペナ-1)+ クラブ9 = ★

63 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 20:40:45 ID:???
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ハートQ = ★

64 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 21:55:24 ID:B0zeeZvo
★霧隠→ドリブル 18+(軽症ペナ-1)+ クラブ9 =26 ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =25+(サイクロンV2+3)=28
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ハートQ =29+(抉るタックル+2)=31 ★
≦−2 ボールを奪取!

霧隠「このまま終わられるものか!」

半田「はあっ!!」ガッ!

ピ、ピイイィィィ!

霧隠「……チクショウ!」

半田が霧隠からボールを奪うと同時に前半終了を告げるホイッスルが鳴った。

65 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 22:02:50 ID:B0zeeZvo
ハーフタイム 雷門ベンチ

赤井「いや〜、あのドリブルには度肝を抜かれたなぁ。忍者って本当にいたんだな」

沖田「というかあれ反則……ではないか」

二点差もあるということで雷門ベンチの雰囲気は緩みきってこそいないものの、かなり余裕を感じさせるものとなっていた。

半田(まあシュートも予想以上にあっさり決まってるし、これで気を引きしめろってのも無理な話だよな)

A ○○に話しかける(誰と話すか記入してください)
B 休むのに集中しよう(回復量+100)
C そこら辺をぶらぶらしてくる
D 忍者相手にあえて伊賀島ベンチに偵察しに行く
E フォーメーションの変更、アイテムの使用(※行動としてカウントされません)
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします
現在の半田のガッツ520/800

66 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 22:18:20 ID:disjV1WM
C

67 :副キャプテン半田:2017/01/27(金) 22:56:04 ID:B0zeeZvo
C そこら辺をぶらぶらしてくる

半田「ちょっと気分転換にそこら辺ぶらぶらしてくるよ」

アーサー「構わないが……無茶して怪我を悪化させたりはしないでくれよ?」

半田「はは、そんな簡単に悪化するわけないだろ」

フラグのような発言をしつつベンチから離れていく半田、しばらく歩くと……

半田も歩けば→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

K→レアアイテムゲット!
J,Q→アイテムゲット!
9,10→お金を拾った
4〜8→誰かと出会った
1,2,3→何もなかった
クラブA→トラップだ!
JOKER→激レアアイテムゲット

68 :名無しさんと創る物語:2017/01/27(金) 22:59:36 ID:???
半田も歩けば→ ハート6

69 :副キャプテン半田:2017/01/28(土) 21:42:51 ID:dfT42ASY
半田も歩けば→ ハート6
4〜8→誰かと出会った

半田「うん?あれは……」

半田の目の前に現れた人物。それは……

エンカウント→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→帝国戦を観に来てたジャージの男だ
ハート→赤髪の色白い少年がこっちを見ている
スペード・クラブ→新聞部の音無だった
JOKER→???

70 :名無しさんと創る物語:2017/01/28(土) 23:34:12 ID:???
エンカウント→ スペード9

71 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 22:20:59 ID:1o4cMkFY
エンカウント→ スペード9
スペード・クラブ→新聞部の音無だった

音無「あれ?半田先輩じゃないですか」

半田「おお、音無か。久しぶりだな」

遭遇したのは春先にインタビューを受けた新聞部の一年生、音無だった。
相変わらずの人懐っこい笑みを浮かべながらこちらに近づいてくる。

音無「こんな所でうろうろしてて大丈夫なんですか?」

半田「大丈夫大丈夫、割りとハーフタイムって自由だから。それより……」

A 観客席から見てて何か気付いたりしなかったか?
B この先当たりそうなチームについて調べてくれないか?
C その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

72 :名無しさんと創る物語:2017/02/10(金) 22:37:00 ID:DAHPc1wg
B

73 :名無しさんと創る物語:2017/02/10(金) 22:52:38 ID:???
お久しぶりです

74 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 23:05:52 ID:1o4cMkFY
>>73 しばらく更新できずに申し訳ありませんでした。またぼつぼつと進めて行きます

B この先当たりそうなチームについて調べてくれないか?

半田「新聞部の情報力を活かしてこの先当たりそうなチームについて調べてくれないか?俺たちいつもほとんど情報がない
状態で戦ってきてるからさ」

音無「そういうことならお任せください!出来る限り頑張っちゃいますよ!」

早速先輩に相談して来ます!と駆け出して行ってしまう音無。どうやらチームの指定はさせてくれないらしい。

半田「行ってしまった……まあいいか」

※次の試合開始前に音無がランダムで情報を持ってきてくれることになりました

75 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 23:22:38 ID:1o4cMkFY
伊賀島ベンチ

伊賀島「ええい!不甲斐ない!お前らはなにをやってるのだ!」

戦国伊賀島ベンチでは監督の老人が苛立たしげに杖を振りながら苦言を吐き捨てていた。

伊賀島「お前ら若いのには任せておけん!ここは儂自らが……」

霧隠「監督、それは無理です」

伊賀島「…………ええい!ならば中里!もういいじゃろう!?」

中里「…そうでゴザルな。試合も後半、そろそろ拙者も本気を出すべきでゴザルな」カチャカチャ スッ

ドゴッ!!!!

身を屈め、中里が両足首から外したなにかを外す。
中里が手放したそれは地面を深く凹まし、めり込むほどの重量の重りであった。

霧隠「はあ……その本気ってのはやっぱり前半から出しては貰えないのか?」

76 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 23:23:45 ID:1o4cMkFY
中里「拙者の力は本来、闇の中で生きる為の術。今は元の世界に戻る為にもサッカーに使っているが……それでもやはりケジメは付けねば」

ナルト「自分ルールってやつだな!分かるってばよ」

シェスター(ナカザトの本気ならそう簡単に相手を通すことは無い、まだ僕たちに勝機はある!)

中里に呼応し、仲間の士気も高まっていく。
呼吸を整え、短く瞑想をしてから忍は静かに闘志に燃える瞳を上げる。

中里「……さあ、参るでゴザル」

※中里が【重りを外した本気モード】を発動させました

77 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 23:24:51 ID:1o4cMkFY
雷門フォーメーション
−○−○− 大矢 飛田
−−○−− 半田
○−−−○ 沖田 イスラス
−−○−− ジェット
−−−−− 
−−−−−
○−○−○ 光明寺 赤羽 柔
−−○−− 赤井
−−○−− 円堂


戦国伊賀島フォーメーション
−−−−− 
○−−−○ ナルト 霧隠
−−−−−
○−−−○ シェスター サスケ
−−−−−
○−○−○ 初鳥 中里 風魔
−○−○− 高坂 児雷也
−−○−− 藤林
−−○−− 百地

78 :副キャプテン半田:2017/02/10(金) 23:30:18 ID:1o4cMkFY
実況『さあ!お互いにメンバー交代は無いままでいよいよ始まる後半戦!
二点という大きなリードを手にしている雷門は果たしてこのまま逃げ切れるのか!?それとも伊賀島が追い付くのか!?
一瞬たりとも目が離せません!!』

ピイイィィッ!

飛田「半田くん!」バシッ

半田(スーパーサブとかもいないみたいだな。さて……)

A ドリブルで中央突破を狙う
B イスラスに渡す
C 沖田に渡す
D ○○とワンツーで上がるぞ(相手の名前を記入してください)
E 大矢に切り込ませる
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

79 :名無しさんと創る物語:2017/02/11(土) 00:11:23 ID:DFiham0+
C

80 :副キャプテン半田:2017/02/11(土) 00:53:00 ID:ZWRAkND2
C 沖田に渡す

半田「ほらっ!今度こそ突破してくれよ!」ボスッ

沖田「期待しててよ!後半も僕のステージだ!!」ダダッ

サスケ「そろそろ本気を出させてもらう!」

★沖田→ドリブル 19+! card = ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+! card =
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田が突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を中里がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

沖田のカードがダイヤの時『マルセイユルーレット(+3)』が発動します。
沖田のカードがハートの時『ストップ&ゴー(+3)』が発動します。

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します。

81 :名無しさんと創る物語:2017/02/11(土) 02:29:14 ID:???
★沖田→ドリブル 19+ スペードK = ★

82 :名無しさんと創る物語:2017/02/11(土) 02:30:53 ID:???
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ ハート5 = ★

83 :副キャプテン半田:2017/02/11(土) 23:04:08 ID:ZWRAkND2
★沖田→ドリブル 19+ スペードK =32 ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =22
サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ ハート5 =24 ★
≧2 沖田が突破!

霧隠「はあああっ!!」ザァッ

沖田「邪魔だよ!」クルッ ダンッ

サスケ「その程度の回転するだけのフェイントが写輪眼に通用するものか!」

ババババッ!!! グルッ!グルルルッ!!!

サスケ「なっ!?」

沖田「ハッハア!いつもより多めに回っているよ!」

実況『沖田くん、独楽のような連続回転でサスケを全く寄せ付けない!そのまま抜き去っていきます!』

※【自称天才の閃き】により沖田がドリブルフラグを回収し、『マルセイユルーレット』の発動率が1/4から1/2になりました。

84 :副キャプテン半田:2017/02/11(土) 23:14:02 ID:ZWRAkND2
沖田「よーし!乗ってきた!このままゴールまで超特急だぁ!!」

中里「別にゴールまで行くのは構わないが、ボールは置いていってもらうでゴザル!」

★沖田→ドリブル 19+(NTLv1補正+1)+! card = ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+! card =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田が突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を児雷也がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

沖田のカードがダイヤ・ハートの時『マルセイユルーレット(+3)』が発動します。
沖田のカードがスペードの時『ストップ&ゴー(+3)』が発動します。

中里のカードがダイヤ・ハートの時『疾風迅雷脚(+3)』が発動します。
風魔のカードがダイヤ・ハートの時『蜘蛛の糸(+3、相手の直後の行動を-1)』が発動します。

85 :名無しさんと創る物語:2017/02/11(土) 23:14:58 ID:???
★沖田→ドリブル 19+(NTLv1補正+1)+ スペード5 = ★

86 :名無しさんと創る物語:2017/02/11(土) 23:17:24 ID:???
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ ダイヤJ =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ダイヤ10 = ★

87 :副キャプテン半田:2017/02/13(月) 22:07:09 ID:kk+QvqTk
★沖田→ドリブル 19+(NTLv1補正+1)+ スペード5 =25+(マルセイユルーレット+3)=28 ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ ダイヤJ =33+(疾風迅雷脚+3)=36
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ダイヤ10 =26+(蜘蛛の糸+3)=29 ★
≦−2 伊賀島ボールに

沖田「ほらほらほらぁ!止めてみなよ!!」グルンッ!グルンッ!

中里「言われなくとも!」

ダンッ!!!! シュバアアァァァ!!!

沖田「……ハァ?」

正に一瞬の出来事であった。中里が一歩踏み込むと同時に辺りに爆音が鳴り響き、気が付けば彼は既にボールを奪い沖田の背後に居た。

中里「ニンッ!!」タタタタタッ!

実況『は、速い!前半とは比べ物にならないスピードで中里くんが上がっていく!!雷門、これは油断できないぞ!?』

半田(な、何だよあいつ!?ど、どうする?ジェットと一緒に当たるか……?)

A なんかヤバそうだ、ジェットと連携する
B まずは小手調べだ。俺一人でいく
C その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

88 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 22:10:57 ID:xbzLltr6
A

89 :副キャプテン半田:2017/02/13(月) 22:28:52 ID:kk+QvqTk
A なんかヤバそうだ、ジェットと連携する

半田「(あいつ、まだ加速してやがる。ヤバい……!)ジェット!ここは確実に抑えるぞ!」

ジェット「……」コクリッ

初速から尋常でない速度を叩き出している中里であるが、まだまだトップギアではないようだ。
これには流石の半田も焦りを覚え、必死に食らい付きジェットと連携が取れる位置まで下がってきた。

中里「ここから反撃の狼煙を上げるでゴザル!」

★中里→ドリブル 21+! card = ★
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 中里がドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

中里のカードがダイヤ・ハートの時『分身ドリブル(+5)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

90 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 22:32:58 ID:???
★中里→ドリブル 21+ ダイヤJ = ★

91 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 22:40:43 ID:???
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+ ダイヤ5 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ3 = ★

92 :副キャプテン半田:2017/02/13(月) 22:45:13 ID:???
結果には影響がありませんでしたが半田には(軽症ペナ-1)がついておりました。
結果にて修正させていただきます。

93 :副キャプテン半田:2017/02/13(月) 23:22:15 ID:kk+QvqTk
★中里→ドリブル 21+ ダイヤJ =32+(分身ドリブル+5)=37 ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =25+(サイクロンV2+3)=28
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ3 =20+(超反応+2)=22 ★
≧2 中里がドリブル突破

半田たちの年齢、中学生の時期においては突如として頭角を現す選手が出てくることは珍しいことではない。
ふとした切欠さえ有れば眠っていた才能は思っていたよりも簡単に目覚めるものである。
周りがそんな成長期の真っ只中、中里正人は───彼は既に選手として成長の余地がほぼ無いほど完成されていた。

中里「ふんっ!!」

シュバババババババッ!!!

半田「お前も分身するのかよ!」

中里「あいにくナルトと違ってただの残像だがな。それでもお主らを抜くには十分でゴザル」ダッッッ!!!

忍者として幼い頃より身に刻み込んできた技をそのまま使う中里にとって、
プレースタイルはサッカーを始める前から出来上がっていた。
それはこれから先の変化の可能性の否定にも繋がったが、同時に彼の中に確固たる強い基盤を作り上げた。

ジェット「……」ズシャァッ!!

中里「はっ!!」

実況『半田くんとジェットくんの二人がかりでも止められない!マズい!これは非常にマズいです!!』

94 :副キャプテン半田:2017/02/13(月) 23:30:07 ID:kk+QvqTk
光明寺(これは……油断してたらすぐに追い付かれかねないな。俺でも止められるか怪しいが……やるしかないな)

中里「ゴールはすぐそこ、一気に攻め立てる!」

★中里→ドリブル 21+! card = ★
★光明寺→タックル 18+! card = ★

≧2 中里がドリブル突破
=1 こぼれ球を霧隠がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を赤羽がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

中里のカードがダイヤ・ハートの時『分身ドリブル(+5)』が発動します

光明寺のカードがクラブ以外の時『頭脳的なタックル(+3)』が発動します

95 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 23:31:28 ID:???
★中里→ドリブル 21+ スペードA = ★

96 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 23:38:09 ID:???
★光明寺→タックル 18+ ダイヤ4 = ★

97 :名無しさんと創る物語:2017/02/13(月) 23:45:26 ID:???
おっしゃ、カウンターだ

98 :副キャプテン半田:2017/02/14(火) 23:25:58 ID:RnEfwRb6
>>97 ここでシュートチャンスを潰せたのは大きいですね、中里もいませんし
ちゃちゃっと攻められれば一気にダイジェストチャンスです。

★中里→ドリブル 21+ スペードA =22 ★
★光明寺→タックル 18+ ダイヤ4 =24+(頭脳的なタックル+3)=27 ★
≦−2 ボールを奪取!

光明寺「(こいつの分身ドリブルは単純に移動速度によるものだ、なら俺と接触する時の地点の予測さえ立てられれば)ここだ」ザァッ

中里「なんと!?」

実況『光明寺くん、最小限の動きで中里くんからボールを刈り取ってみせた!抜群の安定感です!』

半田「いいぞ光明寺!」

A そのままクリアだ!
B 赤羽に渡してパスで繋げさせてくれ!
C その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

99 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 01:35:10 ID:lK6KaqpI
A

100 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 19:24:26 ID:AqebnZnQ
A そのままクリアだ!

光明寺「了解だ」バゴォッ

実況『光明寺くんのクリア!ここで抑えられれば雷門にチャンスが訪れますが!?』

クリア→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田がトラップ
ハート・スペード→イスラスとシェスターの競り合いに
クラブ→沖田とサスケの競り合いに
JOKER→???

101 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 19:50:11 ID:???
クリア→ クラブ4

102 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 19:50:34 ID:???
クリア→ ダイヤ6

103 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 20:27:29 ID:AqebnZnQ
クリア→ クラブ4
クラブ→沖田とサスケの競り合いに

沖田「オーライオーライ!このままリベンジさぁ!」バッ

サスケ「貰った!!」バッ

★沖田→せりあい 15+! card = ★
★サスケ→せりあい 19+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田がボールを確保
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を風磨がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

104 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 20:44:13 ID:???
★沖田→せりあい 15+ スペード6 = ★

105 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 21:04:49 ID:???
★サスケ→せりあい 19+ クラブK = ★

106 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 22:21:14 ID:zkBcExAM
★沖田→せりあい 15+ スペード6 =21 ★
★サスケ→せりあい 19+ クラブK =32 ★
≦−2 伊賀島ボールに

沖田「僕の強靭なフィジカルにかかればモヤシっぽい君なんて……」

サスケ「忍をナメるなよ!」シュバッ!

普段から樹上で飛んだり跳ねたりしているだけあって、サスケは抜群のバランス感覚で高く高く跳び上がる。

サスケ「そろそろ決めさせてもらうぞ!」ダダッ

実況『おっーと、ボールを持ったサスケくんがそのままサイドを駆け上がっていきます!』

107 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 22:25:58 ID:zkBcExAM
半田「(この位置からじゃ俺は間に合わないな、まあでもあいつのドリブル大したことなかったし大丈夫だろ)頼むぞジェット!」

ジェット「……」

サスケ「抜く!」

★サスケ→千鳥 19+(! dice)+! card = ★
★ジェット→タックル 16+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 サスケがドリブル突破
=1 こぼれ球を霧隠がフォロー
=0 ラインを割る(カードの合計が偶数なら攻撃側ボールに)
=−1こぼれ球を半田がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

108 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 22:26:25 ID:???
★サスケ→千鳥 19+( 3 )+ クラブ4 = ★

109 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 22:32:59 ID:???
★ジェット→タックル 16+ ハート7 = ★

110 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 23:02:48 ID:???
訂正 スキル・【超反応】の効果で−1の分岐は正しくはジェットがフォローでした

★サスケ→千鳥 19+( 3 )+ クラブ4 =26 ★
★ジェット→タックル 16+ ハート7 =23+(抉るタックル+2)=25 ★
=−1こぼれ球をジェットがフォロー

サスケ「千鳥!」ダッッッ!!!

ジェット「……」シュパァッ!

高速で突っ込んでくるサスケに向かって飛び掛かるジェット。一瞬の交差の末、ボールは弾かれどちらの足元にも収まらなかった。

サスケ「ぐっ!フォロー……」

ジェット「……」シュバンッ!

しかしこれはジェットが持ち前の反射ですかさずフォローし、結果的に見事ボールを奪ってみせた。

半田(さすがジェットだな。さてここから……)

A ドリブルで中央突破を狙う、俺にくれ
B イスラスに回せ
C 沖田に渡せ
D ○○とワンツーで上がってくれ(相手の名前を記入してください)
E 一旦仕切り直す為にクリアしてくれ!
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

111 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 23:05:50 ID:???
=1 こぼれ球を霧隠がフォローじゃないんですか?

112 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 23:07:04 ID:lK6KaqpI
B すいません、超反応のところを見ていませんでした

113 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 23:09:03 ID:???
>>111 すみません、こちらのミスです。正しくは=1ですがどちらにせよ【超反応】の効果でジェットのフォローとなりますので
このまま進めてください。

114 :副キャプテン半田:2017/02/15(水) 23:19:08 ID:zkBcExAM
B イスラスに回せ

半田「(ここは確実に戦線を上げておきたいな)ジェット、イスラスに頼む!」

ジェット「……」コクリッ

シェスター「ここで止めてみせる!(さっきのあり得ない動き……まさか彼もどこかの里のニンジャか?)」

★ジェット→バナナパス 19+! card = ★
★シェスター→パスカット 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 イスラスにボールが渡る!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を中里がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

シェスターのカードがダイヤ・ハートの時『ホウセンカ(+3)』が発動します

115 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 23:25:09 ID:???
★ジェット→バナナパス 19+ ハートK = ★

116 :名無しさんと創る物語:2017/02/15(水) 23:36:23 ID:???
★シェスター→パスカット 18+ ダイヤA = ★

117 :副キャプテン半田:2017/02/17(金) 23:22:50 ID:WXbhmkY+
★ジェット→バナナパス 19+ ハートK =32 ★
★シェスター→パスカット 18+ ダイヤA =19+(ホウセンカ+3)=22 ★
≧2 イスラスにボールが渡る!

シェスター「いくぞ!ニンポー・ホウセンカ!!」

ギュルルルルンッ!

半田「な!?(なんだあの動きは!?)」

螺旋を描く奇妙な動きでパスカットに向かうシェスターは奇想天外な動きだが確実にボールに迫っていった。

シュウウウウウッ!!

シェスター「ぬ……!ここで曲がるのか!」

しかしジェットのバナナパスはシェスターの予想を裏切り、強烈な横回転により彼を避けるようにイスラスの足元へ飛んでいく。

※ジェットにパスフラグが立ちました

118 :副キャプテン半田:2017/02/17(金) 23:30:45 ID:WXbhmkY+
イスラス「ナイスだジェットよ後は俺に任せてくれこのままゴールまで突っ切ってみせる!」

いつもの如く早口で喋りながらゴールを目指すイスラスの前に、既に戻ってきていた中里が立ち塞がる。

中里「前半は不覚をとったが今度はそうはいかないでゴザル!!」

イスラス「ほう面白い全力のお前と勝負してみたいと思っていたところだここで雌雄を決させてもらうぞ!」

★イスラス→ドリブル 21+! card = ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+! card =
初鳥→タックル 14+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 イスラスが突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を風魔がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

イスラスのカードがダイヤの時『高速ドリブル(+4)』が発動します
イスラスのカードがハート・スペードの時『加速ドリブル(+2)』が発動します

中里のカードがダイヤ・ハートの時『疾風迅雷脚(+3)』が発動します

119 :名無しさんと創る物語:2017/02/17(金) 23:31:42 ID:???
★イスラス→ドリブル 21+ クラブ8 = ★

120 :名無しさんと創る物語:2017/02/17(金) 23:41:00 ID:???
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ ダイヤK =
初鳥→タックル 14+(人数補正+1)+ ハート6 = ★

121 :副キャプテン半田:2017/02/17(金) 23:54:40 ID:WXbhmkY+
★イスラス→ドリブル 21+ クラブ8 =29 ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ ダイヤK =35+(疾風迅雷脚+3)=38
初鳥→タックル 14+(人数補正+1)+ ハート6 =21 ★
≦−2 伊賀島ボールに

ガッ!!!

共に高速ですれ違った二人。観客からはなぜそうなったかは認識することはできなかったが、中里がいつの間にかボールを手に入れていた。

イスラス「……見事だ!」

中里「ニンニン。そちらも天晴れでゴザった」タタタッ

実況『またもや中里くんが上がってくる!後半に入ってからまるで別人のような活躍を見せています!』

122 :副キャプテン半田:2017/02/17(金) 23:58:20 ID:WXbhmkY+
半田「クッ……!またか!ジェット、今度こそ俺たちで止めるぞ!」

ジェット「……」コクリッ

中里「何度でも突破してみせるでゴザル!」

★中里→ドリブル 21+! card = ★
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 中里がドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

中里のカードがダイヤ・ハートの時『分身ドリブル(+5)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

123 :副キャプテン半田:2017/02/18(土) 00:30:53 ID:???
またもややってしまいましたが半田には(軽症ペナ-1)がついております。やっぱり思考停止でコピペしちゃダメだなぁ……

124 :名無しさんと創る物語:2017/02/18(土) 01:12:39 ID:???
★中里→ドリブル 21+ ハートA = ★

125 :名無しさんと創る物語:2017/02/18(土) 01:15:26 ID:???
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+ スペードJ =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ハート10 = ★

126 :副キャプテン半田:2017/02/18(土) 23:40:06 ID:9SARskfw
★中里→ドリブル 21+ ハートA =22+(分身ドリブル+5)=27 ★
★半田→タックル 20+(合計補正±0)+ スペードJ =31
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ハート10 =27+(抉るタックル+2)=29 ★
≦−2 ボールを奪取!

半田「(あの厄介なドリブルを出される前に止める!)だあああ!!」ザァッ!!

中里「ぬ、ぬぅ……!?」

中里がフェイントに入るよりも早く接近し、タックルを仕掛けることで半田はボールを奪うことに成功した。

半田「うしっ!!ここから……」

A ドリブルで中央突破を狙う
B イスラスに渡す
C 沖田に渡す
D ○○とワンツーで上がるぞ(相手の名前を記入してください)
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

127 :名無しさんと創る物語:2017/02/18(土) 23:57:36 ID:22UhNjUk
B

128 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 00:08:01 ID:qH7l5CF2
B イスラスに渡す

半田「(あのボランチがいないうちに)イスラス……」

半田がイスラスへのパスコースへと目を向けるとそこにシェスターが滑り込んでくる。

シェスター「おっと!通すわけにはいかないな!」

半田(こいつがいたか。ここは確実に通したいところだけど久しぶりにミラージュパスを使うか?)

A 公式戦では初使用のミラージュパスを受けてみろ!(パス値25 吹っ飛び係数4、120消費)
B ガッツ消費を抑えるためにここはピンポイントパスだ(パス値22、60消費)
C ここはあえて普通のパスだ
現在の半田のガッツ 590/800
1票決です。ageでお願いしま

129 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 05:44:21 ID:M7+ppJYk


130 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 22:03:15 ID:qH7l5CF2
B ガッツ消費を抑えるためにここはピンポイントパスだ(パス値22、60消費)

半田「(いやあれ疲れるしな、ここはピンポイントパスで十分だよな)いくぜっ!」バシュッ!!

シェスター「今度こそ防ぐ!」バッ

★半田→ピンポイントパス 22+(軽症ペナ-1)+! card = ★
★シェスター→パスカット 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 イスラスにボールが渡る!
=1 こぼれ球を沖田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をサスケがフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

シェスターのカードがダイヤ・ハートの時『ホウセンカ(+3)』が発動します

131 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 22:09:52 ID:???
★半田→ピンポイントパス 22+(軽症ペナ-1)+ スペード2 = ★

132 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 22:13:05 ID:???
★シェスター→パスカット 18+ スペードJ = ★

133 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 22:41:08 ID:???
仮にミラージュパス使っていても取られていたな…

134 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 22:50:36 ID:qH7l5CF2
>>133 ですね。無駄なガッツを消費しなかったのは不幸中の幸いでした

★半田→ピンポイントパス 22+(軽症ペナ-1)+ スペード2 =23 ★
★シェスター→パスカット 18+ スペードJ =29 ★
≦−2 伊賀島ボールに

半田「グッ!?」グラッ

ボールを蹴り出す直前、体重をかけた瞬間に半田の軸足に鈍い痛みが走った。
痛みによりバランスを崩しながら、それでもなんとかパスを出したがその程度の精度で抜けるほどシェスターは甘くなかった。

シェスター「たあっ!!」トッ タタタッ

半田「し、しまった!」

135 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:02:12 ID:qH7l5CF2
シェスター「中里!ここは二人でいくぞ!」バシッ

中里「承知!」バシュッ

ドリブルで攻めあぐねている現状を打破すべく、シェスターは中里とのワンツーでの突破を選択したようである。

ジェット「……」

沖田「予め中央に寄ってて良かったよ!ジェットくん、こっちも二人がかりでいこう!」

ジェット「……」コクリッ

中里「我らの連携、そう簡単に破れるとは思わないほうがいいでゴザルよ!」

★シェスター→ワンツー 20+! card =
中里→ワンツー 20+! card = ★
★沖田→パスカット 15+(人数補正+1)+! card =
ジェット→パスカット 15+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ワンツーで突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

沖田のカードがダイヤ・ハートの時『ムーンサルトパスカット(+3)』が発動します
ジェットのカードがダイヤ・ハートの時『伸びるパスカット(+2)』
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

136 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:05:20 ID:???
★シェスター→ワンツー 20+ クラブ5 =
中里→ワンツー 20+ ダイヤQ = ★

137 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:07:21 ID:???
★沖田→パスカット 15+(人数補正+1)+ スペード3 =
ジェット→パスカット 15+(人数補正+1)+ スペードQ = ★

138 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:15:26 ID:qH7l5CF2
★シェスター→ワンツー 20+ クラブ5 =25
中里→ワンツー 20+ ダイヤQ =32 ★
★沖田→パスカット 15+(人数補正+1)+ スペード3 =19
ジェット→パスカット 15+(人数補正+1)+ スペードQ =28 ★
≧2 ワンツーで突破

シェスター「それっ!」バッ

中里「ニンッ!」バッ

ジェット「……」スカッ

沖田「うっ……!」

シェスター「これぞニンポー・アウンノコキュウ!」

中里「シェスター、それは忍術ではなく慣用句でゴザルよ」

ふざけた会話をしながらも二人はハイレベルなパス交換を正確にし続け、沖田たちを軽々とかんしていく。

139 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:20:37 ID:qH7l5CF2
柔「くっ!俺がなんとか止めるしかないッス!」

シェスター「さあ!そろそろ一点変えさせてもらうよ!」

★シェスター→ワンツー 20+! card =
中里→ワンツー 20+! card = ★
★柔→パスカット 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ニンジャコンビがPA内に侵入
=1 こぼれ球をナルトがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を赤羽がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

140 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:21:30 ID:???
★シェスター→ワンツー 20+ ハート10 =
中里→ワンツー 20+ クラブA = ★

141 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:28:01 ID:???
★柔→パスカット 18+ スペード2 = ★

142 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:47:43 ID:qH7l5CF2
★シェスター→ワンツー 20+ ハート10 =30
中里→ワンツー 20+ クラブA =21 ★
★柔→パスカット 18+ スペード2 =20 ★
≧2 ニンジャコンビがPA内に侵入

中里「はぁっ!」ダンッ スッ……

柔「な!?き、消えたッスか!?」

柔の視界から突然、パスを受けようと動いていた中里が消えた。これに警戒した柔が中里の姿を探そうと視線を移すと……

中里「ふ、不覚……」

柔「……はっ!しまった!」バッ

シェスター「ナイス陽動だ、中里!」

そこには無様に転んで倒れている中里がいた。柔がそちらに気を取られているうちにシェスターはPA内に侵入する。

シェスター「よし!ナルト!頼むぞ!」バシッ

ナルト「任せろってばよ!!」ボフンッ

ボールを受け取り、分身を生み出すナルトを見て雷門ディフェンス陣に緊張が走る。

赤井「またあれが来るぞ!」

赤羽「今度も止める!!」

143 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:53:05 ID:qH7l5CF2
円堂「来い!!」グッ

ナルト「今度こそ決めるってばよ!螺 旋 丸!!!!」

ドギュウゥゥッッッッッッ!!!!

★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+! card = ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+! card =
円堂→パンチング 23+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がフォロー)(シェスターがフォロー)(光明寺がフォロー)
≦−2 雷門ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ナルトの螺旋丸がゴールに突き刺さる
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(光明寺がフォロー)
≦−2 円堂が螺旋丸を抑え込む!


144 :副キャプテン半田:2017/02/19(日) 23:54:13 ID:qH7l5CF2
ナルトの『螺旋丸』には2の吹っ飛び係数があります
ナルト スキル・【ド根性(ビハインド時に任意技判定+1)】

赤羽のカードがダイヤの時『ディメンジョンブロック(+5、ポスト判定発生、150消費)』が発動します
赤羽のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードがダイヤの時『顔面ブロック(+6、150消費)』が発動します
赤井のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードが2以下の場合、スキル・【集中】により数値が+1されます
円堂のカードがダイヤの時『正義の鉄拳(+5)』が発動します
円堂のカードがハートの時『爆裂パンチ(+4)』が発動します
円堂のカードがスペードの時『熱血パンチ(+2)』が発動します

145 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:54:37 ID:???
★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+ ダイヤK = ★

146 :名無しさんと創る物語:2017/02/19(日) 23:58:43 ID:???
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ スペード8 =
円堂→パンチング 23+ ハート7 = ★

147 :副キャプテン半田:2017/02/22(水) 22:37:55 ID:UnQQrKec
★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+ ダイヤK =41 ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =24+(ディメンジョンブロック+5)=29
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ スペード8 =29
円堂→パンチング 23+ ハート7 =30+(爆裂パンチ+4)=34 ★

ギュゴオオオオォォォォォッッ!!!

前半に放たれたものよりも激しい回転音を挙げながら、螺旋丸は真っ直ぐゴールへと飛来する。

赤羽「はあっ!!……ぐぅっ!?」バッ バギィッ

赤羽は先程と同じように蹴り上げようとしたが、予想外の威力に押し負けて地面に叩き付けられてしまう。

赤井「ぐ…おおおおお!!」ドゴォッ

正面から受け止めようとした赤井も同様に吹き飛ばされ、シュートを阻む者は円堂だけとなってしまった。

円堂「うおおおおおお!!」バババババッ

円堂は迫り来るボールに向かって拳を全力で何回も叩き込む。しかし、それでもなお螺旋丸は威力を失わず……

円堂「ぐがぁっ!?」ドガァッ

ザシュウウウゥゥゥゥッッッ!!

ピイイイイィィィィィィィィィィィッ!!

雷門 2−1 戦国伊賀島

148 :副キャプテン半田:2017/02/22(水) 22:39:21 ID:UnQQrKec
実況『ああーーー!!後半18分、雷門ここでまさかの失点です!』

ナルト「よっしゃあああ!!やったってばよ!」

中里「ニン。見事でゴザった」

シェスター「でも勝つにはあと二点必要なんだ。更に攻撃的にいかないと」

逆転の兆しが見えた伊賀島メンバーが喜ぶ一方、雷門はというと……

赤井「いてて……みんな怪我は無いか?」

赤羽「ああ……」

円堂「クッソー!やられた!」

光明寺「あのボランチ……中里と言ったか。あいつを放っておいたら厄介なことになるな」

赤井「だな。なにかしらの対策を考えないと」

久々の失点であるが特に動揺することもなく、早くも次へと切り替えていた。

半田(よし、メンタル面はみんな大丈夫そうだな。しかしまだ一点リードしているとは言え油断はできない……)


A 攻撃は最大の防御!変わらず強気で攻め続けるぞ!
B あの中里って奴を自由にさせないためにもマークをつけるぞ(更に分岐)
C 無理に攻めることはない、パス回しで時間を潰していこう
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

149 :名無しさんと創る物語:2017/02/22(水) 22:40:33 ID:OUBHsMYg
A

150 :副キャプテン半田:2017/02/22(水) 23:02:56 ID:UnQQrKec
A 攻撃は最大の防御!変わらず強気で攻め続けるぞ!

半田「伊賀島の前線メンバーは全員侮れない実力を持っているみたいだからな。下手に引いて守るとピンチを招く恐れがある。
だからここは恐れずに攻撃を続行させるべきだと思うんだ」

イスラス「確かに一理あるな」

円堂「よし。なら半田の言う通り最後までガンガンいこうぜ!」

一同『おう!』

151 :副キャプテン半田:2017/02/22(水) 23:11:00 ID:UnQQrKec
実況『一点差を詰められてしまった雷門ですが以前一点のリードを保っています!果たしてこれを守れるか!?』

ピイイィィッ!

大矢「半田!」バシッ

半田(さーてと、できればあの中里を避けたいけど中央に陣取ってからな……ちょっと難しいか?)

A ドリブルで中央突破を狙う
B イスラスに渡す
C 沖田に渡す
D ○○とワンツーで上がるぞ(相手の名前を記入してください)
E 大矢に切り込ませる
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

152 :名無しさんと創る物語:2017/02/22(水) 23:12:40 ID:OUBHsMYg
D 沖田

153 :副キャプテン半田:2017/02/22(水) 23:27:37 ID:UnQQrKec
D 沖田とワンツーで上がるぞ

半田「沖田!行くぞ!」バシッ

沖田「オーケー!半田くん!」バシュッ

シェスターのいるサイドを崩すのは難しいと考えた半田は左サイドの沖田と共に上がっていくことにした。

霧隠「出鼻を挫いてやる!」バッ

★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+! card =
沖田→ワンツー 15+! card = ★
★霧隠→パスカット 17+(人数補正+1)+! card =
サスケ→パスカット 19+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 二人が突破!
=1 こぼれ球を大矢がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をナルトがフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

154 :名無しさんと創る物語:2017/02/22(水) 23:32:45 ID:???
★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ ハートQ =
沖田→ワンツー 15+ クラブ9 = ★

155 :名無しさんと創る物語:2017/02/22(水) 23:38:12 ID:???
★霧隠→パスカット 17+(人数補正+1)+ ハート7 =
サスケ→パスカット 19+(人数補正+1)+ スペード2 = ★

156 :副キャプテン半田:2017/02/23(木) 22:50:58 ID:NOz/gjtY
★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ ハートQ =31
沖田→ワンツー 15+ クラブ9 =24 ★
★霧隠→パスカット 17+(合計補正±0)+ ハート7 =24
サスケ→パスカット 19+(人数補正+1)+ スペード2 =22 ★
≧2 二人が突破!

半田「はっ!」シュッ

霧隠「おのれ……!」

沖田「ハッハア!」バコッ

サスケ「くっ……!」

実況『半田くんと沖田くんが共に安定したパスワークで左サイドを上がっていく!
しかし前方に後半に入ってから八面六臂の活躍を見せる中里くんが構えております!』

157 :副キャプテン半田:2017/02/23(木) 23:00:50 ID:NOz/gjtY
中里「(時間は残り少ない、ここで確実に奪わなくては!)ニンッ!」バッ

風魔「俺たちも中里のサポートをするんだ!」

高坂「奪えなくてもコースを塞ぐことぐらいは!」

半田「ぞろぞろと!まとめて一気に突破してやる!」

★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+! card =
沖田→ワンツー 15+! card = ★
★中里→パスカット 21+(人数補正+2)+! card =
風魔→パスカット 14+(人数補正+2)+! card =
児雷也→パスカット 14+(人数補正+2)+! card =
高坂→パスカット 16+(人数補正+2)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 二人が突破!
=1 こぼれ球を大矢がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を初鳥がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

中里のカードがダイヤ・ハートの時『縮地法(+3)』が発動します

158 :名無しさんと創る物語:2017/02/23(木) 23:01:36 ID:???
★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ JOKER =
沖田→ワンツー 15+ ハート7 = ★

159 :名無しさんと創る物語:2017/02/23(木) 23:13:27 ID:???
★中里→パスカット 21+(人数補正+2)+ ダイヤ10 =
風魔→パスカット 14+(人数補正+2)+ スペードJ =
児雷也→パスカット 14+(人数補正+2)+ ダイヤQ =
高坂→パスカット 16+(人数補正+2)+ クラブ7 = ★

160 :名無しさんと創る物語:2017/02/23(木) 23:26:52 ID:???
なん…だ…と…

161 :副キャプテン半田:2017/02/23(木) 23:36:54 ID:NOz/gjtY
>>160 JOKER出た時に勝ったと思ったんですけどね、こう容易く望みを絶つとは汚いなさすが忍者きたない

★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ JOKER =34
沖田→ワンツー 15+ ハート7 =22 ★
★中里→パスカット 21+(人数補正+2)+ ダイヤ10 =33+(縮地法+3)=36
風魔→パスカット 14+(人数補正+2)+ スペードJ =27
児雷也→パスカット 14+(人数補正+2)+ ダイヤQ =28
高坂→パスカット 16+(人数補正+2)+ クラブ7 =25 ★
≦−2 伊賀島ボールに

半田(あ……この感じはいけるな)

中里が接近してくるなか、半田の視界はクリアになり通すべきパスコースが瞬時に目の前に浮かび上がった。
極限まで高められた集中力が引き起こす、魔法の時間──ゾーンに突入した半田のパスに触れられる者はいない……筈であった。

中里「縮地!!」シュンッ!! トンッ

半田「……は?」

今まで中里が見せた動きの最高速度をもってしても追い付けない位置に出した筈のパスは、今まで見せていなかった
特殊な技法を用いた歩術により捕らえられてしまった。

実況『…………は!一瞬の出来事に思わず思考が飛んでしまいましたが、どうやら中里くんが半田君のパスを奪ったようです!』

半田(バ、バカな!?この俺が……この俺の最高のパスが防がれただと……!?)

162 :副キャプテン半田:2017/02/23(木) 23:45:27 ID:NOz/gjtY
沖田「半田くん!ボーッとしている暇はないよ!」ダダッ

半田「お、おう!」ダッ

ベストコンディションでは無かったとはいえ、得意分野で完全敗北してしまった半田が少なからず
ショックを受けている間にも伊賀島は雷門ゴールへと進行を続けていた。
中央を突き進む中里をジェットと全速力で戻ってきたイスラスが迎え撃つ。

イスラス(サポートにはなるだろうが、俺では奴のドリブルを防ぐのは難しいだろう。頼むぞジェット!)

ジェット「……」ザッ!

中里「いざ参る!」

★中里→ドリブル 21+! card = ★
★イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 中里がドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

中里のカードがダイヤ・ハートの時『分身ドリブル(+5)』が発動します

ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

163 :名無しさんと創る物語:2017/02/24(金) 01:16:49 ID:???
★中里→ドリブル 21+ ダイヤ9 = ★

164 :名無しさんと創る物語:2017/02/24(金) 03:10:24 ID:???
★イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ハート7 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ダイヤA = ★

165 :副キャプテン半田:2017/02/25(土) 22:35:58 ID:F8/xvzfg
★中里→ドリブル 21+ ダイヤ9 =30+(分身ドリブル+5)=35 ★
★イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ハート7 =25
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ ダイヤA =18+(屠るタックル+4)=22 ★
≧2 中里がドリブル突破

イスラス「止まれ!」

ジェット「……」シュバァッ!

中里「甘いでゴザル!!」シュババババッ

イスラスとジェットを相手取っても中里は少しも時間をかけることなく、あっさりと突破してみせる。

赤羽(このまま来るか!?)

中里がドリブルでそのまま突っ込んでくると考えた赤羽は身構えるが、ここで中里は意外な行動を取る。

166 :副キャプテン半田:2017/02/25(土) 22:43:05 ID:F8/xvzfg
中里「頼むでゴザルよ!」バゴッ

赤井(浮き玉……ダイレクトでくるのか?)

光明寺(いや、これは……! そういうことか)

霧隠「うおおおお!!(あいつらのお膳立てをするのなんて嫌だけど……負けるのはもっと嫌だ!)」バッ

★霧隠→ポストプレー 19+(軽症ペナ-1)+! card =★
★光明寺→クリア 13+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ナルトが万全の状態でシュート体勢に
=1 こぼれ球をサスケがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を赤羽がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

167 :名無しさんと創る物語:2017/02/25(土) 23:34:34 ID:???
★霧隠→ポストプレー 19+(軽症ペナ-1)+ クラブ10 =★

168 :名無しさんと創る物語:2017/02/25(土) 23:58:49 ID:???
★光明寺→クリア 13+ スペード10 = ★

169 :副キャプテン半田:2017/02/26(日) 23:29:28 ID:zxWoxWgM
★霧隠→ポストプレー 19+(軽傷ペナ-1)+ クラブ10 =28 ※負傷悪化★
★光明寺→クリア 13+ スペード10 =23 ★
≧2 ナルトが万全の状態でシュート体勢に

光明寺「はあっ!!」バッ

霧隠「負けるかぁ!」バッ

霧隠は全力で光明寺よりも速く、そして高く跳び上がったがその代償として治療した傷口が再び開いてしまった。

霧隠「ぐぅっ!……決めてこい!!」バコッ

※霧隠の状態が「軽傷治療済」から「軽傷LV2未治療」に悪化しました。

170 :副キャプテン半田:2017/02/26(日) 23:32:13 ID:zxWoxWgM
ナルト「霧隠!お前らが繋いだボール、確かに受け取ったってばよ!」

赤井「チィ!あと少しだってっのに!」

円堂「ここを凌ぎきれば勝利は目前だ!絶対に止めるぞ!!」

ナルト「負けるわけにはいかねえ!螺旋丸!!!」

ドギュウゥゥッッッッッッ!!!!

★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+(ポストプレー補正+1)+! card = ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+! card =
円堂→パンチング 23+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(サスケがフォロー)(こぼれ球を奪い合いに)(柔がフォロー)
≦−2 雷門ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 ナルトが同点弾を挙げる
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(サスケがねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(柔がフォロー)
≦−2 円堂が螺旋丸を抑え込む!

171 :副キャプテン半田:2017/02/26(日) 23:33:51 ID:zxWoxWgM
ナルトの『螺旋丸』には2の吹っ飛び係数があります
ナルト スキル・【ド根性(ビハインド時に任意技判定+1)】

赤羽のカードがダイヤの時『ディメンジョンブロック(+5、ポスト判定発生、150消費)』が発動します
赤羽のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードがダイヤの時『顔面ブロック(+6、150消費)』が発動します
赤井のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードが2以下の場合、スキル・【集中】により数値が+1されます
円堂のカードがダイヤの時『正義の鉄拳(+5)』が発動します
円堂のカードがハートの時『爆裂パンチ(+4)』が発動します
円堂のカードがスペードの時『熱血パンチ(+2)』が発動します

172 :名無しさんと創る物語:2017/02/27(月) 00:01:39 ID:???
★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+(ポストプレー補正+1)+ ダイヤ8 = ★

173 :名無しさんと創る物語:2017/02/27(月) 00:02:52 ID:???
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ クラブ4 =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ クラブJ =
円堂→パンチング 23+ ダイヤA = ★

174 :名無しさんと創る物語:2017/02/27(月) 21:45:57 ID:???
マモレナカッタ…

175 :副キャプテン半田:2017/02/27(月) 23:51:18 ID:0u8kce/g
>>174 珍しく守備陣がヘタれてしまいましたね……

★ナルト→螺旋丸 27+(ド根性+1)+(ポストプレー補正+1)+ ダイヤ8 =37 ★
★赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ クラブ4 =24 吹っ飛び! ※負傷発生
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ クラブJ =32 吹っ飛び!
円堂→パンチング 23+ ダイヤA =24+(正義の鉄拳+6)=30 吹っ飛び!★
≧2 ナルトが同点弾を挙げる

ギュルルルルルルルゥゥゥッッ!!!

赤羽「ぐはっ!?……ぐっ!!」ドゴッ メシャッ

赤井「ちっ……くしょう!!」ドシャァッ!

まるで少し前の失点した場面のリピート映像であるかのように、雷門の守りは圧倒的な回転力の前に蹂躙されていく。
ゴール右角に向かって迫るボールを止めるべく、円堂は右腕を大きく振るい力を爆発させる。

円堂「おおおおお!!!…………うわぁっ!!?」バチィッ!

だがそれでも弾丸は止まることなく、最後の砦を崩したシュートはネットへと吸い込まれていった。

バスゥッ!!!
ギュリリリリイイィィィ!!!!!!

ピイイイイィィィィィィィィィィィッ!!

雷門 2−2 戦国伊賀島

176 :副キャプテン半田:2017/02/27(月) 23:52:54 ID:0u8kce/g
実況『あ゛あ゛〜〜〜!!あ゛あ゛あ゛ーーー!!追い付かれ!追い付かれてしまいましたぁ!!後半27分!雷門手痛い失点!!!』

「あちゃ〜……やっちまったなぁ」「これ決着付かなかったらどうなるんだ?PK?」「確か延長戦だった筈……」
「誰かあのボランチを何とかしてくれよぉ!」「あのCB大丈夫か?変に落下したようだが……」

応援席のざわめきが響く中、雷門ゴール前ではさすがに動揺の色を隠しきれない様子の選手たちが集まっていた。

赤羽「ぐっ!……すまん、足を捻ってしまった」

柔「大丈夫ッスか?」

光明寺(残り時間は殆んど無し……これは延長戦に入ることになるか?)

円堂「すまん!みんな!止めきれなかった……!」

半田(さて、同点に追い付かれた訳だが……ここは具体的なプランを示した方がいいかな?)

A ここは慌てずにいつも通りやるぞ
B 大矢、次のキックオフ後に出来るだけ前に進んで中里と当たる直前に全力でシュートを撃ってくれ
C これ以上の攻撃は体力の無駄だ。パス回しで流して延長戦に備えよう
D フォーメーション、選手の変更(※行動としてカウントされません)
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

177 :名無しさんと創る物語:2017/02/28(火) 07:13:38 ID:9UGVphnU
E 大矢にキックオフシュートをしてもらう。Bだと前線のメンバーに奪われそう
縦ポンで中盤を省略するようにする

178 :副キャプテン半田:2017/02/28(火) 22:57:08 ID:Q5U0oM1Q
E 大矢にキックオフシュートをしてもらい、縦ポンで中盤を省略するようにする

半田「大矢。キックオフシュート…いけるな?」

予想もしていなかった半田の発言に一部のチームメイトは驚きを見せるが、当の大矢は相変わらずの不適な表情で答えてみせる。

大矢「俺でも流石にこの距離じゃ確実に入るとは言えねえけど、それでもいいか?」

半田「ああ、構わない。普通なら無駄な体力を使うだけになるかもしれないが、お前は燃費が良いし体力も余ってるだろ?
それにお前のシュートなら十分勝算もあるだろうからさ」

大矢「おう。なら任せとけ」

半田「それと俺を含めた前線の奴らはボールがこぼれた時に備えて一気に伊賀島ゴールに詰めていくぞ。
どうせカウンターをされる時間も無いんだ。思いっきり攻め切るぞ!」

雷門一同『おう!!』

179 :副キャプテン半田:2017/02/28(火) 22:59:53 ID:Q5U0oM1Q
伊賀島サイド

霧隠「ぐがっ……!?」ジンジン

光明寺との競り合いで傷を痛めた霧隠は、それでも尚プレーを続行しようと痛みに耐え顔を歪ませていた。

中里「やはり無理は止めた方が……」

霧隠「う、うるさい……!俺はこのチームのキャプテンなんだ……!この正念場でむざむざ交代なんてできるかよ!」

シェスター「分かった、交代はしなくてもいいからせめて治療だけでも受けてきてくれよ
(ハア、このまま悪化したら次の試合どころじゃなくなるってのに……)」

霧隠「……分かった」

こうして渋々ながらも霧隠はベンチへと戻っていくこととなった。

180 :副キャプテン半田:2017/02/28(火) 23:02:07 ID:Q5U0oM1Q
ピイイィィッ!

プレー再開のホイッスルが鳴り渡り、大矢がセンターサークル内で足を振りかぶる。

大矢「試合を決める一撃……ゾクゾクするぜぇ!!さあ!吹き飛びやがれええええ!!!」

★大矢→カタストロフィショット 29+(フリー補正+2)+! card = ★
★サスケ→ブロック 16+(人数補正+2)+! card =
中里→ブロック 20+(人数補正+2)+(距離補正+2)+! card =
風魔→ブロック 13+(人数補正+2)+(距離補正+2)! card =
高坂→ブロック 14+(人数補正+2)+(距離補正+4)+! card =
児来也→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+! card =
藤林→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+! card =
百地→ツムジ 22+(距離補正+5)+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(飛田がフォロー)(初鳥がフォロー)(シェスターがフォロー)
≦−2 伊賀島ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 大矢のシュートが伊賀島を打ち破る!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(ラインを割りコーナーキックに) (初鳥がフォロー) (百地がフォロー)
≦−2 流石に分の悪い賭けだった。決着は延長戦へ

大矢の『カタストロフィショット』には2の吹っ飛び係数があります
大矢 スキル・【破壊魔】(1人吹っ飛ばす毎にガッツ20回復)

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します
中里のカードがダイヤ・ハートの時『変わり身の術(+5、100消費)』が発動します

181 :名無しさんと創る物語:2017/02/28(火) 23:03:16 ID:???
★大矢→カタストロフィショット 29+(フリー補正+2)+ ハート6 = ★

182 :名無しさんと創る物語:2017/02/28(火) 23:10:18 ID:???
★サスケ→ブロック 16+(人数補正+2)+ スペードJ =
中里→ブロック 20+(人数補正+2)+(距離補正+2)+ ハート7 =
風魔→ブロック 13+(人数補正+2)+(距離補正+2) ダイヤ3 =
高坂→ブロック 14+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ スペードQ =
児来也→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ ハート4 =
藤林→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ クラブ2 =
百地→ツムジ 22+(距離補正+5)+ スペード8 = ★


183 :副キャプテン半田:2017/03/02(木) 00:03:51 ID:WMo8AyQE
★大矢→カタストロフィショット 29+(フリー補正+2)+ ハート6 =37 ★
★サスケ→ブロック 16+(人数補正+2)+ スペードJ =29 吹っ飛び!
中里→ブロック 20+(人数補正+2)+(距離補正+2)+ ハート7 =31+(変わり身の術+5)=36
風魔→ブロック 13+(人数補正+2)+(距離補正+2) ダイヤ3 =×
高坂→ブロック 14+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ スペードQ =×
児来也→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ ハート4 =×
藤林→ブロック 18+(人数補正+2)+(距離補正+4)+ クラブ2 =×
百地→ツムジ 22+(距離補正+5)+ スペード8 =× ★
=1飛田がフォロー

大矢「うおおおおおおおおっっ!!!!」

ドゴオオオオォォォォォォンッ!!!

この時の大矢のシュートは決して蹴り損なってはいなかった。事実、最前線のサスケは紙切れのように吹き飛ばされたのだから。

サスケ「ぐはっ!?」ドガッ!!

しかし「蹴り損なってはいない」程度の威力ではこの男を抜くには力不足であった。

中里「(中の里が奥義が一…)」

シュンッ!
ブワッ!!
ドゴォッ!

中里「変わり身の術!!……ゴホッ!」

ナルトほど多くは出せないが、中里もまた実体を伴った分身を一体位なら作ることが出来、その分身と共にブロックに入る。
大矢のシュートに分身は耐えきれず消滅してしまったが、幾分か勢いが落ちたボールを本体の中里が弾き飛ばした。

大矢「チッ!やるじゃねえか!」

184 :副キャプテン半田:2017/03/02(木) 00:05:23 ID:WMo8AyQE
実況『おおーっと!!大矢くんのキックオフシュートは中里くんにより止められてしまった!
だがこぼれ球をすかさず飛田くんがフォロー!時間は残り少ないが果たして得点までこぎつけるでしょうか!?』

シェスター「これ以上攻めさせはしない!」

飛田「くっ……!」

転がっていたボールを抑えた飛田だがすぐにシェスターがチェックに来る。ここで奪われれば延長戦は避けられなくなるだろう。

半田(ヤバい!早く指示を出さないと……!)

A イスラスに渡せ!
B 沖田に出せ!
C 俺とワンツーで上がるぞ!
D 俺にくれ!ドリブルで抜いてみせる!
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

185 :名無しさんと創る物語:2017/03/02(木) 07:05:12 ID:c8rFEwWY
C

186 :副キャプテン半田:2017/03/02(木) 22:29:14 ID:WMo8AyQE
C 俺とワンツーで上がるぞ!

飛田「分かりました!」

半田「なんとしてももう一回!シュートを撃つんだ!」

シェスター「させるか!」

★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+! card =
飛田→ワンツー 14+! card = ★
★シェスター→パスカット 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 二人が突破!
=1 こぼれ球を大矢がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をナルトがフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

シェスターのカードがダイヤ・ハートの時『ホウセンカ(+3)』が発動します

187 :名無しさんと創る物語:2017/03/02(木) 23:35:31 ID:???
★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ ダイヤ8 =
飛田→ワンツー 14+ クラブ5 = ★

188 :名無しさんと創る物語:2017/03/03(金) 01:00:50 ID:???
★シェスター→パスカット 18+ スペード10 = ★

189 :副キャプテン半田:2017/03/06(月) 00:14:28 ID:ZLnsHgx6
★半田→ワンツー 20+(軽症ペナ-1)+ ダイヤ8 =27
飛田→ワンツー 14+ クラブ5 =19 ★
★シェスター→パスカット 18+ スペード10 =28 ★
=−1こぼれ球をナルトがフォロー

シェスター「とりゃあっ!」

バッ!
ガスッ!

半田「……ダメか!」

ナルト「ナイスディフェンスだってばよ!」

どうにか得点を挙げようと焦り気味だった半田のリターンは、シェスターの爪先に弾かれてしまいボールはナルトに渡った。
時間が残っておらず、カウンターを受けるリスクもある伊賀島がここで無理に攻めに入る道理もなく、
自陣内でのパス回しにより時間は消費され雷門が再びボールに触れることなく後半は終了した。

190 :副キャプテン半田:2017/03/06(月) 00:16:22 ID:ZLnsHgx6
※延長戦に突入する前に全員のガッツが100回復します。
延長戦は前後半各10分となります。なお延長戦のハーフタイムではガッツは回復しませんのでご注意ください。

雷門ベンチ

赤羽「…マネージャー、すまないがテーピングを頼んでいいか?」

木野「勿論。アイシングの用意もするからちょっと待っててね」

沖田「ドリンク、ドリンクっと」

延長戦が始まるまでの短い時間。各々が体力を無駄にしないために休むことに専念しているなか、半田は思考を張り巡らせていた。

半田(スコア上は振り出しに戻ったわけだが、俺達は追い付かれた形になっているからな。流れは相手にあると見ていいだろう。
後はスタミナ、相手の得点源となっているナルトは流石にそろそろ息が切れてくる筈だ……
さて、それらを踏まえた上でここで俺がとるべき行動は……)

A 具体的な攻撃の作戦を提示する(更に分岐)
B 具体的な守備の作戦を提示する(更に分岐)
C フォーメーションの変更、アイテムの使用(※行動としてカウントされません)
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

191 :名無しさんと創る物語:2017/03/06(月) 00:39:20 ID:Ydhieg22
D A+ポイゾナスモード発動

192 :副キャプテン半田:2017/03/08(水) 00:09:18 ID:EZTzMzro
D A+ポイゾナスモード発動

飛田(僕の体力は有り余っている。なら……)

飛田は己の中に蓄積された負の感情を能力に変換し始める。前後半通して消えがちであった自らを変える為に、チームの勝利の為に。

半田「皆!聞いてくれ!延長戦に向けて攻撃の方針を決めたいと思う!
後半の俺たちのシュート本数は大矢のキックオフシュートの1本のみだった、これは単にボランチの中里の動きによるものが大きい。
奴をどうにかしなければ伊賀島からゴールを奪うのは至難の技だ」

イスラス「中里程ではないがシェスターも相当な巧者だったからな。
なんとかあの中盤を突破できれば得点のチャンスはすぐに生まれると思うが……」

光明寺「無理に避けようとしても中里の移動速度はかなりの物だ。
あの俊足でフィールドのどこへでも顔を出してくると言うのが一番厄介だな」

半田「そうだ。だから延長戦で俺たちが取るべき作戦は……」

A 多少浅い位置からでも積極的にシュートを撃っていくぞ
B 飛田のポストプレーで中盤を省くぞ
C 俺のパスを基点にして攻めていこう
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

193 :名無しさんと創る物語:2017/03/08(水) 07:07:20 ID:bhwgAC66
B

194 :副キャプテン半田:2017/03/08(水) 22:21:35 ID:H4wEOvsA
B 飛田のポストプレーで中盤を省くぞ

イスラス「そうだな、それが一番ローリスクハイリターンな手段かもしれないな」

沖田「さっきは相手にやられちゃったし、今度は僕たちの番ってわけだね!」

半田「そういう事だ、頼むぞ」

飛田「ふふふ、あんなザルディフェンス僕にかかれば一網打尽ですよ!任せてください!」

円堂「よし!厳しい戦いだけど最後に笑ってるのはきっと俺たちだ!気持ちで負けないように全力でいこうぜ!!」

一同『おお!!!!』

195 :副キャプテン半田:2017/03/08(水) 22:30:40 ID:H4wEOvsA
実況『さあ!延長戦前半、まずは伊賀島ボールからのキックオフとなります!
いきなりあの目にも止まらない高速ドリブルの脅威に晒されることとなる雷門ですが防ぎきれるのでしょうか!?』

ピイイィィッ!

ナルト「サスケェ!」ボスッ

サスケ(これ以上醜態を見せるわけには……!)

大矢「寄越しやがれ!」

★サスケ→千鳥 19+(! dice)+! card = ★
★大矢→タックル 15+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 サスケがドリブル突破
=1 こぼれ球を霧隠がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を半田がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

大矢のカードがダイヤ・ハートの時『パワータックル(+2、吹っ飛び係数3)』が発動します

196 :名無しさんと創る物語:2017/03/08(水) 22:32:44 ID:???
★サスケ→千鳥 19+( 5 )+ クラブ2 = ★

197 :名無しさんと創る物語:2017/03/08(水) 22:41:19 ID:???
★大矢→タックル 15+ スペード9 = ★

198 :副キャプテン半田:2017/03/08(水) 23:09:04 ID:H4wEOvsA
★サスケ→千鳥 19+( 5 )+ クラブ2 =26 ★
★大矢→タックル 15+ スペード9 =24 ★
≧2 サスケがドリブル突破

大矢「うおおおお!!」

サスケ「ウスノロが!」

バッ
ダッッッッ!!

実況『サスケくん素早いサイドステップで大矢くんをいなしました!』

シェスター(割りとギリギリだったな。サスケの本来の実力からしたらもっと簡単に突破できる筈なんだけど……)

199 :副キャプテン半田:2017/03/08(水) 23:23:46 ID:H4wEOvsA
半田「ここで奪ってやる!」

沖田「ハッハァ!僕のいるサイドにノコノコやって来るのは自殺行為だよ!?」

サスケ「負けるか!」

★サスケ→千鳥 19+(! dice)+! card = ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+! card =
沖田→タックル 17+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 サスケがドリブル突破
=1 こぼれ球を中里がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を光明寺がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
沖田のカードがダイヤの時『真・影縫い(相手のドリブル-3、自判定のみ相手の必殺技無効)』が発動します
沖田のカードがハート・スペードの時『影縫い(相手のドリブル-3)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

200 :名無しさんと創る物語:2017/03/08(水) 23:58:34 ID:???
★サスケ→千鳥 19+( 1 )+ ダイヤ3 = ★

201 :名無しさんと創る物語:2017/03/08(水) 23:59:55 ID:???
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ スペード3 =
沖田→タックル 17+(人数補正+1)+ スペードJ =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ スペードJ = ★

202 :副キャプテン半田:2017/03/09(木) 23:19:18 ID:zcRC2N7Q
★サスケ→千鳥 19+( 1 )+ ダイヤ3 =23+(影縫い・改-3)=20 ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ スペード3 =23
沖田→タックル 17+(人数補正+1)+ スペードJ =29
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ スペードJ =28+(抉るタックル+2)=30 ★
≦−2 ボールを奪取!

沖田「ほら!ほら!」

バババッ

サスケ「グッ!(鬱陶しい……!)」ジリッ

半田「今だ!」バシッ

サスケ「!」

沖田の十八番の相手の進路を潰すディフェンスにより動きを止めた所を狙い、半田のタックルが炸裂する。
ボールを奪われたサスケは体勢を立て直しながら、ボールを奪った半田ではなく沖田を凝視する。

サスケ(中々使えそうな技だな。次にタックルにいく機会が有ったら目にもの見せてやる)

※サスケが『影縫い・改』を習得しました

203 :副キャプテン半田:2017/03/09(木) 23:29:39 ID:zcRC2N7Q
半田「今度はこっちの番だ!(とは言うものの中里がこっちにチェックに来てる……じっくり考えていられる時間はないな)」

延長戦前に決めた飛田のポストプレーは位置と距離の関係によりまだ使える状態ではない。
このままではドリブルにせよパスにせよ中里との勝負は避けられないが……

A ドリブルで中央突破を狙う
B イスラスに回す
C 一度バックパスでボールを戻す
D ○○とワンツーで上がっていく(相手の名前を記入してください)
E 飛田に向かってロングボールをあげる
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

204 :名無しさんと創る物語:2017/03/09(木) 23:30:49 ID:qsZ/LYYU
C

205 :副キャプテン半田:2017/03/10(金) 23:12:51 ID:P+2B64jc
C 一度バックパスでボールを戻す

半田「(ここで攻め急ぐ必要は無いな)赤羽!」バコッ

赤羽(一度落ち着けろってことか)

伊賀島の基本戦術は攻撃を前線の四人に任せ、残りの全員で守備を固めるという単純明快ながらも
型にはまれば安定した強さを発揮するものである。
ここで中里が雷門陣内で無理にボールのカットへと向かうと、放り込みで失点の危機を作ってしまう可能性が高い。
その為、伊賀島は前線の少ない人数で雷門のパス回しに対抗することを余儀なくされた。

ボールは疲れない→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田がボールを持つ、中里は離れた位置に
ハート→ イスラスが攻め込む、中里は少し離れた位置にいる
スペード・クラブ→再び半田がボールを持ったところに中里がチェックに来た
クラブA→柔のパスがシェスターにカットされた!
JOKER→なんやかんやあって大矢がゴール前でボールを確保

206 :名無しさんと創る物語:2017/03/10(金) 23:42:04 ID:???
ボールは疲れない→ クラブA

207 :副キャプテン半田:2017/03/11(土) 00:46:25 ID:FxR8OL4M
クラブAさん、お久しぶりです

ボールは疲れない→ クラブA
クラブA→柔のパスがシェスターにカットされた!

伊賀島は雷門のパス回しに対応するのに大分てこずっていた。
半田、ジェット、赤羽というパスが巧みな縦のラインを持つ雷門は危なげなくボールを動かすことが出来る一方
伊賀島は霧隠が怪我の影響で、ナルトが疲労により運動量が落ちていた為である。
このまま続ければいづれ焦れた中里が釣られるだろうと、安定し過ぎたが故に気の緩みが生じたのが悲劇の始まりであった。

ナルト「ハァ…ハア…寄越すってばよ!」ダッ

柔「それ!」ポーン

柔はプレスに来たナルトを避けるようにジェットに軽くボールを蹴り出す。
少なくともこの時、柔の視界にはパスを阻害できるものは映っていなかった。

シェスター「そこっ!!」

バッ!
トスゥッ!

柔「な!?」

それは偶然の産物であった。ナルトが仕掛けるタイミング、柔の視線移動、シェスターの位置取りなどの様々な要因が重なった結果、
走り込んで来ていたシェスターの姿は柔の瞳から消えていた。

実況『こ、これはピンチです!柔くんのパスがシェスターくんにカットされてしまいました!
ゴールはもう目と鼻の先!雷門絶体絶命です!!』

半田「何ぃ!?マ、マズいぞ!!」

208 :副キャプテン半田:2017/03/11(土) 00:47:40 ID:FxR8OL4M
ナルト「シェスター!俺にくれってばよ!」

シェスター「よし!(出来ればまだナルトには潰れて欲しくないが後何回得点チャンスがあるか分からないからな。ここは勝負に出る!)」

赤井「さ せ る か 〜 !!」ダッッッ

実況『おおっと!?ここでスイーパーの赤井くんがパスカットへと動いた!撃たれる前に奪ってしまうつもりか!?』

シェスター「はっ!!」

赤井「俺はブロックだけの男じゃないぜ!」

★シェスター→パス 20+! card = ★
★赤井→パスカット 19+! card =★

≧2 シェスターのパスがナルトに通る
=1 こぼれ球をナルトがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 赤井が久しぶりにブロック以外で働いた!

209 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 04:19:39 ID:???
★シェスター→パス 20+ ハートJ = ★

210 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 04:20:45 ID:???
★赤井→パスカット 19+ クラブ9 =★

211 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 09:11:59 ID:???
後半からずっと戦国伊賀島のターン!って感じだねえ

212 :副キャプテン半田:2017/03/11(土) 23:15:39 ID:FxR8OL4M
>>211 中里かシェスターのどちらかがヘタれてももう片方の強引きでカバーされている感じですね。

★シェスター→パス 20+ ハートJ =31 ★
★赤井→パスカット 19+ クラブ9 =28★
≧2 シェスターのパスがナルトに通る

赤井(よし!これなら取れるぞ!)

長らくスイーパーの位置に落ち着いている赤井であるが、ブロック以外の守備能力でも
十分全国で通じるだけの技量を持っている。だが不運なことに相手取っているシェスターもまた全国レベルのパス技術を持っていた。

バシュウゥゥゥ

赤井「曲がった!?……クソッ!」

赤井が飛び出したタイミングは完璧であった。しかし緩やかなカーブがかけられていたボールは
嘲笑うかのように赤井の足を避けていく。

ナルト「よっしゃあ!千載一遇のチャンスだってばよ!!」ボフンッ

ナルト2「ここで決めなきゃ男じゃねえ!!」

赤羽(4発目……体力自慢の選手でもあれほどのシュートをこれだけ撃ってればそろそろ足に限界が来るだろう。
ここを止めれば相手の火力は一気に落ちる筈だ!)

柔「自分のミスが招いたピンチ。ケジメはしっかり付けるッス!!」

213 :副キャプテン半田:2017/03/11(土) 23:19:17 ID:FxR8OL4M
ナルト「行くってばよ!」キィィィィィィィィン

円堂「俺が……俺だけが最後の砦なんだ!!絶対に負けるもんか!!!」

ナルト「螺 旋 丸!!!!」

パシュウウウゥゥゥッッッ!!!
ブギュルルルルルルルッッッ!!!!

★ナルト→螺旋丸 27+! card = ★
★柔→ブロック 20+(人数補正+1)+! card =
赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
円堂→パンチング 23+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がフォロー)(シェスターがフォロー)(光明寺がフォロー)
≦−2 雷門ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 伊賀島、遂に逆転
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(光明寺がフォロー)
≦−2 頼もしいぜキャプテン!

214 :副キャプテン半田:2017/03/11(土) 23:20:37 ID:FxR8OL4M
ナルトの『螺旋丸』には2の吹っ飛び係数があります

赤羽のカードがダイヤの時『ディメンジョンブロック(+5、ポスト判定発生、150消費)』が発動します
赤羽のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
柔のカードがダイヤの時『パワーブロック(+4、100消費)』が発動します
円堂のカードがダイヤの時『正義の鉄拳(+5)』が発動します
円堂のカードがハートの時『爆裂パンチ(+4)』が発動します
円堂のカードがスペードの時『熱血パンチ(+2)』が発動します

215 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 23:28:04 ID:???
★ナルト→螺旋丸 27+ スペードK = ★

216 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 23:31:05 ID:???
★柔→ブロック 20+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =
赤羽→ブロック 19+(人数補正+1)+ クラブ8 =
円堂→パンチング 23+ ダイヤK = ★

無理無理

217 :名無しさんと創る物語:2017/03/11(土) 23:57:10 ID:???
原作主人公sugee!!

218 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 00:23:54 ID:???
ナルトの引き見てふざけんなよと思ってたらこっちもそういえば主人公だった

219 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 00:36:41 ID:30G9ur/o
>>217 正に円堂守伝説
>>218 スレタイが見事に回収された勝負に成りましたね

★ナルト→螺旋丸 27+ スペードK =40 ★
★柔→ブロック 20+(人数補正+1)+ ダイヤ4 =25+(パワーブロック+4)=29 吹っ飛び!
赤羽→ブロック 19+(補正合計±0)+ クラブ8 =27 吹っ飛び!
円堂→パンチング 23+ ダイヤK =36+(正義の鉄拳+5)=41 ★
=−1 光明寺がフォロー

ドガァンンンンッッ!!!
ギュリリリリィィィィィッ!!!

柔「ぷぎょあ゛っ!!?」

赤羽「ごぼっ!!!」

この一発で自分はもう動けなくなる、と覚悟したナルトが放った螺旋丸は
消え入る前の閃光の如く、今まで以上の威力で放たれた。
その余りの回転力に柔と赤羽は触れた瞬間に車に撥ね飛ばされた様に吹き飛ばされてしまう。

円堂「うおおおおおお!正義の!鉄拳!!!」

バゴォッ!!
…ギリリリリリィ……
ズズズッ

全身の体重を乗せ、大きく振るった右の拳をボールの中心に叩き付けた円堂だが徐々に体が押され始める。

220 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 00:38:06 ID:30G9ur/o
円堂(ぐっ……!俺はまた負けるのか?俺じゃナルトには勝てないのか?)

力で負けていくと同時に円堂の心にもヒビが入っていく。無力感が彼を覆い尽くそうとした時、
彼の耳に響いたのは彼を信じ、ゴールを任せてくれた友の声だった。

半田「負けんな!円堂!!!!」

円堂「! ぐ、うおおおおおお!!俺が!キャプテンだあああ!!!」

グ、ググググ…………
ダンッ!
ギュンッ!
ドガァァァンッ!!

ナルトは逆境においてこそ真価を発揮する男である。今回の螺旋丸が改めてそれを証明しただろう。
しかし円堂もまた同じような性質を持っていたのである。
同じ力を持った者同士の勝敗を分けたのはチームを率いる者としての覚悟だった。

※円堂 『正義の鉄拳』勝利カウンター1→2
『正義の鉄拳』の補正値が5から6に変化しました

221 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 00:47:59 ID:30G9ur/o
実況『円堂くん!ファインセーーーブ!!!!この大一番で頼れるキャプテンがチームを救ったァ!!!』

「すげえぜ!円堂!」「やっぱりサッカー部には勿体ない人材……なんて今は言えないな」
「よおし!カウンターだ!」「格好いい!!」「雷門の守護神だぜ!」

光明寺「ナイスセーブだ」

霧隠「この!寄越せ!」

光明寺「断る」バゴォッ!

こぼれ球を拾った光明寺はこれを素早くクリア。ボールは飛んでいき……

クリア→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田がトラップ
ハート・スペード→イスラスがトラップ
クラブ→沖田とサスケの競り合いに
JOKER→???

222 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 00:49:28 ID:???
クリア→ クラブ2

223 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 01:08:39 ID:30G9ur/o
※セービングフラグが立つ代わりに円堂の特殊セービングフラグの条件が緩和されました

クリア→ クラブ2
クラブ→沖田とサスケの競り合いに

サスケ「ふっ、どうやらまだ俺たちに運は向いているようだな」

沖田「ムムッ!この天才を相手にもう勝った気でいるのかい!?」

★沖田→せりあい 15+! card = ★
★サスケ→せりあい 19+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田がボールを確保
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を風磨がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

224 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 10:25:12 ID:???
★沖田→せりあい 15+ ダイヤ10 = ★

225 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 11:38:57 ID:???
★サスケ→せりあい 19+ クラブ7 = ★

226 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 21:29:22 ID:30G9ur/o
★沖田→せりあい 15+ ダイヤ10 =25 ★
★サスケ→せりあい 19+ クラブ7 =26 ★
=−1こぼれ球を風魔がフォロー

沖田「だあぁっ!!」バッ

サスケ「ふっ!!」バッ

ドガッ!

空中で二人がぶつかり合い、結局二人ともボールを確保することは出来ずこぼれた所を風魔がフォローした。

風魔(ここは中里に……)

227 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 21:35:38 ID:30G9ur/o
半田「流れは俺たちにある!ここで奪ってみせるぜ!」

風魔「しまった!……抜くしかないか!」

★風魔→ドリブル 16+! card = ★
★半田→タックル 20+(軽傷ペナ-1)+! card =★

≧2 風魔がドリブル突破
=1 こぼれ球を中里がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を大矢がフォロー
≦−2 ボールを奪取!さあ反撃だ!

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します

228 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 21:36:36 ID:???
★風魔→ドリブル 16+ ダイヤ3 = ★

229 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 21:49:07 ID:???
★半田→タックル 20+(軽傷ペナ-1)+ ダイヤ10 =★

230 :副キャプテン半田:2017/03/12(日) 22:07:56 ID:30G9ur/o
★風魔→ドリブル 16+ ダイヤ3 =19 吹っ飛び!★
★半田→タックル 20+(軽傷ペナ-1)+ ダイヤ10 =29+(サイクロンV2+3)=32 ★
≦−2 ボールを奪取!さあ反撃だ!

半田「うおおおお!!」ブワッ!

風魔「うわぁっ!?」ドゴォッ

実況『出たぁ!半田くんがお得意の大振りなタックルで風魔くんを吹っ飛ばしてボールを奪いました!』

半田(次の行動は……)

A ドリブルで進む
B 大矢にパスを出す(『ピンポイントパス』の場合は小文字、『ミラージュパス』の場合は大文字でお願いします)
C 作戦通り飛田目掛けてハイボールを上げる
D ○○とワンツーで上がっていく(相手の名前を記入してください)
E その他。自由に記入してください
半田の現在のガッツ 470/800
1票決です。ageでお願いします

231 :名無しさんと創る物語:2017/03/12(日) 22:14:35 ID:GCbGHLI6
C

232 :副キャプテン半田:2017/03/15(水) 23:28:00 ID:Vz8U0SRA
C 作戦通り飛田目掛けてハイボールを上げる

中里「奪う!」ダダダッ

半田「読んでたぜ!頼むぞ!」

バゴオォッ!

中里「なんと!?」

先程決めた作戦の通り、半田は中里の襲撃を避けるためボールを山なりに放り上げる。
放物線を描きながら落下していくボールの先には既に飛田が走り込んでいる。

高坂「野郎!あからさまに中里を避けやがって!」

児雷也「俺たちで弾き返してその目論見を打ち砕いてやる!」

飛田「ごちゃごちゃうるさいですね!そう言う台詞は僕に勝ってから吐いてくれますか!?」

★飛田→ポストプレー 20+(ポイゾナスモード+2)+! card = ★
★高坂→クリア 16+(人数補正+1)+! card =
児雷也→クリア 18+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 大矢が万全の体勢でシュートに!
=1 こぼれ球を大矢がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を藤林がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

233 :名無しさんと創る物語:2017/03/15(水) 23:33:22 ID:???
★飛田→ポストプレー 20+(ポイゾナスモード+2)+ クラブ4 = ★

234 :名無しさんと創る物語:2017/03/15(水) 23:36:17 ID:???
★高坂→クリア 16+(人数補正+1)+ ハートA =
児雷也→クリア 18+(人数補正+1)+ ダイヤ6 = ★

235 :副キャプテン半田:2017/03/16(木) 00:00:00 ID:8svizQrE
★飛田→ポストプレー 20+(ポイゾナスモード+2)+ クラブ4 =26 ★
★高坂→クリア 16+(人数補正+1)+ ハートA =18
児雷也→クリア 18+(人数補正+1)+ ダイヤ6 =25 ★
=1 こぼれ球を大矢がフォロー

飛田「つあっ!!」バッ!

高坂「うおっ!?(た、高ぇ!?)」

飛田「大矢くん!」トンッ!

児雷也「やらせるかぁ!」ガッ

高坂を振り切り飛田は頭でボールを大矢に落とそうとしたが、児雷也により僅かにその落下の軌道を狂わされてしまう。
だが、ここで伊賀島メンバーは自分達のフォーメーションの最終ラインの薄さを悔いることとなる。

大矢「おおっと!ちと危なっかしかったがナイスプレーだぜ飛田」トッ

藤林「し、しまったぁ!?」

至近距離、しかもブロッカーが一人しかいない状況。雷門が後半が始まってからずっと渇望していた絶好のチャンスだ。

236 :副キャプテン半田:2017/03/16(木) 00:03:12 ID:8svizQrE
大矢「さあ!散々焦らされたからなぁ!手加減は一切しないから覚悟しやがれよ!」グワァァァッ

百地「ぐぬぅ……!破れるわけには!!」

★大矢→カタストロフィショット 29+! card = ★
★藤林→ブロック 18+! card =
百地→ツムジ 22+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(飛田がフォロー)(こぼれ球を奪い合いに)(児雷也がフォロー)
≦−2 伊賀島ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 大矢が起死回生の一点を叩き込む!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(飛田がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(児雷也がフォロー)
≦−2 百地が意地を見せた

大矢の『カタストロフィショット』には2の吹っ飛び係数があります
大矢 スキル・【破壊魔】(1人吹っ飛ばす毎にガッツ20回復)

237 :名無しさんと創る物語:2017/03/16(木) 00:04:39 ID:???
★大矢→カタストロフィショット 29+ ハート10 = ★

238 :名無しさんと創る物語:2017/03/16(木) 01:05:17 ID:???
★藤林→ブロック 18+ ハート8 =
百地→ツムジ 22+ ダイヤQ = ★

239 :名無しさんと創る物語:2017/03/16(木) 16:06:19 ID:???
さすが大矢だ、引きが何ともないぜ

240 :名無しさんと創る物語:2017/03/19(日) 23:32:28 ID:???
ポイゾナスからのポストが有効そうだし装備や特訓で鍛えたら相当使えそうな攻撃パターンになりそうだね

241 :副キャプテン半田:2017/03/21(火) 22:59:14 ID:e2Av7fsA
>>239 安心と信頼の大矢です

>>240 ですね。後は技を習得できれば安定して運用できそうです

★大矢→カタストロフィショット 29+ ハート10 =39 ★
★藤林→ブロック 18+ ハート8 =26 吹っ飛び!
百地→ツムジ 22+ ダイヤQ =34 吹っ飛び!★
≧2 大矢が起死回生の一点を叩き込む!

大矢「どりゃああああああああ!!!」

ドゴオオオオォォォォォォンンンンンンッ!!!!!

藤林「ごあっ?!」ガゴンッ!

百地「うおおおおお!!ツムジ!!……ぶがぁっ!? 」バギィッ!

バシュウウウゥゥゥゥッッッ!!

ピイイイイィィィィィィィィィィィッ!!

雷門 3−2 戦国伊賀島

242 :副キャプテン半田:2017/03/21(火) 23:01:02 ID:e2Av7fsA
大矢「っしゃあっ!!!」グッ

普段はゴールを決めても余裕たっぷりに振る舞う大矢だが、逆転の一撃を決めた喜びは抑えきれなかった。

飛田「信じてましたよ!大矢くん!」

沖田「やったね!!」

半田(よし!ここで……)

A 「退いたら押し込まれる!このままノッてくぞ!」
B 「無理に攻める必要はない、落ち着いてパスを回してくぞ!」
C ポジション、フォーメーションを変える(更に分岐)
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

243 :名無しさんと創る物語:2017/03/21(火) 23:16:50 ID:8PoUZeI+


244 :名無しさんと創る物語:2017/03/22(水) 00:02:16 ID:???
そういや円堂のあの状況のセーブでもゴッドハンド取得出来ないって、かなり条件厳しいね
キャプ森で言えば紅白戦でのネオサイ2回目の1ランク下ぐらいの逆境だったのに

245 :名無しさんと創る物語:2017/03/22(水) 00:04:11 ID:???
おっと、ネオサイじゃなくてサイクロンだった

246 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 20:13:26 ID:8DuZ+yh2
>>244 ゴッドハンドの取得は条件さえ揃えばそれほど難しくない設定となっております。
物語的にはあの場面で習得させた方が盛り上がったと思いますが、今回はゲーム性を重視させていただきましたのでご容赦ください。

A 「退いたら押し込まれる!このままノッてくぞ!」

大矢「おうよ!勿論だぜ!」

イスラス「相手もそろそろ攻め疲れしてくるだろうからな、油断はならないが俺たちが優勢だな」

飛田「隙を見て今度こそポストプレーを成功させてみせます!」

半田「よし!行くぞみんな!」

一同『おう!!!』

247 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 20:15:43 ID:8DuZ+yh2
ピイイイイィッ!

実況『大矢くんの渾身の一撃により再び一点差に広げた雷門!果たしてこの一点を守りきれるか!?』

シェスター「(ナルトはもう殆どまともに動けなさそうだな……中里の攻めも迂闊に使えばカウンターでやられる可能性が高い。
俺が行くしかないか!)ナルト!俺にくれ!」ダダッ

ナルト「ハァハァ……た、頼んだってばよ……!」バシュッ

飛田「行かせません!!」

★シェスター→ドリブル 20+! card = ★
★飛田→タックル 14+(ポイゾナスモード+2)+! card = ★

≧2 シェスターがドリブル突破
=1 こぼれ球をサスケがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を大矢がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

シェスターのカードがダイヤの時『テンイムホウ(+5)』が発動します

飛田のカードがダイヤの時『バイパータックル(+3)』が発動します

248 :名無しさんと創る物語:2017/03/25(土) 21:08:00 ID:???
★シェスター→ドリブル 20+ ダイヤ9 = ★

249 :名無しさんと創る物語:2017/03/25(土) 21:22:22 ID:???
★飛田→タックル 14+(ポイゾナスモード+2)+ ハートA = ★

250 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 22:27:36 ID:8DuZ+yh2
★シェスター→ドリブル 20+ ダイヤ9 =29+(テンイムホウ+5)=34 ★
★飛田→タックル 14+(ポイゾナスモード+2)+ ハートA =17 ★
≧2 シェスターがドリブル突破

シェスター「こんなところで躓いている暇はない!テンイムホウ!!」

ババッ!
グルンッ!!

飛田「なっ!?」

シェスターが編み出したドリブル技「テンイムホウ」はボールを足で挟み込みながら飛び上がり、前転して敵をかわすと言う
クリップジャンプの亜種の様な技であり、難易度が高いだけあって有用性も高い。
あまりの奇抜な動きに度肝を抜かれた飛田は素通ししてしまう。

シェスター「これがゲルマンリューニンポーだ!」ダッ

251 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 22:30:56 ID:8DuZ+yh2
シェスター(ここまでは順調。問題はここから先だ……)

半田(あいつあんな技を使えたのか、なかなか厄介だな……)

A 確実に奪いにいくためにジェットとイスラスと連携する
B あれぐらいなら俺だけで止められる!
C その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

252 :名無しさんと創る物語:2017/03/25(土) 22:31:50 ID:8XVeEvg6
A

253 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 22:48:08 ID:8DuZ+yh2
A 確実に奪いにいくためにジェットとイスラスと連携する

半田「いくら派手な技を使おうが中里には劣るはずだ、俺たち三人なら奪える!」

シェスター「何としても突破する!」

★シェスター→ドリブル 20+! card = ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+! card =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 シェスターがドリブル突破
=1 こぼれ球をサスケがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を沖田がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

シェスターのカードがダイヤの時『テンイムホウ(+5)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

254 :名無しさんと創る物語:2017/03/25(土) 22:50:22 ID:???
★シェスター→ドリブル 20+ ハートJ = ★

255 :名無しさんと創る物語:2017/03/25(土) 23:15:37 ID:???
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ダイヤ3 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ スペード6 = ★

256 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 23:33:47 ID:8DuZ+yh2
★シェスター→ドリブル 20+ ハートJ =31 ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ ダイヤ5 =25+(サイクロンV2+3)=28
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ ダイヤ3 =21
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ スペード6 =23+(抉るタックル+2)=25 ★
≧2 シェスターがドリブル突破

シェスター「(引き付けて……)はっ!!」ガッ

イスラス(あの技か!?)

ジェット「……」ピクッ!

テンイムホウの予備動作をブラフに使い、二人の意識を上方に向けさせ隙を突いて縫うようにかわしていく。

半田「引っ掛かるかよ!」ザァッ!

シェスター「それっ!」ポーン バッ

騙されず真っ直ぐにスライディングに来た半田を嘲るように、今度はボールを蹴り上げ自身もジャンプで半田を飛び越えていった。

257 :副キャプテン半田:2017/03/25(土) 23:47:59 ID:8DuZ+yh2
シェスター(多分次にプレーが切れたら前半は終わるな、ここで決めなくちゃ!)

柔「寄越すッス!」

★シェスター→ドリブル 20+! card =★
★柔→タックル 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 シェスターがセンタリングを上げる
=1 こぼれ球をナルトがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を赤羽がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

シェスターのカードがダイヤの時『テンイムホウ(+5)』が発動します

258 :名無しさんと創る物語:2017/03/26(日) 08:46:10 ID:???
★シェスター→ドリブル 20+ ダイヤJ =★

259 :名無しさんと創る物語:2017/03/26(日) 09:34:48 ID:???
★柔→タックル 18+ ハート3 = ★

260 :名無しさんと創る物語:2017/03/27(月) 12:28:59 ID:???
なんでもスパイラルカットを思い出す強さ

261 :副キャプテン半田:2017/03/27(月) 21:34:41 ID:KBcSqqfk
>>260 シェスター引き強いですねぇ、さすがに当スレではパスカットで必殺シュートを止められはしませんからご安心を。

★シェスター→ドリブル 20+ ダイヤJ =31+(テンイムホウ+5)=36★
★柔→タックル 18+ ハート3 =21 ★
≧2 シェスターがセンタリングを上げる

シェスター「テンイムホウ!」ババッ! グルンッ!

柔「くう!?(土がゆを食べて確実に強くなった筈なのに全く手も足も出ない……やっぱり技が無いと厳しいッスか!?)」

実況『シェスターくんが軽やかな身のこなしで柔くんを翻弄!そのまま深い位置まで進みここでセンタリングを上げた!ボールの先には……』

262 :副キャプテン半田:2017/03/27(月) 21:36:40 ID:KBcSqqfk
サスケ「いくぞっ!!」バッ!

赤井(こいつも打ってくるのか!だけどナルトのシュートよりは威力は低いはずだ)

赤羽(そろそろスタミナが危なくってきたな……とにかく今は目の前のシュートに集中しなきゃな)

円堂「何度でも来い!何十発、何百発撃たれようが俺がゴールを割らせない!!」

★サスケ→獅子連弾 25+! card = ★
★赤羽→ブロック 19+(補正合計±0)+! card =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+! card =
円堂→パンチング 23+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がフォロー)(ナルトがフォロー)(光明寺がフォロー)
≦−2 雷門ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 伊賀島、まだまだ食い下がる
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(霧隠がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(光明寺がフォロー)
≦−2 守護神は砕けない

263 :副キャプテン半田:2017/03/27(月) 21:37:46 ID:KBcSqqfk
サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

赤羽のカードがダイヤの時『ディメンジョンブロック(+5、ポスト判定発生、150消費)』が発動します
赤羽のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードがダイヤの時『顔面ブロック(+6、150消費)』が発動します
赤井のカードがハートの時『ダイビングブロック(+4、100消費)』が発動します
赤井のカードが2以下の場合、スキル・【集中】により数値が+1されます
円堂のカードがダイヤの時『正義の鉄拳(+6)』が発動します
円堂のカードがハートの時『爆裂パンチ(+4)』が発動します
円堂のカードがスペードの時『熱血パンチ(+2)』が発動します

264 :名無しさんと創る物語:2017/03/27(月) 21:38:43 ID:???
★サスケ→獅子連弾 25+ ハートK = ★

265 :名無しさんと創る物語:2017/03/27(月) 21:41:11 ID:???
★赤羽→ブロック 19+(補正合計±0)+ スペードA =
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ JOKER =
円堂→パンチング 23+ スペードQ = ★

266 :名無しさんと創る物語:2017/03/27(月) 22:12:58 ID:???
あれ、珍しく赤井君が活躍している。最後に活躍したのはいつだったかなあ…

267 :名無しさんと創る物語:2017/03/27(月) 22:24:01 ID:???
取得順だとソウルブロックだけど、もしそうならかなりの強化だね

268 :名無しさんと創る物語:2017/03/28(火) 18:08:10 ID:???
NARUTO組の引きえぐくね?防げたが

269 :副キャプテン半田:2017/03/29(水) 23:37:58 ID:qL/LD3Bw
>>266 言われてみれば能力値の割りに活躍している所を最近見てなかったような……
>>268 「またKかよ」って思ってたら意外な伏兵があっさり止めてくれましたからね

★サスケ→獅子連弾 25+ ハートK =38 ★
★赤羽→ブロック 19+(補正合計±0)+ スペードA =20
赤井→ブロック 20+(人数補正+1)+ JOKER =36+(顔面ブロック+6)=42
円堂→パンチング 23+ スペードQ =35+(熱血パンチ)=37 ★
≦−2 雷門ボールに

低く上がったボールに飛び付き、凄まじい速度で蹴りのコンビネーションを繰り出したサスケは最後に全力の回し蹴りを叩き込む。

サスケ「獅子連弾ァ!!」

ビシュッ!!!
ダンッ!!!!

赤羽「(これは……飛田のリフレクトボレーと同型のシュートか!)くっ!!」

繰り返し蹴られ続けたボールは加速に加速を重ね、赤羽の足をすり抜け鋭くゴールへと強襲する。

赤井「こんなところで失点してたまるかよ!」

バッ!
メシャアァッ!!
……ポロ

サスケ「な、なに!?(今のは間違いなく会心の一発だった、それがああも簡単に……!)」

赤井「うっし!クリア!!」バゴォッ

※赤井が覚醒。ブロック 20→21
更にスキル・【レッドストッパー(ディフェンス時ダイヤ・ハートで相手のマークと一致した場合、相手の数値−2)】を習得しました

270 :副キャプテン半田:2017/03/29(水) 23:39:53 ID:qL/LD3Bw
ピッ、ピィイイイイイイイ!!

実況『赤井くんがボールを蹴り上げたところで前半終了のホイッスルが吹かれました。
延長戦にはハーフタイムが無いため選手たちは給水の後ここから更に10分間の戦いに身を投じることとなります!
両チーム共やはり顔には疲労の色が見えます。ここから先は根性勝負になるか!?』

沖田「はあ疲れた。水、水っと」

半田「お前結構体力余ってるだろが」

我先にとベンチへと群がり水を喉に流し込む半田たち。陣地を交換してすぐに試合が再開されるため
大したことは出来ないが何か一言発することくらいは出来るが……

A 「弱気になることはない、現状維持だ」
B 「さっきみたいに攻め上がられると怖い。ここは時間を有効に使っていこう」
C ポジション、フォーメーションを変える(更に分岐)
D 何も言わない
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

271 :名無しさんと創る物語:2017/03/30(木) 02:30:24 ID:o+++wgPk
A

272 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 21:40:38 ID:DsFJ/sAY
A 「弱気になることはない、現状維持だ」

半田「ここまできて改めて言う必要もないが敵は強い。俺たちをここまで追い詰めたんだから大したもんだ。
だけど俺たちは負けない!今だってスコアでは勝ってるんだ、弱気になることはないぜ!みんな!!」

大矢「おうよ、少なくともあと一発は俺もぶっ放せそうだからよ。それでとどめを刺してやるぜ」ニヤッ

ジェット「……」グッ!

赤井「ゴールは俺たちが絶対に守ってみせるから安心して攻めてきてくれよな」

飛田「最後まで全力!やってやりましょう!」

円堂「よしっ!ラスト10分、楽しんでいこうぜ!!」

一同『おうっ!!!』

半田の言葉を皮切りに、それぞれ残っている闘志に火をつけ己を奮い立たせる面々。
前半終了時には誰もここまでの乱打戦になるとは予想していなかったこの激闘も幕が降りるまで残りあと少し……

273 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 21:53:31 ID:DsFJ/sAY
ピイイイイイイイィィッ!

飛田「半田くん!」バシッ

いつも通り飛田からパスを受ける、しかしこの局面で迂闊な行動は取れない。いつも以上に頭を回転させどうすべきか思案する。

半田「ここは……」

A ドリブルで中央突破を狙う
B イスラスに回す
C 沖田に任せてみる
D 一度バックパスでボールを戻す。さすがに二度もさっきみたいな事態は起きないだろう
E ○○とワンツーで上がっていく(相手の名前を記入してください)
F しばらくボールキープをしてFWが上がるのを待つ
G その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

274 :名無しさんと創る物語:2017/03/30(木) 21:54:12 ID:o+++wgPk
F

275 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 22:16:11 ID:DsFJ/sAY
F しばらくボールキープをしてFWが上がるのを待つ

半田(さっきのでポストプレーはもう警戒されてるだろうけど、中里を避けるならやっぱり効果的だ。
ここは俺がしばらくボールをキープする!)

半田はもう一度飛田のポストプレーを狙うために、飛田と大矢が上がる時間を稼ぐことにした。
適当にボールを転がし進む気配を見せない半田に霧隠とふらふらな状態のナルトがプレスに来る。

霧隠(早く!早くボールを奪わなければ!)

ナルト「ハア……ハア……」

半田「まずはここを凌ぎきらなきゃな!」

★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+! card = ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計-1)+! card =
ナルト→タックル 16+(補正合計-2)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 半田がボールキープを続行!しかし……
=1 こぼれ球をイスラスがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をシェスターがフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

半田のカードがダイヤの時『ジグザグスパーク・改(+3)』が発動します
半田のカードがハートの時『ジグザクスパーク(+2)』が発動します

276 :名無しさんと創る物語:2017/03/30(木) 22:20:21 ID:???
★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+ スペードQ = ★

277 :名無しさんと創る物語:2017/03/30(木) 22:26:10 ID:???
★霧隠→タックル 17+(補正合計-1)+ クラブ5 =
ナルト→タックル 16+(補正合計-2)+ クラブK = ★

278 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 22:54:44 ID:DsFJ/sAY
★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+ スペードQ =32 ★
★霧隠→タックル 17+(補正合計-1)+ クラブ5 =21
ナルト→タックル 16+(補正合計-2)+ クラブK =27 ★
≧2 半田がボールキープを続行!しかし……

霧隠「ずりゃあっ!」ズザッ

ナルト「だ、だぁ!」ザァッ!

半田「渡すもんかよ!」バッ

何度もタックルに晒されながらも半田は決してボールを手放すまいとキープし続ける。

ナルト「ハァ……ハァ……」ダッ

半田(あともう少しだ!)ザザッ!

ナルト「…ガァ……」ドサッ

半田「!?」

遂に体力が限界を迎えたのか、半田にかわされたナルトは小さく呻くとそのまま前のめりに倒れ伏した。
半田が驚き、審判が慌ててホイッスルを手にしようとした時……

ナルト「……ガアアアアアアアアアアァァァッッッ!!!!」

突如、恐ろしい雄叫びを上げながらナルトは立ち上がった。しかし完全には直立せず手は地面に着いたまま、
その姿で唸り声を響かせている様は獣そのものだった。

サスケ「チッ!あのウスラトンカチがっ!」

残りガッツが0になったことでナルトのスキル・【尾獣化(ガッツペナ、消費を0に。全能力+3、クラブで反則に)】が発動しました

279 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 23:00:46 ID:DsFJ/sAY
半田(何だ!?ナルトの奴どうしたんだ!?嫌な予感がするが飛田たちはまだ上がり切っていない……ええい!どうする!?)

ナルトの放つ尋常ならざる雰囲気に圧倒される半田。このままボールをキープし続けると確実にタックルに来られるだろう。

A このままボールキープを続行する
B 怪我でも悪化させられたら堪らない、イスラスに渡す
C 沖田に任せる
D きっとこれはこっくりさんの仕業だ。お帰りくださいと念じてみる
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

280 :名無しさんと創る物語:2017/03/30(木) 23:01:23 ID:1yQ4//yM


281 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 23:25:57 ID:DsFJ/sAY
B 怪我でも悪化させられたら堪らない、イスラスに渡す

ナルト「ガア゛ッ!!!」バッ

半田「頼む、イスラス!」バシュッ

半田は飛び掛かってくるナルトをギリギリまで引き付けてからパスを出す。
そのまま襲われることも覚悟しての行動であったが、幸いにもナルトはボールが手放されるのを見ると
着地と共に跳躍しそのままイスラスを追っていく。

サスケ(……一応多少の理性は残っているみたいだな。あの監督の爺、まさかこれを狙ってナルトを交代させなかったのか?
どこで調べてきたかは知らないがこの事はきっちり木の葉に報告させて貰うからな。覚悟しておけよ)

いざとなれば自分が腕づくでも止めようと構えていたサスケであるが、ナルトが半田を傷つけ無かったのを確認して安堵した。
ベンチを一睨みすると思考を切り替えボールを追走する。

282 :副キャプテン半田:2017/03/30(木) 23:27:45 ID:DsFJ/sAY
イスラス「何だかよく分からないが穏やかじゃないみたいだな実に野性的だ人間とはもっと文化的であるべきなのに!」

シェスター「ナルトは心配だけど……とりあえずボールは貰う!」

★イスラス→ドリブル 21+! card = ★
★シェスター→タックル 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 イスラスが突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 ラインを割る(カードの合計が偶数なら攻撃側ボールに)
=−1こぼれ球を中里がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

イスラスのカードがダイヤの時『高速ドリブル(+4)』が発動します
イスラスのカードがハート・スペードの時『加速ドリブル(+2)』が発動します

シェスターのカードがダイヤ・ハートの時『シップウドトウ(+3)』が発動します


283 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 00:49:55 ID:???
★イスラス→ドリブル 21+ スペード9 = ★

284 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 01:22:41 ID:???
★シェスター→タックル 18+ ダイヤ10 = ★

285 :副キャプテン半田:2017/03/31(金) 21:43:30 ID:9Pv3ASXw
★イスラス→ドリブル 21+ スペード9 =30+(加速ドリブル+2)=32 ★
★シェスター→タックル 18+ ダイヤ10 =28+(シップウドトウ+3)=31 ★
=1 こぼれ球を半田がフォロー

シェスター「くらえ!シップウドトウ!!」

前後と縦に円を描く様なモーションでイスラスの進路を塞ぎにくるシェスター。
緩急をつけたその動きは珍妙ながらも読み難く突破しにくいものだった。

イスラス「良いタックルだだが俺を止めるにはもっともっとスピードを出す必要があるぞ」ダダダッ!

シェスター「なんの!」ガッ

急加速して突っ込んでくるイスラスの足元に辛うじて足を突き出し、シェスターはボールを掻き出す。
所有者を失ったボールはそのまま転がり今度は半田の足元に収まった。

286 :副キャプテン半田:2017/03/31(金) 22:00:44 ID:9Pv3ASXw
半田「戻ってきたか、ってことは……」チラッ

ナルト「ゥグアアア!!」ビュンッ!

半田「やっぱり来てるか!くそっ!」

逡巡する半田、飛田たちは既に相手の最終ラインまで辿り着いているがこの距離のフィードではパスに自信がある半田でも
確実に飛田に合わせられる保障は無い。

A ナルトをドリブルで振り切る
B 沖田に任せる
C 一か八かロングボールを上げる(1/2の確率で飛田のポストプレーとなります)
D 一度後ろに戻す
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

287 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 22:01:55 ID:yDGcmH2M
A

288 :副キャプテン半田:2017/03/31(金) 22:20:29 ID:9Pv3ASXw
A ナルトをドリブルで振り切る

半田「……ここは行くしかないか!」

ナルト「ガァァァッ!!」

★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+! card = ★
★ナルト→タックル 19+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 半田が突破!
=1 こぼれ球を沖田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を霧隠がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

半田のカードがダイヤの時『ジグザグスパーク・改(+3)』が発動します
半田のカードがハートの時『ジグザクスパーク(+2)』が発動します

ナルトのカードがクラブの時スキル・【尾獣化】により反則を取られます

289 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 22:22:41 ID:???
★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+ クラブK = ★

290 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 22:31:38 ID:???
★ナルト→タックル 19+ スペード5 = ★

291 :名無しさんと創る物語:2017/03/31(金) 22:46:16 ID:???
きっちり決める…だと!?

292 :副キャプテン半田:2017/03/31(金) 23:13:35 ID:9Pv3ASXw
>>291 怪我もしませんでしたしクラブの中じゃ最良の引きでしたね。
というかそこまで半田に対する期待って低かったのですかw締まらない部分も多々ありますが

★半田→ドリブル 20+(補正合計±0)+ クラブK =33 ★
★ナルト→タックル 19+ スペード5 =24 ★
≧2 半田が突破!

ナルト「ッルァッ!!」ザシュゥッ!

ナルトは殺意すら籠ってそうな程苛烈なタックルを繰り出してくる。
余計な感情が削ぎ落とされた鋭い一撃はまともに食らえば半田など簡単に倒されてしまうだろう。

半田「単純な身体能力だけで勝てるほどサッカーは甘くないんだぜ!」

ポーンッ

ナルト「ッルォ!?」

半田「どうだっ!」ダダッ

実況『おおっと!半田くん、ここで高等技術のヒールリフトを披露だ!
ボールは多少離れた場所に飛んでいってしまいましたがナルトくんをかわすことに成功しました!』

※半田にドリブルフラグが立ちました

293 :副キャプテン半田:2017/03/31(金) 23:26:06 ID:9Pv3ASXw
半田(ここまで来ればもう飛田にボールを上げられるな!後の懸念材料は中里の動きぐらいだが……)

中里(むう、ポストプレーを警戒して拙者もクリアに備えるべきか……しかしそうすると直接パスを大矢に出されるやもしれぬ。
いっそのこと多少無理してでも今から奪いに行くべきか?)

A 予定通り飛田にロングボールを出す
B 虚を突いてこのまま自分が攻め上がってミラージュシュートを狙う
C 大矢に直接パスで繋げる(ピンポイントパスの場合は小文字、ミラージュパスの場合は大文字で)
D 残念、ここで伏兵沖田の出番だ
E その他。自由に記入してください
半田の現在のガッツ 390/800
1票決です。ageでお願いします

中里の判断→! card
半田の行動が決定した後に!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→全速力で半田にプレスを仕掛けにきた
ハート→大矢へのパスを警戒
スペード・クラブ→飛田のポストプレーに備えてクリアに下がった
JOKER→その時、観客席に一陣の風が吹き抜けた

294 :名無しさんと創る物語:2017/04/01(土) 00:22:04 ID:HjibhMB+
D

295 :名無しさんと創る物語:2017/04/01(土) 00:28:19 ID:???
中里の判断→ クラブ5

296 :副キャプテン半田:2017/04/01(土) 21:48:47 ID:0GkbzT5+
D 残念、ここで伏兵沖田の出番だ
中里の判断→ クラブ5
スペード・クラブ→飛田のポストプレーに備えてクリアに下がった

中里が飛田に向かっていったのと半田が行動したのはほぼ同時であった。

中里(やはりさっき得点に繋がったプレーを優先してくる筈、ここはクリアに行くでゴザル!)

半田「沖田!」バシッ

中里「何ィ!?」

半田は中里が全く想像していなかった選択肢である沖田にパスを出した。
飛田は警戒されるだろうし、大矢にパスを出すとなるとシェスターがカットに入ってくる。
ならばここは沖田の爆発力に賭けてみようと考えたのである。

沖田「ハッハァ!分かってるねぇ半田くん!そうだよ、僕に任せれば万事オーケーさ!」ダダッ

297 :副キャプテン半田:2017/04/01(土) 21:50:38 ID:0GkbzT5+
風魔「随分引っ掻き回されたけど……」

サスケ「ここで奪ってしまえば済む話だ!」

沖田「天才の前で頭が高いよ!」

★沖田→ドリブル 19+! card = ★
★サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+! card =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田が突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を児雷也がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

沖田のカードがダイヤの時『マルセイユルーレット(+3)』が発動します
沖田のカードがハートの時『ストップ&ゴー(+3)』が発動します

サスケのカードがダイヤの時『影縫い・改(相手のドリブル-3)』が発動します
サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します
風魔のカードがダイヤ・ハートの時『蜘蛛の糸(+3、相手の直後の行動を-1)』が発動します

298 :名無しさんと創る物語:2017/04/01(土) 22:03:06 ID:???
★沖田→ドリブル 19+ スペード2 = ★

299 :名無しさんと創る物語:2017/04/01(土) 22:22:57 ID:???
★サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ クラブ7 =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ハート3 = ★

300 :副キャプテン半田:2017/04/01(土) 23:42:46 ID:0GkbzT5+
★沖田→ドリブル 19+ スペード2 =21 ★
★サスケ→タックル 18+(人数補正+1)+ クラブ7 =26
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ハート3 =19+(蜘蛛の糸+3)=22 ★
≦−2 伊賀島ボールに

沖田「これぞ天才の妙技!」クルッ

サスケ「なにっ!?」

沖田「ハッハァ!どうだい?動きが読めないだろう」

何を考えてるのか分からないが突然反転すると後ろ向きにドリブルを始める沖田。
恐らく海外選手のスーパープレーでも見て影響されたのだろう。

サスケ「ここだっ!?」

沖田「うえぇっ!?」ズターン

サスケ「……ただのマヌケか」

だがいくら真似ても使いこなすだけの技量は無く、紙一重の差で沖田は馬鹿となる。

301 :副キャプテン半田:2017/04/01(土) 23:52:41 ID:0GkbzT5+
伊賀島「サスケ!ナルトを使うんじゃ!」

サスケ「……」ダダッ

ベンチからの監督の指示を無視し、自らのドリブルでサスケは進んでいく。
戦力的には今の場面はナルトに任せるのが最も最善の策だとは分かっているが、
ナルトに対して複雑な感情を持つサスケはボールを渡すことを拒んだ。

半田「ええい!沖田のアホー!ジェット何とかしてくれー!」

ジェット「……」スッ

★サスケ→千鳥 19+(! dice)+! card = ★
★ジェット→タックル 16+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 サスケがドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 ラインを割る(カードの合計が偶数なら攻撃側ボールに)
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

302 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 00:07:47 ID:???
★サスケ→千鳥 19+( 2 )+ クラブ6 = ★

303 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 00:16:57 ID:???
★ジェット→タックル 16+ スペード6 = ★

304 :副キャプテン半田:2017/04/02(日) 00:31:08 ID:???
自分で書いといてあれですが「最も最善の策」って頭痛が痛いみたいですよね

★サスケ→千鳥 19+( 2 )+ クラブ6 =27 ★
★ジェット→タックル 16+ スペード6 =22+(抉るタックル+2)=24 ★
≧2 サスケがドリブル突破

サスケ「千鳥!!」

ジェット「……」

シュバッ!
ザンッ!!!

高速で交差するジェットとサスケ。
今まで完全にサスケのドリブルを防いできたにも関わらずジェットには油断による隙は一切無かった。
しかし今回はここに来てやっと本来の実力を発揮し始めたサスケの方が一枚上手だった。

サスケ「よっし!」

305 :副キャプテン半田:2017/04/02(日) 00:38:02 ID:K8CizSMA
光明寺「さて、俺に出来る数少ない仕事だからな。タックルで失敗は出来ないな」

サスケ「退け!」

★サスケ→千鳥 19+(! dice)+! card = ★
★光明寺→タックル 18+! card = ★

≧2 サスケがドリブル突破
=1 こぼれ球を霧隠がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を赤羽がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

サスケのカードがダイヤの時スキル・【写輪眼(勝敗に関わらず発動した相手の必殺技をコピー)】が発動します

光明寺のカードがクラブ以外の時『頭脳的なタックル(+3)』が発動します

306 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 02:57:18 ID:???
★サスケ→千鳥 19+( 1 )+ スペード3 = ★

307 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 10:58:52 ID:???
★光明寺→タックル 18+ ダイヤ5 = ★

308 :副キャプテン半田:2017/04/02(日) 19:46:50 ID:K8CizSMA
サスケが千鳥の判定をずっと2D6でやってる件について

★サスケ→千鳥 19+( 1 )+ スペード3 =23 ★
★光明寺→タックル 18+ ダイヤ5 =23+(頭脳的なタックル+3)=26★
≦−2 ボールを奪取!

サスケ「であっ!!」シュンッ

この試合大して目立っていない光明寺が相手ということで気が緩んだのだろうか、
掛け声の勢いこそ良かったものの、サスケのドリブルはジェットを抜いた時よりも明らかにキレが無かった。

光明寺「良い技だ、だがお前は使いこなせていないようだな」スッ シュパッ

サスケ「なっ!?」

実況『サスケくんの侵攻を光明寺くんが阻止!タックルの安定感は抜群です!』

半田「いいぞ光明寺!」

A そのままクリアしてくれ
B ジェットに渡せ
C パス回しで時間を稼いでくれ
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

309 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 20:08:32 ID:MF+5FAvU
A

310 :副キャプテン半田:2017/04/02(日) 20:27:33 ID:K8CizSMA
A そのままクリアしてくれ

光明寺「分かった」

基本的に前に運ぶ能力が無い光明寺がボールを奪った後に取れる行動は近くの味方に渡すか、クリアするかのどちらかだ。
本人も突破力不足は課題だと認識しているがこれがなかなか上手くいかないようである。

クリア→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田がトラップ
ハート→沖田がトラップ
スペード・クラブ→イスラスとシェスターの競り合いに
JOKER→???

311 :名無しさんと創る物語:2017/04/02(日) 20:52:40 ID:???
クリア→ ダイヤ7

312 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 00:31:34 ID:???
千鳥って任意発動だろうから燃費悪そうだけどサスケは結構余裕ありそうだな
単純にガッツ余ってただけなのかもしれんけど


313 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 00:55:11 ID:???
出来ればで良いんですが、この試合が終わったら他の参加チームの試合も簡単にで良いから描写してほしいです
大巨人中にミューラーがいるのかとか気になりますし


314 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 19:29:13 ID:???
今回の対戦相手の練習風景を描写されていたけど、他のチームもそんなんでいいんじゃない?
決めるのはGMさんだけど

315 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 21:47:11 ID:???
サスケの千鳥は千鳥足か

316 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 21:52:15 ID:m3wp2Ahc
>>312 千鳥の燃費は確かに悪いのですが乱発するほど相手を抜けなかったのでガッツが結構残ってた感じです。
必殺シュートを一本撃ってるのでもうそこまで余裕はないですが

>>313 すみません、原作に出てないチームの設定を9校ほど練るとなると中々難産しそうなので
今回は次に当たるチームの描写だけさせていただくことにします(ただでさえ遅い進行が更に悪化しそうなので……)

>>314 お気遣いありがとうございます。ここのGMはポンコツなので各外伝作品のように熱いストーリーも
緻密なシステムもユーモアのセンスも描けませんが何とかエンディングまでは続けていこうと考えているので
これからもお楽しみいただければ幸いです

おまけ
目指せラブマリールート→! card
JOKERか各マークKで大巨人中にミューラーが加入する……かも

317 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 21:59:32 ID:???
目指せラブマリールート→ ハート10

318 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 22:05:59 ID:m3wp2Ahc
>>315 千鳥じゃなくて雷切ならちゃんとした引きを出せたりするんですかね?

ダイヤ→半田がトラップ

半田「ほっ!」トスッ

胸トラップでボールを足元に落とすと半田はフィールドを軽く見回す。

半田(ディフェンスラインが上がってるからまたポストプレーを狙うならもうちょっと時間がいるな、さてどうする?)

A ドリブルで中央突破を狙う
B 今度こそイスラスならやってくれるだろう
C サイドも空いてることだし沖田に汚名返上のチャンスをやる
D ○○とワンツーで上がっていく(相手の名前を記入してください)
E しばらくボールキープをしてFWが上がるのを待つ
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

319 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 22:07:18 ID:YugdUdiU
C

320 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 22:26:41 ID:m3wp2Ahc
C サイドも空いてることだし沖田に汚名返上のチャンスをやる

沖田「ヘイ!半田くん天才がフリーだよ!」ブンブンッ

半田「……次にふざけたドリブルでチャンス潰したらお前だけ歩いて帰らせるからな」ボスッ

沖田「はははははっ!やだなあ半田くん、冗談がキツいよ。僕が二度も失敗するわけないじゃないか!」ダッ

半田「冗談だといいけどな」

半田からの冷たい視線を受けながらも一切気にすること無く楽しそうにサイドを駆け上がっていく沖田。
が、そこに中里がチェックに来た。

中里「これ以上は一秒たりとも無駄にはできぬ!ここで仕留めるでゴザル!」

★沖田→ドリブル 19+! card = ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+! card =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 沖田が突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を児雷也がフォロー
≦−2 伊賀島ボールに

沖田のカードがダイヤの時『マルセイユルーレット(+3)』が発動します
沖田のカードがハートの時『ストップ&ゴー(+3)』が発動します

中里のカードがダイヤ・ハートの時『疾風迅雷脚(+3)』が発動します
風魔のカードがダイヤ・ハートの時『蜘蛛の糸(+3、相手の直後の行動を-1)』が発動します

321 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 22:27:45 ID:???
★沖田→ドリブル 19+ スペード6 = ★

322 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 22:31:40 ID:???
そういえば沖田のドリブル技ですけど>>83でドリブル覚醒したので、>>84のようになるんじゃないですか?

323 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 22:35:33 ID:???
すみません、すっかり見落としてました。ご指摘ありがとうございます
幸いにもゲーム上は影響は無かったようですが今後気を付けます

324 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 22:36:48 ID:???
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ クラブ4 =
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ハートJ = ★

325 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 22:53:34 ID:m3wp2Ahc
★沖田→ドリブル 19+ スペード6 =25+(マルセイユルーレット+3)=28 ★
★中里→タックル 21+(人数補正+1)+ クラブ4 =26
風魔→タックル 15+(人数補正+1)+ ハートJ =27+(蜘蛛の糸+3)=30 ★
≦−2 伊賀島ボールに

沖田「ハッハァ!回れば大抵のことはなんとかなるんだよね!」バッ グルンッ

中里「ぐむっ!?」

半田「おお!」

半田の脅しの効果か、沖田は今回はちゃんと得意のルーレットで中里を振り切る。

沖田「よーし、このまま一気に……」

風魔「そこっ!」ザァッ

調子に乗ったところでそこそこタックルの上手い風魔にボールをかっさらわれてしまった。
どうにも沖田にはシメが甘いとこがあるようだ。

326 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 22:58:36 ID:???
訂正 × シメが甘いとこ
○ 詰めが甘いとこ
シメが甘いってデザートが何かですかねぇ……書き込む前にもっと推敲しなきゃな

327 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 23:07:27 ID:m3wp2Ahc
風魔「速攻……といきたいけど」

半田「予想の範囲内だ!」ダッ

中里「拙者に渡すでゴザル!」

風魔「分かった、頼んだぞ!」バシッ

中里(もう時間が無い!ここで上がらずいつ上がる!)ダダッ

半田「いっ!?お前がくるのかよ!?」

A ここを止めればもう相手が攻め上がる時間は無い筈だ、ジェットとイスラスと連携する
B 最後の勝負だ、一人でやってみせる
C 向こうのFWみたいに怪我が悪化するのが怖いしタックルにはいかない
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

328 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 23:10:04 ID:YugdUdiU
A

329 :副キャプテン半田:2017/04/03(月) 23:19:17 ID:m3wp2Ahc
A ここを止めればもう相手が攻め上がる時間は無い筈だ、ジェットとイスラスと連携する

半田「そう簡単に行かせるか!」ダダッ ザッ

半田はジェット達と協力するため全速で戻りつつ、中里のコースを制限してディレイをしかける。

イスラス「良くやった半田!」

ジェット「……」ザザッ

中里「いざ、勝負の時!」

★中里→ドリブル 21+! card = ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+! card =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+! card =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 中里がドリブル突破
=1 こぼれ球をジェットがフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をジェットがフォロー
≦−2 ボールを奪取!

中里のカードがダイヤ・ハートの時『分身ドリブル(+5)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します
ジェットのカードがダイヤの時『屠るタックル(+4、吹っ飛び係数4)』
ジェットのカードがハート・スペードの時『抉るタックル(+2)』が発動します
ジェット スキル・【超反応(こぼれ球時に±1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】

330 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 23:24:22 ID:???
★中里→ドリブル 21+ クラブ3 = ★

331 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 23:38:02 ID:???
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ クラブ8 =
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ クラブ10 =
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ6 = ★

332 :名無しさんと創る物語:2017/04/03(月) 23:39:39 ID:???
大☆惨☆事

333 :副キャプテン半田:2017/04/04(火) 20:52:21 ID:QHFtr4Fo
>>332 ふとポケモンのキョウの大爆発戦法を思い出しました

こういった場合の処理について本スレがどうなっていたか自信がないのですが
とりあえず本スレでは半田がボールを奪っているので、怪我をするのは半田だけとさせていただきます
覚醒判定の処理とは矛盾するような気もしますが、怪我人が増えてもまああまり良いこともないだろうし暫定でこうさせてもらいます

334 :副キャプテン半田:2017/04/04(火) 21:08:52 ID:QHFtr4Fo
★中里→ドリブル 21+ クラブ3 =24 ★
★半田→タックル 20+(補正合計±0)+ クラブ8 =28 ※負傷悪化
イスラス→タックル 17+(人数補正+1)+ クラブ10 =×
ジェット→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ6 =× ★
≦−2 ボールを奪取!……の筈が中里の反則に

中里「ニンッ!」ダッ

中里は焦っていた。幼い頃からの鍛練により同年代の少年たちより精神的に成熟しているとは言え彼もまだまだ未熟。
どうしても勝ちにこぎ着きたいという思いからドリブルは単調なスピード任せのものとなっていた。

半田「これなら!」ザッ

中里「しまった!?」グラッ ドシュッ!

半田「ぐぎゃっ?!」

タックルに来た半田の右足にバランスを崩した中里の足が重なった。前半負傷した足首に更なる負担かかりと痛みが走る。
スパイクによって切れてしまったのか半田の白いソックスがみるみる赤く染まっていく。

ピピィィィィィィィ!!!

※半田の状態が「軽傷治療済」から「軽傷LV2未治療」に悪化しました

335 :副キャプテン半田:2017/04/04(火) 21:12:30 ID:QHFtr4Fo
真っ青な顔になった中里に審判が走り寄ってくる。
チームとしては二度目の反則であるが、半田の怪我の具合から審判の心証は決して良いものではないだろう。

お裁き→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

K→お咎めなし
10〜Q→軽い注意
7〜9→厳重注意
4〜6→イエローカード
1〜3→レッドカード
JOKER→審判が謎のカードを取り出した

336 :名無しさんと創る物語:2017/04/04(火) 21:14:26 ID:???
お裁き→ クラブ3

337 :名無しさんと創る物語:2017/04/04(火) 21:20:27 ID:???
グッバイ中里

338 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 21:18:37 ID:SMqsyaLI
>>337 カード神は残酷ですね

お裁き→ クラブ3
1〜3→レッドカード

審判が厳しい表情で中里に突き付けたのはレッドカードだった。

中里「ッ!…………」

中里は表情を歪め、俯くとそのまま何も言わずにベンチへと下がっていく。
その背中が物語る悲痛さにチームメイトは声をかけてやることが出来なかった。

半田「俺が言うのもあれだけど……厳しい裁定だな。いてて」

イスラス「まあ仕方ないさ。それよりもお前は早く治療を受けてこい」

半田「そうさせてもらうよ。試合もそろそろ終わるだろうし、そうだな……染岡に代わりに出てもらおうか」

ここから追い付かれることはまずないだろうが万が一を考え、半田は自身の代わりに染岡の出場をベンチへと要請した。

339 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 21:21:14 ID:SMqsyaLI
飛田「半田くん、大丈夫ですか?」

大矢「昂る試合だったのに後味が悪い勝ち方になっちまったな」

半田「おいおい、勝った気になるのは良いけど油断せずに最後まで頼むぜ?」

ベンチへと帰って来た半田の血に染まった足を見てオロオロするばかりの冬海と一年生たちを余所に、木野は冷静に処置を施してくれた。
コートへと出ていく染岡に労いの言葉をかけられたところで、今まで潜んでいた疲れは一気に半田を襲ってきた。
試合が再開されてからの展開は早かった。
攻撃・守備の要の中里を欠いた上に人数差で不利になった伊賀島はその穴を埋めるのに手一杯でとても逆転の一撃に辿り着ける状態ではなく、
霧隠からボールを奪ったジェットがパスを出そうと構えたところで長かった激戦の終わりを告げるホイッスルが響いた。

ピ、ピイイイイイイイイイイィィッ!!

雷門 3−2 伊賀島

340 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 21:27:06 ID:SMqsyaLI
ワアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!

「よーし!!勝った!勝った!」「いやぁ、ここまで見に来た甲斐があったよ」
「次も楽しみだね!」「伊賀島もよくやったぞー!」

半田(ああ〜〜〜……終わったぁ。で、このあと相手と話ができるわけだけど……)

A 味方に話しかける(誰に話しかけるか記入して下さい)
B 敵に話しかける(誰に話しかけるか記入して下さい)
あと2回行動できます
1票決です。ageでお願いします

341 :名無しさんと創る物語:2017/04/05(水) 21:30:49 ID:psf6OrZY
B 中里

342 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 22:18:43 ID:SMqsyaLI
B 中里

飛田「あれ?半田くんは?」

赤井「ああ、なんか伊賀島の選手に話しかけに行ったみたいだ」

飛田「なるほど」

半田が試合後に相手と交流することは雷門メンバーも周知の事実なのでこれに驚く者はいない。
飛田が視線を向けると半田はコートを横切っている最中だった。

飛田「……あれってもしかしてベンチに向かってません?」

赤井「……かもな」

飛田「だ、大丈夫でしょうか?」

赤井「ど、どうだろうな?」

同じように半田が極稀に突飛な行動をとることも周知の事実なので、二人の不安は抱くこととなった。

343 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 22:25:37 ID:SMqsyaLI
半田「よう、ちょっといいか?」

半田はベンチで俯いて座っている中里にいつも通りフランクに声をかける。
それに反応して中里が顔を上げると……

余波→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ・ハート→中里「いやはや、見事な腕前でゴザった!」
スペード→中里「す、すまなかったでゴザル。殴るなりなんなり好きにしてくれて結構ナリ」
クラブ→中里「……」
JOKER→中里「拙者も雷門に入れてくれ!」

344 :名無しさんと創る物語:2017/04/05(水) 22:27:46 ID:???
余波→ クラブ5

345 :名無しさんと創る物語:2017/04/05(水) 22:31:26 ID:???
試合中の最後の中里の判定からずっとクラブのカードしか引いていないんだが…

346 :副キャプテン半田:2017/04/05(水) 22:51:35 ID:SMqsyaLI
>>345 クラブ一族の襲来というやつですかね

余波→ クラブ5
クラブ→中里「……」

半田「……」

中里「……」

半田「……」

A 「お前らは俺たちが戦ってきた中で一番の強敵だった。それだけを言いにきた」
B 「……」我慢比べをしかける
C 「あ、用事を思い出したから戻らなくちゃ(棒)」(誰と話すかもう一度選択できます)
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

347 :名無しさんと創る物語:2017/04/05(水) 23:59:07 ID:ArtQAsYY
A

348 :副キャプテン半田:2017/04/06(木) 21:56:13 ID:VMjWFKV6
A 「お前らは俺たちが戦ってきた中で一番の強敵だった。それだけを言いにきた」

バツが悪そうにあらぬ方向を見ながら言葉を繋いでいく。

半田「そりゃあ負い目とか悔しさとか色々あるだろうから今は話したい気分じゃないかもしれないけどさ……」

中里「……」

半田「間違いなくお前らは俺たちが戦ってきた中で一番の強敵だった。それだけは言っておきたかった」

それじゃあな、と言い残して半田は戻っていく。

中里(……情けない)

弱肉強食が基本の忍の世界、そこで生まれ育った中里にとって勝者だけが絶対である。
今の自らの態度は勝負に泥を塗り、死力を尽くした過去の自分を否定するものだと頭では理解しているが
彼もまだまだ若い。

中里(この悔しさ、決して忘れない……そして必ずや弱い自分を乗り越える!
まだまだ未熟な拙者には口にする権利も無いが……この弱さを消し去りいつか再び
お前たちの前に立ちはだかってみせるぞ!雷門よ!)

半田の言葉を受けたその瞳には消えかかっていた炎が再び灯っていた。

349 :副キャプテン半田:2017/04/06(木) 21:59:45 ID:VMjWFKV6
半田(うんうん、我ながら中々クールだったぜ。ライバルとの熱い因縁、青春の醍醐味だな。
さーてと、次はどうしようかな?)

A 味方に話しかける(誰に話しかけるか記入して下さい)
B 敵に話しかける(誰に話しかけるか記入して下さい)
あと1回行動できます
1票決です。ageでお願いします

350 :名無しさんと創る物語:2017/04/06(木) 22:01:38 ID:NMYeI8fo
A 飛田

351 :副キャプテン半田:2017/04/06(木) 22:19:45 ID:VMjWFKV6
A 飛田

半田「(そうだ、前の円堂みたいにもしかしたら誰か技を覚えてるかもしれないな。とりあえず)おーい、飛田ー」

飛田「どうかしました?(良かった、無事だったんだ。てっきり怪我の復讐に殴り込みにでも行ったのかと……)」

五体満足な状態で戻ってくる半田を確認すると飛田はホッとした。
あんな超人集団相手に喧嘩を売ったらまず無事ではいられないだろう、と考えていたのだ。

半田「いやいや、大した用でもないんだけどさ……」

A この試合でなにか気付いたことはあるか?
B 前々からシュート以外の武器が欲しいって言ってたよな?ならポストプレーを磨いていこうぜ
C 足が痛むから代わりにそこら辺の自販機で飲み物買ってきてくれない?
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

352 :名無しさんと創る物語:2017/04/06(木) 22:23:09 ID:NMYeI8fo
A

353 :副キャプテン半田:2017/04/06(木) 22:45:36 ID:VMjWFKV6
A この試合でなにか気付いたことはあるか?

飛田「え?気付いたことですか?」

半田「ああ、なんでもいいからさ」

飛田「うーん……」

飛田が気付いたこと→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→飛田「タックル技のヒントを得られた気がします」
ハート・スペード→飛田「赤井くんについてなんですけど……」
クラブ→飛田「忍者ってすごいなーって思いましたよ」
JOKER→飛田「空中戦ならもう誰にも負ける気がしません!」

354 :名無しさんと創る物語:2017/04/06(木) 22:54:54 ID:???
飛田が気付いたこと→ ハートA

355 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:14:41 ID:6De1Y8lM
飛田が気付いたこと→ ハートA
ハート・スペード→飛田「赤井くんについてなんですけど……」

飛田「赤井くんって今は大抵スイーパーの位置にいるじゃないですか、あれ赤羽くんとポジション変えた方がいいんじゃないですか?」

半田「あー」

飛田が言わんとしていることは半田にも分かる。
ブロックだけが突出している赤羽を前に出すよりも、タックルもパスカットもこなせる
赤井の方が適しているのではないかと言いたいらしい。

飛田「失敗しちゃってましたけど今日もパスカットに向かったりしてましたし」

半田「俺も分かってはいるんだけどさ、赤井は赤羽みたいにパスが出来ないのがなぁ。
まあ一応参考にはさせてもらうよ、ありがとな」

その後、着替えを済まし荷物を片付けた雷門メンバーはぞろぞろと帰りのバスに乗り込む。
やがてスタメン、ベンチ関係なく全員が夢の世界へと旅立っていった。
どうやら慣れない長距離移動と早起きに疲れたようだ。
途中、寝返りをうった沖田が半田の負傷した足を踏んづけてぶん殴られるというアクシデントこそ有ったものの
全員無事にその日は帰路についた。

356 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:17:30 ID:6De1Y8lM
北海道某所

松山「ここだ!ここで決めるんだ!!」

バゴオオオオオオオオオオオオオッ!!

塩谷「う……ま、また撃ってきたっぺ……」

綾野「あ、諦めちゃダメだ!無限の壁だべ!!」

牧谷「ふんがああああああ!!」

ドゴォッ!!ドッガァン!!バッスゥウ!!

塩谷「ぐぺぇ!?」
牧谷「んがっ?!」
グシャッ!!
綾野「ぎゃひぃ!?」

ピィイイイイイイイイッ!!
ピッ、ピィイイイイイイイイイイィィッ!!

実況『決まったぁぁぁ!!後半終了間際、キャプテン松山くんの十八番「北国シュート」によりだめ押しとばかりに
追加点が叩き込まれました!!全国一とも評されていた鉄壁の千羽山の「無限の壁」が再度うち壊された!
この一方的な展開を誰が予想できたでしょうか!?』

357 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:19:28 ID:6De1Y8lM
吹雪「さすがだね、松山くん」

松山「いや今のは吹雪のオーバーラップのおかげだ。相手が動揺して陣形を崩したから俺が撃てたんだからな!」

ハイタッチをする二人の少年、両者とも年に似合わない白みがかった頭髪をしている。
一人はご存知北海道が生んだ熱血キャプテン、道産子イーグルこと松山光。
もう一人は「熊殺し」などという恐ろしい異名を持っていながらも、その実とてもぽややんとした印象を周りに振り撒く優男。
俊足ディフェンダーで有りながら北海道屈指のストライカー、吹雪。

小田「や、やったねキャプテン……」

松山「やったね、じゃないぞ小田!FWのお前は結局一点も入れられなかったじゃないか小田!
もっと反省とかないのか小田よ!?」

小田「うっ……」

吹雪「まあまあ松山くん、それぐらいにしてあげなよ。小田くんだって彼なりに頑張ってるだし」

小田(うう、こっちの世界に来てからキャプテンどっかおかしいよ……
せっかく俺より強い奴らがいるのに、これじゃあ前みたいにおちおちサボれない……)

そう、松山もイスラス達と同様に原因は不明であるが
元の世界からこちらの世界の北海道に飛ばされていたのだった(ついでに小田も)。

358 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:21:24 ID:6De1Y8lM
そんな三人のやりとりをやや離れた場所で金髪の二人が呆れた様子で眺めている。

カペロマン「相変わらずキャプテンは小田にだけは妙に厳しいんだな」

フライハイト「それだけ期待しているってことなんじゃないかな?古い付き合いみたいだし」

カペロマン「ふーん、そんなものかね」

フライハイト(多分違うだろうけど……松山の考えは僕にも読めないからなぁ)

「ライン際の魔術師」テオドール・カペロマンと「雨の使者」ジークムント・フライハイト。
東西ドイツからそれぞれやって来たこの二人は今ではチームの戦力、そして松山を支える仲間として欠かせない存在となっている。

松山(いける!いけるぞ!今の俺たちなら間違いなく全国制覇を狙える!次の試合にはアイツも復帰するし誰にも負ける気がしないぞ!)

元々「サッカーは楽しむもの」という信条を掲げる自由人の吹雪が中心人物であった白恋サッカー部は勝利欲の希薄なチームであった。
更に我の強いカペロマンやもう一人の問題児を抱えつつも松山は持ち前のキャプテンシーを用い、
紆余曲折を経て見事チームを全国大会に出場出来るまでに纏め上げた。


359 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:23:02 ID:6De1Y8lM
吹雪「ところで次の対戦相手ってどこだっけ?」

カペロマン「確か東京の雷門に決まったって大会のHPに書いてあったな」

松山「東京か…………よし!今から情報収集の為に偵察に行くぞ!後に続け小田!」

小田「ちょっ!?今から!?そんな無茶な!?」

松山「ええい!口答えするな!泣いたり笑ったり出来なくするぞ!」

小田「ひいぃぃぃ!!!」

フライハイト(はぁ……初めて会ったときはもうちょっと落ち着いてたんだけどなぁ)

カペロマン(こんなんでも試合の時には誰よりも真面目になるし、本当に分かんねーな。ま、頼れるのは間違いないけど)

……その過程で多大なストレスがかかったせいか彼は以前よりも良く言えばフリーダムに、悪く言うなら奇人へと変貌していた。
だがその自由奔放さは周りの人間の冷たい視線と同時に彼に様々な力も与えていた。

松山「仕方ないな、東京に行くのが嫌なら代わりにダンジョン探索に付き合ってもらうぞ。
今日こそお前のシュート力を上げられるアイテムを見つけるんだ!」グイッ

小田「グヘェ」ズルズル

何はともあれとても楽しそうであった。

360 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 00:33:18 ID:6De1Y8lM
二年目 全国大会二回戦前自由行動1

半田「お、冬海先生からメールだ『次の試合は雷門中で行われることになりました、相手は北海道のチームだそうです』
……えー、北海道行きたかったなぁ。試合のついでに観光したかったぜ」

蟹、ジンギスカン、札幌ラーメンと半田の脳裏に色々な北国グルメが浮かぶ。
だが残念ながら今日の半田家の夕食は てんぷら である。

半田「さて、まだ足が少し痛むんだよな。そこまで気にする程でもないけど……」

A ○○に会いに行く(誰に会いに行くか記入して下さい)
B 街に行く(アイテム屋に行けば治療アイテムも購入できます)
C 自主練習をする
D バイトに行こう(お金を稼げます。半田の現在の所持金 9800円)
E 遊びに行く
F 病院に行ってみようかな(ランダムで治ったり悪化したり肉体改造されたりします)
G その他。自由に記入して下さい
※試合当日の半田の状態は『なおりかけ』となります
1票決です。ageでお願いします

361 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 02:28:53 ID:xmk0FHsw
B

362 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 11:22:44 ID:???
土がゆ盛らなきゃ

363 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 20:54:12 ID:???
>>362
松山「小田!土がゆ食べないとストライカーになれないぞ!」
小田「ひいいっ!」

364 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 21:06:14 ID:???
まさかドーピング土粥で松山のチームの全選手強化という荒業を…
冗談だけどw

365 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 21:09:55 ID:???
幻の土粥だった。大差ないけどw

366 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 21:37:13 ID:bNJcrkW+
>>362 某風祝「……」ニッコリ

>>363-365 小田の場合、幻の土がゆを食べたところでストライカーになれるかどうか微妙ですけどねw

B 街に行く

半田「こんな足で練習して悪化したら笑えないからな、街にでも行ってみようか」

システム上練習中に怪我が起こることは無いのだが、半田は万が一に備え今日は運動を控えることにした。
財布をポケットに突っ込み、ジャンパーをひっかけると半田はふらふらと街へと向かっていく。

A アイテム屋に行こう
B ゲームセンターに行ってみるか
C そこら辺をぶらぶらしてくる
D 古株屋に行く
E その他。自由に記入して下さい
あと1回行動できます
1票決です。ageでお願いします
※そろそろ次スレに移ります。このレスに対する投票はこちらでお願いします

367 :名無しさんと創る物語:2017/04/08(土) 21:43:36 ID:bDdHjM9k
A

368 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 22:02:27 ID:bNJcrkW+
A アイテム屋に行こう

店主「おや、半田くんか。今日はどうしてんだい?またお店の手伝いに来てくれたのかな?」

見慣れない模様の描かれた暖簾を潜ると、アイテム屋の店主がいつもの愛想の良い笑顔で出迎えてくれた。

半田「いえ、今日は客として来ました」

店主「おっと、そうかい。なら……いらっしゃいませ、ごゆっくりご覧ください」ペコッ

369 :副キャプテン半田:2017/04/08(土) 22:09:55 ID:bNJcrkW+
A スポーツドリンク(ガッツ80回復)200円
B スーパードリンク(ガッツ200回復)1000円
C 冷却スプレー(怪我状態を1段階回復)500円
D 青春ミサンガ(ドリブル+1)1000円
E 情熱ミサンガ(タックル+1)1000円
F 友情ミサンガ(パス+1)1000円
G チタンミサンガ(パスカット+1)1000円
H 丈夫なミサンガ(ブロック+1)1000円
I 熱血ミサンガ(せりあい+1)1000円
J 努力のスパイク(シュート+1)3000円
K 鍛練スパイク(シュート+1、ドリブル+1)4000円
L 勝利のグローブ(セーブ力+1)4000円
M シュートの秘伝書(必殺シュートを習得、ランダム)7000円
N ブロックの秘伝書(必殺ブロックを習得、ランダム)7000円
O 『分析の書』制限付きで対象の能力値を分析できます 3000円
P 『見切りの書』対象の動き見抜く術を学べます 7000円
Q 『ミスディレクションの書』視線誘導の極意が記されている 8000円
R 『神速の書』ただただ速くなる方法が纏められている 9000円
S 『みんなのヒーローの書』??? 15000円
T もう買わない
半田の所持金 9800円

1票でも入れば選択された物を買います、複数買う場合は個数も記入してください。Tが選択されたら終了とします

※スパイク、ミサンガは一人一つしか装備できません
※ガッツ回復系アイテムは一試合で一人に対しては一つしか使用できません

370 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 10:27:28 ID:wIW6Sr+E
C 五個

371 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 10:55:05 ID:???
分析の書等は本を買った後、以前のように判定で成功しないと本の内容を習得できないようになっていますか?

372 :副キャプテン半田:2017/04/09(日) 11:05:09 ID:???
>>371 スキル本は買えば判定なしで習得できます

373 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 11:07:42 ID:???
回答ありがとうございます。

374 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 11:14:41 ID:HvyhzD7U


375 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 12:08:39 ID:HvyhzD7U
Tを取り消します。Pで

376 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 13:04:26 ID:wIW6Sr+E
T

377 :副キャプテン半田:2017/04/09(日) 21:47:47 ID:3H+sHWAg
C 冷却スプレー×5、P 『見切りの書』

半田「それじゃあこのスプレーを5本と……あとこの本も下さい」

店主「毎度あり。いやぁ随分買ってくれたねぇ、よしオマケをつけようか」ガサゴソッ

店主はしゃがみこむとカウンターの下で何かを探しだす。

店主「有った有った」

半田「なんですか?この箱」

店主「くじだよ、大分前に作ったっきり使わずにしまっちゃってね。ほら、引いてみて」

くじ引き→! dice
!とdiceの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

1 はずれ
2 店主とお話しできます
3 スポーツドリンク
4 スーパードリンク
5 ランダムでミサンガを一つ(更に判定)
6 もう一度行動できる権利

378 :名無しさんと創る物語:2017/04/09(日) 22:06:21 ID:???
ここはTRPGで高い数値を出しては味方を絶滅させたこの俺に任せろ
くじ引き→ 3

379 :副キャプテン半田:2017/04/09(日) 23:28:51 ID:3H+sHWAg
>>378さんに引いてもらっておいて申し訳ないのですが
すみません、スキル・【クラッシャー】の存在をすっかり忘れていました
お詫びとして今回の判定の結果を最高の6扱いとさせていただきます

6 もう一度行動できる権利

半田「では……やっ!」ズボッ

半田が勢いよく手を引き抜くと掌には一枚の紙切れが握られていた。

半田「えーなになに『もう一度行動できる権利』?」

店主「おめでとう一番の当たりだよ」

ポケットから懐中時計を取り出すと店主はおもむろに竜頭をいじり始めた。
すると半田の周りの空間が徐々に歪みだす。

半田「わっ!?」

店主「またのご来店お待ちしております」

暗くなる視界が最後に捉えたのはにこやかに手を振る店主の姿だった。

380 :副キャプテン半田:2017/04/09(日) 23:36:33 ID:3H+sHWAg
二年目 全国大会二回戦前自由行動1(追加)

半田「……何者なんだ。あの人は」

気がつくと半田は自宅の玄関にいた。時計に目をやると街へ出掛ける前の時間に戻っている。
どうやら瞬間移動と時間移動を同時に体験してしまったようだ。

半田「……まあ、いいや」

幸い購入したものは手にしっかりと握られていたので、半田は早速買ったばかりの冷却スプレーを痛む足にかけてみた。

半田「冷たいけど気持ちー……さて、どうしようかな」

A ○○に会いに行く(誰に会いに行くか記入して下さい)
B 街に行く
C 自主練習をする
D バイトに行こう(お金を稼げます。半田の現在の所持金 300円)
E 遊びに行く
F あんなチートアイテムが有るなら奪うしかないな
G その他。自由に記入して下さい
※冷却スプレーの残り本数5→4
『スキル・【見切り(一度ランダム発動した技を自分のカードが10以上で自判定のみ無効)】の書』を入手しました
1票決です。ageでお願いします

381 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 00:55:27 ID:cVa+m6is
D

382 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 18:59:50 ID:???
スキル 見切りについて質問です
一度ランダム発動した技についてですが、半田が判定に参加していない場合で
他のチームメイト相手に敵がマーク毎の必殺技発動した場合でも、後でその敵と
勝負して敵がマーク毎の必殺技発動した場合、スキル 見切りは発動できますか?

383 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 21:42:13 ID:Mx3ccq/M
>>382 いえ、見切りを発動させるには所持選手が一度その技を受ける必要があります

D バイトに行こう

半田「財布に300円しか入ってないのはさすがにまずい、バイトしよう」

前回はアイテム屋でバイトをしてそこそこの給料を貰えたが色々と忙しい大会期間の今、どうせなら大きく稼ぎたいものである。

A 土木工事(給金3000〜4000円、低確率で最大ガッツが上がるか怪我をします)
B アイテム屋の手伝い(給金2000〜2500円、低確率で何か貰えるか給金が減ります)
C 家の手伝い(給金1000〜1500円)
D 闘技場(???円、最大ガッツが下がるかサッカーに活かせる技術を習得出来るかもしれません)
1票決です。ageでお願いします

384 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 21:42:43 ID:FpWKwueo
A

385 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 21:47:25 ID:???
GMさん回答ありがとうございます

386 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:10:02 ID:Mx3ccq/M
A 土木工事(給金3000〜4000円、低確率で最大ガッツが上がるか怪我をします)

現場監督「おっ、君がバイトの子だね。しっかり頑張ってくれたらお給料も弾むからね!」

半田「サッー!」

肉体労働→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

K→素晴らしい働きっぷりだ!4000円+最大ガッツ+30!
J,Q→初日とは思えない働きっぷりだ!3800円ゲット
8〜10→なかなかのガッツを見せた、3500円ゲット
4〜7→やる気は伝わってきた、3300円ゲット
2〜3→ミスが少し目立った、3000円ゲット
1→機材に躓いてしまった、3000円ゲットだが怪我を負ってしまう
JOKER→意外な才能が開花!5000円+最大ガッツ+50!

387 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 22:11:04 ID:???
肉体労働→ ダイヤ4

388 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:24:12 ID:Mx3ccq/M
肉体労働→ ダイヤ4
4〜7→やる気は伝わってきた、3300円ゲット

先輩「オラオラ!新入り!チンタラしてんじゃねえぞ!!」

半田「ウッス!」

若干柄の悪い先輩に檄を飛ばされつつも、半田は目立ったミスもなく順調に仕事を進めていった。

現場監督「はい、お疲れさま」

半田「ありがとうございます!」

※半田の所持金 300→3600円

389 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:25:38 ID:Mx3ccq/M
放課後練習が終わり、部室で一同が寛いでいると新聞部の音無が慌てた様子で転がり込んできた。

音無「た、大変ですよ!みなさん!」バンッ

半田「どうした?変質者でも出たか?」

柔「荒事ッスか!」

滝沢「腕がなるぜ」

音無「違いますよ!さっき情報が入ってきたんですが……」

そこで一度言葉を区切り、息を整えると音無は深刻そうに口を開いた。

390 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:26:58 ID:Mx3ccq/M
音無「……あの帝国が負けました」

一同『ふーん……』

音無「……えぇっ!?もっと驚いたりしないんですか!?」

染岡「いや、まあ……」

イスラス「帝国も決して弱くは無かったが……」

飛田「正直言うと伊賀島の方が強敵でしたし、まあそういう事もあるかなーって思っちゃいますよね……」

いまいちなリアクションを見せるメンバーに不満げな様子の音無。

音無「むー……特ダネだと思ったのに。でもでも昨年の優勝校が一回戦で敗退ですよ?しかもスコアは4−0!」

半田「むっ、俺たちより一点多くとってるのか」

赤羽「しかも同じく完封か……いったいどこの学校なんだ?」

391 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:28:03 ID:Mx3ccq/M
音無「あっ、食いついてくれましたね。相手は静岡の世宇子中学だったみたいです」

光明寺「世宇子?聞いたことないな……」

大矢「無名の学校が優勝校を破ったのか、おもしれぇじゃねえか」

音無「なんでもキャプテンのキーパーの人とエースの人が対立していてギスギスした雰囲気のチームらしいですけど……」

沖田「そんなチームが帝国に勝てたなんて信じられないね、サッカーで重要なのはチームワークなのに」

飛田「もし僕たちと当たるとしたら決勝になりますね」

半田「勝ち残ってくればの話だがな、俺たちだって同じだあんまり上を見すぎると足元を掬われるからな」

円堂「半田の言う通りだ、まずは目先の白恋戦に向けて集中していくぞ!」

結局この日は具体的なデータや映像が無いためそれ以上世宇子について議論することが出来ず、
半田と円堂の言葉でその場は締められた。

392 :副キャプテン半田:2017/04/10(月) 22:33:24 ID:Mx3ccq/M
二年目 全国大会二回戦前自由行動2

半田「世宇子か……気になりはするけど白恋も得体が知れないしなぁ。そういえば木戸川にも新戦力が加わったっていう噂を聞いたな……」

A ○○に会いに行く(誰に会いに行くか記入して下さい)
B 街に行く
C 自主練習をする
D バイトに行こう(お金を稼げます。半田の現在の所持金 3600円)
E 遊びに行く
F ◯◯中について情報収集する(どこを調べるか記述してください。更に分岐)
G その他。自由に記入して下さい
1票決です。ageでお願いします

393 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 22:37:38 ID:FpWKwueo
A 葛木

394 :名無しさんと創る物語:2017/04/10(月) 22:59:11 ID:???
2回戦は相手変更されてるのか
原作の相手はディフェンスなら大会最強って言ってたけど、このメンツなら厳しいわな

395 :副キャプテン半田:2017/04/12(水) 21:53:05 ID:WydphZm6
>>394 千羽山に組み込めそうなキャプ森キャラが思い浮かばなかったので「なら白恋を出してしまおう」となりました
原作千羽山戦は鬼道がいてこそ盛り上がったのでこのスレでやってもどうも……とも思いましたしね
千羽山ファンの方がいたら申し訳なかったですが

A 葛木

葛木「……あら、いらっしゃい」

半田「どうも」

前回と同じように図書室を訪れると、今回も運良く担当日であったらしく葛木が貸出カウンターで出迎えてくれた。

葛木「怪我はもう大丈夫なの?」

半田「ええ、なんとか」

葛木「そう、良かった……次の試合は雷門でやるんですってね」

半田「ああ、相手はわざわざ北海道から来るみたいだ、お気の毒に。
もし逆だったらと思うとゾッとするよ、雪の上でサッカーなんてしたことないからさ」

葛木「フフッ、いくら北海道の学校でも雪の上でサッカーはしないんじゃないの?」

半田「言われてみればそうだな」

照れくさそうに笑うと、半田は本題を切り出す。

A この間はどうして豆腐の本なんてくれたんだ?
B 何かおすすめの本とかある?
C 今日一緒に帰らないか?
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

396 :名無しさんと創る物語:2017/04/12(水) 22:00:55 ID:EKaeRh36


397 :副キャプテン半田:2017/04/12(水) 23:22:10 ID:WydphZm6
A この間はどうして豆腐の本なんてくれたんだ?

葛木「え?」

半田「いや、あまりにも唐突だったから……」

葛木「……」

あのM氏も読んだ本→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ハート→葛木「その……少しでも体力つけてもらいたくて……」
ダイヤ→渡す本を間違えたようです(数値により内容が変わります)
スペード・クラブ→葛木「豆腐、嫌いだった?」
JOKER→???

398 :名無しさんと創る物語:2017/04/13(木) 01:06:47 ID:???
あのM氏も読んだ本→ ダイヤ8

399 :副キャプテン半田:2017/04/16(日) 22:40:15 ID:Nn0TrcGw
あのM氏も読んだ本→ ダイヤ8
ダイヤ→渡す本を間違えたようです(数値により内容が変わります)

葛木「豆腐?サッカーの本を渡したつもりだったんだけど……」

半田「そういえば背表紙にナンバーシールが貼ってあったような」

葛木「……ごめんなさい、渡す本を間違えたみたいね。ちょっと待ってて」

そう言い残して本棚へと葛木は向かうと、すぐに一冊の本を手に戻ってきた。

葛木「はい、本当はこっちを渡すつもりだったのに入れ替わってたみたい。……豆腐の本は図書室に返しに来てもらっていい?」

半田「別にいいけど……(落ち着いてる人だと思ってたけどこんな間違いするなんて意外だな)」

半田の視線で考えていることを読み取ったのか、葛木は少し慌てた様子で弁明する。

葛木「あ、あの時は本棚の整理をしてたから雑ざってしまったみたいね。手間をかけさせてごめんなさい」

400 :副キャプテン半田:2017/04/16(日) 22:41:59 ID:Nn0TrcGw
半田「いや気にしないでくれ、本を見ながら作った豆腐美味かったし。この本もありがとうな、役立たせてもらうよ」

それじゃあこれから練習だから、と半田が図書室から出ていくと残された葛木はほっと息を落ち着け、椅子に腰をかける。
なんとなしに窓の外へ目を向けると薄黒い雲が空に垂れ込んでいた。
そう言えば週末も天気が崩れるとニュースで耳にした気がする。

葛木「……」キュッキュッ

数分後、彼女の手の中で顔を描かれ一つのてるてる坊主が完成した。

葛木「……晴れるといいな」

普段同級生に見せることは無い、柔和な微笑みを湛え彼女は呟く。

※半田に高シュートフラグが立ちました
次の試合に特殊フラグが立ちました

401 :副キャプテン半田:2017/04/16(日) 22:43:27 ID:Nn0TrcGw
仲間の練習フェイズ

この練習フェイズでは毎回学年を問わずに選手を一人指名することができ、指名された選手は
『14以下の全能力と指定の能力を一つ(14以下の能力と被ってても可)』を鍛えられます。
またこの練習では必殺技開発はできません。

では指名したい選手の名前を記入して下さい
1票決です。ageでお願いします

402 :名無しさんと創る物語:2017/04/17(月) 00:33:44 ID:ydTNnqn+
光明寺

403 :副キャプテン半田:2017/04/17(月) 00:38:03 ID:Ie62ITYY
光明寺
ド11 パ12 シ11 タ18 カ15 ブ11 せ11 2/2

鍛えたい能力を記入して下さい。
1票決です。ageでお願いします

404 :名無しさんと創る物語:2017/04/17(月) 03:11:48 ID:JCSglxvA
せりあい

405 :副キャプテン半田:2017/04/17(月) 21:08:19 ID:S0DaI5YE
せりあい

光明寺(この間の試合では俺が競り負けたせいで失点してしまった。早めにこの弱点を無くさなければ繰返しになりかねない)

そういうわけで光明寺は己の貧弱なフィジカルを鍛えるためにジムに来ていた。
周りにいるのは自分よりも二周り以上もデカいマッチョばかりで少々浮きぎみだが
そんなことで萎縮する光明寺ではなく、一人黙々とトレーニングを続ける。

★光明寺のせりあい練習→! card
光明寺の総合練習→! card★

せりあい練習判定表
K→せりあい+3
6〜Q→せりあい+2
1〜5→せりあい+1
JOKER→せりあい+5、更に……

総合練習判定表
ダイヤ・ハート→14以下の全能力+2
スペード・クラブ→14以下の全能力+1
JOKER→全能力+3

406 :名無しさんと創る物語:2017/04/17(月) 21:23:22 ID:???
★光明寺のせりあい練習→ ハート10
光明寺の総合練習→ ハート6

407 :副キャプテン半田:2017/04/17(月) 21:33:36 ID:S0DaI5YE
★光明寺のせりあい練習→ ハート10
光明寺の総合練習→ ハート6 ★
6〜Q→せりあい+2
ダイヤ・ハート→14以下の全能力+2

光明寺「フッ……!フッ……!」ガシャンッ ガシャンッ

インストラクター「やあ!精が出るね!ところで突然だけどトレーニングで一番大事なものって何か分かるかな!?」

光明寺「…………負荷、ですか?」

インストラクター「そうだね、プロテインだね!さあお食べ」スッ

光明寺「……どうも」

光明寺は変なインストラクターに絡まれながらも着実にトレーニングを重ねた。
その結果、目的通り筋肉は以前より強くしなやかになりプレーの切れも鋭くなった。

光明寺の14以下の全能力+2 せりあい11→15

408 :副キャプテン半田:2017/04/17(月) 21:36:38 ID:S0DaI5YE
仲間との交流フェイズ

半田「あー、暇だ」

常日頃何かしらの目的を持って様々な場所を駆けずり回っている半田にしては珍しく、この日はやることもなく
ふらふらと街をうろついていると、通りの向こうから見慣れた人物がやって来た。

半田「む、あれは……」

会話をしたい仲間(選手以外でも半田が知っている雷門中関係者なら可)の名前を記入して下さい
1票決です。ageでお願いします

409 :名無しさんと創る物語:2017/04/17(月) 21:37:10 ID:JCSglxvA
アーサー

410 :副キャプテン半田:2017/04/17(月) 22:15:20 ID:S0DaI5YE
アーサー

半田「お、アーサー。散歩か?」

アーサー「ああ、半田もかい?」

近頃、雷門町でまことしやかに囁かれている一人でに転がるサッカーボールの怪異。
一部ではサッカー少年の幽霊がドリブルをしているためなどと言われているが、
その正体はただの半田の同居人のサッカーボールであった。

アーサー「今日はちゃんと忘れずに家の中に入れてくれよ?この時季の夜はさすがにサッカーボールにも辛い」

半田「はいはい。それよりさ……」

A アーサーは変化とかできないのか?
B 雑談でもしようぜ
C どっか遊びに行かないか?
D このままアーサーのあとをつけてみる
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

411 :名無しさんと創る物語:2017/04/17(月) 22:16:27 ID:JCSglxvA
B

412 :副キャプテン半田:2017/04/18(火) 00:47:44 ID:D+t/owpk
B 雑談でもしようぜ

半田「適当に喋りながら一緒に散歩しようぜ」

アーサー「ああ、いいとも」

アーサーが先行して歩き(転がり)半田がすぐ後ろを歩いているので、これなら半田がドリブルしているように見えるので
他人に見られても問題は無いだろう。

寒空散歩→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田「アーサーも俺達が優勝したら元いた世界に帰るのか?」
ハート・スペード→アーサーの過去について
クラブ→半田の過去について
JOKER→アーサー「今の半田なら……」

413 :名無しさんと創る物語:2017/04/18(火) 01:00:40 ID:???
寒空散歩→ ダイヤ4

414 :副キャプテン半田:2017/04/19(水) 22:09:29 ID:fT2L3FuI
アーサー「どうだろう……私の場合はイスラス達とは来た理由が違うみたいだからな」

半田「言われてみればそうか」

アーサー「もしかしたら元の世界に戻ったらまた普通のボールに戻ってしまうかもしれない、
そもそも自分に選択肢があるのかすら分からない……まあ考えてもどうしようもないことだが」

半田「そっか」

しばらくなんとなく会話が途切れてしまいに、二人揃って静かに歩く。
気がつくと家のすぐ側まで戻ってきていた。そこでアーサーが言葉を紡ぎ始める。

アーサー「……今の生活は楽しい。日に日に成長していく君たちを見守っているのはサッカーボール冥利に尽きるからな」

半田「なんだよ、サッカーボール冥利って」

アーサー「とにかく成るがままに任せてみるさ、私は人に蹴られて初めて動けるボールだからね」

半田「今も自分で動いてるくせに何を言ってるのやら」

既に沈みかけてる冬の夕日を背に受けながら、二人はとりとめの無い話を続ける。
この日常がいつまで続くかは分からない、だから今を少しでも取り零さないようにゆっくりゆっくりと足を進める。

※半田に特殊フラグが立ちました

415 :副キャプテン半田:2017/04/19(水) 22:11:31 ID:fT2L3FuI
全国大会二回戦 白恋中学戦

半田「おっーす」ガラッ

円堂「よう、早いな半田」

半田「お前こそ」

試合当日の朝、集合時間よりも大分早くに学校に来てしまった半田が部室の扉を開くとそこには既にユニフォームに着替えている円堂がいた。

半田「しかしあれだな、校長も妙に気合いが入ってるな」

円堂「グラウンドの準備くらいなんてことないから俺たちに任せてくれればいいのに……」

サッカー好きの理事長の顔を窺ってのことか、急にサッカー部への待遇を良くし始めた火来校長は
「コンディションを少しでも整えるため」という良く分からない理由から、試合の準備を有志の学生たちにやらせる
という通達を出していた。そのためメンバーはいつもより遅く学校に来ることになっていたのだが

416 :副キャプテン半田:2017/04/19(水) 22:14:37 ID:fT2L3FuI
大矢「ふぁ〜……眠いぜ」

飛田「試合ではシャキッとして下さいよ?」ガラッ



ドールマン「はぁ……」

赤井「どうしたんだ?ドールマン?」

ドールマン「この間の伊賀島のシュートを自分が受けてたらと思うと……
今日もあのレベルのシュートが飛んでくるかもしれないし……」

イスラス「安心しろ、ドールマン。サインはきっちり出してやる」ガラッ



光明寺「白恋も世宇子同様、今までは無名の学校だったらしく満足に情報が集られなかったんだ」

赤羽「俺たちも似たようなものだけどな。うん?」



沖田「フフフ、一番乗りしてエースとしての心構えを皆に説いて……あれ?」

半田「結局みんないつも通り集まったな」

沖田を最後に一同は通常の時間通り部室に揃ってしまった。
今に始まったことではないが負ければそこで終わりのトーナメント、緊張と興奮で誰もが家でじっとしてられなかったのである。

417 :副キャプテン半田:2017/04/19(水) 22:23:35 ID:fT2L3FuI
染岡「アップするだけじゃ時間が余るな。軽くミニゲームでもするか?」

円堂「良いな!じゃあ早速チーム分けを……」

コンコンッ
ガラッ

音無「失礼しまーす」

半田「おっ、今日は普通に入ってきたな」

音無「前回のウケが悪かったので。それより先輩、頼まれてた情報持ってきましたよ!」

半田「おお、ありがとな。で、どこの学校の情報だ?」

音無「それは……」

音無の情報収集→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ・ハート→木戸川清修
スペード・クラブ→白恋
JOKER→上記二つ+世宇子

大分説明が遅れましたがスキル・【クラッシャー】は半田の最大ガッツを40支払うことで、試合時以外の判定の結果を
一段階上のものにできます(今回の場合は使用すればスペード・クラブでもダイヤ・ハート分岐の結果にできます)
ただし使用した上で最良の結果を出してもJOKER分岐にはなりませんのでご注意を。
リスキーなスキルですのでここぞという時のご活用を。
使用する場合は判定の前にageで「【クラッシャー】使用」と書き込んで下さい

418 :名無しさんと創る物語:2017/04/19(水) 22:25:14 ID:???
音無の情報収集→ スペード5

419 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:41:43 ID:Rf8+3zAE
音無の情報収集→ スペード5
スペード・クラブ→白恋

音無「今日の対戦相手、白恋中学についての情報を持ってきました!」

光明寺「なに?」

音無の発言に光明寺が反応を示す。

光明寺「俺も今朝まで情報をかき集めていたが録なものは見つからなかったというのに……」

音無「ふふん、新聞部に脈々と受け継がれてきた人脈が有るんです。日本の最北端から最南端まで繋がるそれはそれは広いやつが」

光明寺「なるほど、感服するしかないな」

音無「で、今回は予選時のフォーメーションと主力選手について纏めてきたんです!さあとくとご覧あれ!」

420 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:45:23 ID:Rf8+3zAE
白恋フォーメーション 
−○−○− 小田 喜多海
−−−−−
○−○−○ カペロマン 松山 ポブルセン
−−−−−
−−○−− 氷上
−−−−−
○−−−○ 吹雪 雪野
−○−○− フライハイト 目深
−−○−− 函田

小田
突破力:C 得点力:C ボールカット:D ゴール前:C スタミナ:C
はっきり言うとチームのレベルには不釣り合いなFW。今回はその平均的な能力を他との比較の為に使わせてもらう。

松山
突破力:A 得点力:S ボールカット:A ゴール前:B スタミナ:A
キャプテンでありチームの柱。弱点と呼べるものは殆ど無い。
必殺の「北国シュート」は多少の距離なら無視して撃ってくることもあるので彼にボールが渡ったら警戒すべき。


ポブルセン
突破力:A 得点力:A ボールカット:B ゴール前:C スタミナ:B
超強引な突破と強力なミドルシュートを武器とする攻撃的MF。
激情型の選手らしく試合の途中に暴走することもしばしば。マッチアップの際には注意。

カペロマン
突破力:A 得点力:B ボールカット:C ゴール前:C スタミナ:B
データ上は他の主力選手と比べると一段劣る印象を受けるが、彼の真価が発揮されるサイドでは油断ならない存在となる。
特にコーナーキックから直接放たれる必殺シュートは脅威。

421 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:47:00 ID:Rf8+3zAE
吹雪
突破力:A? 得点力:A? ボールカット:A? ゴール前:B? スタミナ:B
攻守を兼ね備えた俊足のサイドバック。
どのプレーも高いレベルでこなす……と思ったらさっきは余裕で止めていた相手にあっさり抜かれたりするという
安定しない選手。おそらくムラっ気があるのだろう。

フライハイト
突破力:B 得点力:B ボールカット:A ゴール前:A スタミナ:A
守りの要。高水準に纏まった穴の無い能力により堅牢な壁となる。
どうやら攻撃もこなせるようだが余程のことが無い限り上がってくることはないと思われる。

函田
セーブ力:A 一対一:B 飛び出し:B
目立ちこそしないが堅実なGK。

422 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:48:56 ID:Rf8+3zAE
半田「ミドルシューターが三人もいるのか。ドールマンを起用するならガンガン撃ってきた場合体力が持つか怪しいな ……」

円堂「そうなると途中で俺と交代することも視野に入れといた方がいいかもな」

飛田「これだけ強力な中盤がいるのにFWにこれといったタレントがいないのは勿体ないですね。僕らとしては幸運ですけど」

沖田「DFの二人までも攻撃できるなんてうちとは大違いだね!」←悪意は無い

柔「……攻撃能力の総合値で俺に負けてるMFさんに言われたくないッスよ」ボソッ

赤井(北海道で松山?まさかな……)

思わぬ形で突然入ってきた敵の情報にそろぞろ意見を述べる面々。
それを眺めて音無も情報収集してきた甲斐が有ったらしく満足げな表情をしている。

音無「それじゃあ私はちょっと用事があるのでこれにて!」ダダッ

半田「あっ、おい!……行っちまったか。また頼みたかったのにな」

何か急ぎの用事があるようで音無は慌ただしく部室から姿を消した。
ともかくこれで雷門は今までとは違い、相手を知った上でフォーメーションを組めることとなった。

423 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:50:59 ID:Rf8+3zAE
染岡
ド17 パ12 シ19 タ12 カ12 ブ12 せ12 2/2
ドラゴンクラッシュ(シュート力+4、吹っ飛び係数3)150消費
強引なドリブル(1/2でドリブル力+2、吹飛係数2)
スキル・【ドラゴンチェイン(『ドラゴンクラッシュ』発動時に対象の消費ガッツ1.5倍で味方の浮き玉シュート+4)】
ドリブルフラグ
タックルフラグ

飛田
ド16 パ14 シ20 タ14 カ15 ブ14 せ17 3/3
サイレントムーブ(1/2でドリブル+2)
オーバーヘッドキック(高シュート力+2)120消費
ダイビングボレー(低シュート力+3)180消費
リフレクトボレー(低シュート+4)200消費
バイパータックル(1/4でタックル+3)
スキル・【ポイゾナスモード(シュート以外の全能力+2、強烈なヘディング/ボレー(1/2でシュート力+2)を使用可能に。
消費ガッツ1.5倍)】

大矢
ド19 パ12 シ23 タ15 カ12 ブ12 せ17 2/2
スーパーアルマジロ(1/2でドリブル+3、吹っ飛び係数3)
やや華麗なドリブル(1/4でドリブル+2)
グレネードショット(シュート力+3、吹っ飛び係数2)120消費
カタストロフィショット(シュート力+6、吹っ飛び係数2)200消費
パワータックル(1/2でタックル力+2、吹っ飛び係数3)
ブレイクダウン(1/4でせりあい+3、吹っ飛び係数4)
スキル・【破壊魔(1人吹っ飛ばす毎にガッツ20回復)】
高シュートフラグ
ドリブルフラグ
せりあいフラグ

424 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:54:30 ID:Rf8+3zAE
イスラス
ド21 パ17 シ19 タ17 カ18 ブ17 せ17 1/2
高速ドリブル(1/4でドリブル力+4)
加速ドリブル(1/2でドリブル力+2)
ノーモーションシュート(近シュート力+5、120消費)
オーバーヘッドキック(高シュート力+2、120消費)
ドリブル
パスカットフラグ
タックルフラグ
パスフラグ

大黒
ド11 パ9 シ13 タ9 カ9 ブ9 せ9 2/2
シュートフラグ

MF
半田
ド20 パ20 シ20 タ20 カ19 ブ14 せ20 2/2
ピンポイントパス(パス力+2)60消費
ミラージュパス(パス力+5、吹っ飛び係数4)120消費
ジグザクスパーク(1/4でドリブル+2)
ジグザクスパーク・改(1/4でドリブル+3)
サイクロン(1/4でタックル+2 吹っ飛び係数4)
サイクロンV2(1/4でタックル+3、吹っ飛び係数4)
ミラージュシュート(シュート力+7、吹っ飛び係数3 250消費)
先読みパスカット(1/4でパスカット+2)
ドリブルフラグ
特殊フラグ

425 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:56:32 ID:Rf8+3zAE
沖田
ド19 パ15 シ15 タ17 カ13 ブ13 せ15 2/2
スキル・『自称天才の閃き(必殺技フラグを習得時即回収)』
マルセイユルーレット(1/2でドリブル+3)
ストップ&ゴー(1/4でドリブル+3)
影縫い・改(1/2で相手のドリブル-3)
真・影縫い(1/4で相手のドリブル-3、更に自判定のみ相手の必殺技を無効)
ムーンサルトパスカット(1/4でパスカット+3)
スキル・【フィジカル○(自分に対する吹っ飛び係数を2上げる)】
スキル・【ニュータイプ(敵を抜く程ボールを失くすまで全判定にボーナス)】

ジェット
ド12 パ17 シ11 タ16 カ15 ブ11 せ14 2/2
バナナパス(パス+2)60消費
抉るタックル(3/4でタックル+2)
屠るタックル(1/4でタックル+4、吹っ飛び係数4)
伸びるパスカット(1/2でパスカット+2)
スキル・【超反応(こぼれ球時に1差なら自分でフォロー。カードがクラブならタックル、パスカット時に+2)】
タックルフラグ
パスフラグ
せりあいフラグ

槍野
ド15 パ12 シ9 タ9 カ15 ブ9 せ9 2/2
疾風ダッシュ(1/4でドリブル+2)
ラピッドショットパス(パス+2、直後の受け手の行動がドリブルなら補正+1、それ以外なら-1、60消費)
クイックドロウ(1/2でパスカット+2)
スキル・【貫くパス(1/2でパス+2)】

滝沢
ド11 パ9 シ9 タ13 カ9 ブ せ9 2/2
パワータックル(1/2でタックル力+2、吹っ飛び係数4)

426 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 21:58:28 ID:Rf8+3zAE
海渡
ド9 パ9 シ9 タ9 カ13 ブ9 せ12 2/2
柔らかいカット(1/2でカット+3)
せりあいフラグ

DF
光明寺
ド13 パ14 シ13 タ18 カ15 ブ13 せ15 2/2
頭脳的なタックル(3/4でタックル+3)
スーパースキャン(1/4でパスカット+3)
タックルフラグ

英嶋
ド12 パ11 シ11 タ16 カ13 ブ11 せ16 2/2
フェンシングタックル(1/2でタックル+2、吹っ飛び係数4)
厳霊丸(1/4でクリア+4)
瞬歩(クリア時1/4で+3)
せりあいフラグ

赤羽
ド12 パ16 シ11 タ13 カ13 ブ19 せ13 2/2
ダイビングブロック(1/4でブロック+4)
ディメンジョンブロック(1/4で+5、ポスト判定発生)150消費
ピンポイントパス(パス力+2)60消費
スキル・【カウンター(直前の判定で自身でボールを奪取していれば全能力+1)】
ブロックフラグ

427 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 22:00:57 ID:Rf8+3zAE

ド18 パ19 シ18 タ18 カ18 ブ20 せ18 2/2
パワーブロック(1/4でブロック+4、100消費)
タックルフラグ

赤井
ド9 パ13 シ9 タ18 カ19 ブ21 せ16 2/2
ピンポイントパス(パス力+2)60消費
クリムゾンタックル(1/2でタックル力+2)
ダイビングブロック(1/4でブロック力+4)100消費
顔面ブロック(1/4でブロック+6)150消費
【スキル・集中(自判定で2以下を出したときに数値が+1される)】
【スキル・クリア職人(クリア直後の味方のせりあい+1)】
【レッドストッパー(ディフェンス時ダイヤ・ハートで相手のマークと一致した場合、相手の数値-2)】
パスカットフラグ

目黒
ド9 パ9 シ9 タ13 カ11 ブ9 せ9 2/2
タックルフラグ

GK
円堂
ド11 パ13 シ14 タ11 カ11 ブ11 キャッチ21 パンチング23 せりあい19 3/3
熱血パンチ(パンチング時1/4でセービング+2)
爆裂パンチ(パンチング時 1/4でセービング+4)
正義の鉄拳(パンチング時 1/4でセービング+6)
メガトンヘッド(クリア時1/2で+4、吹っ飛び係数2)

ドールマン
キャッチ21 パンチング23 せりあい22 3/3
おしえてイスラス!(パンチ力+6 要イスラス)200消費
【スキル・頑丈(吹っ飛び時の消費ガッツ0、更に怪我率低下)】

428 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 22:03:14 ID:Rf8+3zAE
円堂「よしみんな!ちょっと早いけどフォーメーションを決めるぞ!
音無が持ってきてくれた情報で相手のことは大体分かった。それを踏まえて今回は……」

フォーメーションを選択してください

A:4-4-2
B:4-3-3
C:3-4-3
D:3-5-2
E:その他。自由に記入して下さい
1票決です。ageでお願いします

429 :名無しさんと創る物語:2017/04/20(木) 22:05:09 ID:8vISNtrs
D

430 :名無しさんと創る物語:2017/04/20(木) 22:09:15 ID:v/YFtq6k
A

431 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 22:36:28 ID:Rf8+3zAE
D:3-5-2

円堂「向こうの中盤に対抗するために今日は3-5-2でいくぞ!」

円堂「まずはFWだ!ここは……」

−−−−− 
−−−−−

入れたいところに○と選手名を記入してください
1票決です

432 :名無しさんと創る物語:2017/04/20(木) 22:38:35 ID:8vISNtrs
−○−○− 大矢 飛田
−−−−−

433 :副キャプテン半田:2017/04/20(木) 22:42:10 ID:Rf8+3zAE
−○−○− 大矢 飛田
−−−−−

円堂「いつも通り大矢と飛田だ!ボールカットが得意な吹雪がいないサイドの大矢は期を見て
自分でも積極的に切り込んでいってくれ」

円堂「次にMF、ここは……」

−−−−− 
−−−−− 
−−−−−

入れたいところに○と選手名を記入してください

434 :名無しさんと創る物語:2017/04/20(木) 22:44:47 ID:8vISNtrs
−−○−− 半田
○−−−○ イスラス 染岡
−○−○− ジェット 沖田

435 :副キャプテン半田:2017/04/21(金) 00:30:34 ID:???
−−○−− 半田
○−−−○ イスラス 染岡
−○−○− ジェット 沖田


円堂「この試合、いかにシュートチャンスを作れるかにかかっていると思う。
だから少しでも突破力を高めるために染岡をMFで起用する!狙えるなら飛田との連携も忘れるな!」

染岡「おうよ!任せとけ!」

円堂「次にDFとGK!ここは……」

−−−−− 
−−−−− 
−−−−−

入れたいところに○と選手名を記入してください
1票決です

436 :名無しさんと創る物語:2017/04/21(金) 07:32:17 ID:jfot6oro
−−−−−
○−○−○ 光明寺 赤井 柔
−−○−− 円堂

437 :副キャプテン半田:2017/04/21(金) 21:55:18 ID:OFYjuwS2
−−−−−
○−○−○ 光明寺 赤井 柔
−−○−− 円堂

円堂「今日はこの形だ!」

柔(よし!完全にレギュラーに定着したっスね!)

赤羽(スタメンではないが、いつ出番が来ても大丈夫なように備えとかなきゃな)

フォーメーションが決まりそれぞれ思うところは有るようだが、皆一様に勝利に向けて闘志を燃やしている。
ここまで来て負ける気は更々ない。

半田(さて、アイテムと装備の確認をするか。見切りの書を誰に読ませるべきか悩むところだが……)

装備または使用する場合使いたい選手の名前を記入してください
現在の装備者
鍛練スパイク(シュート+1、ドリブル+1)・半田
熱血ミサンガ(せりあい+1)・円堂
超キノコ(せりあい+1、高い浮き玉補正+1。消費アイテム)
見切りの書(使用することでスキル・【見切り】が習得できる。消費アイテム)
1票決です。ageでお願いします

438 :名無しさんと創る物語:2017/04/22(土) 07:48:19 ID:0sxu4WTU
見切りの書 半田に使用

439 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 21:52:42 ID:I/6E8oj+
見切りの書 半田に使用

半田(買ったのは俺だし俺が読めばいいか)

パラパラと本を捲って軽く目を通しただけで、半田の頭には確かに相手の動きを見切るイメージがどんどん湧いてきた。
まるで魔法にかけられた気分である。

半田(これもあの店主の力か?素性は良く分からないけどあの人は敵に回したくないな)

円堂「ごほんっ、それじゃあ気合いを入れるためにもいつものを……」

円堂「よし いこう! いこうぜ みんな!!」

一同『おう!!!!』

440 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 21:54:18 ID:I/6E8oj+
雷門フォーメーション
−○−○− 大矢 飛田
−−−−−
−−○−− 半田
○−−−○ イスラス 染岡
−○−○− ジェット 沖田
−−−−−
○−○−○ 光明寺 赤井 柔
−−○−− 円堂

白恋フォーメーション 
−○−○− 小田 喜多海
−−−−−
○−○−○ カペロマン 松山 ポブルセン
−−−−−
−−○−− 氷上
−−−−−
○−−−○ 吹雪 雪野
−○−○− フライハイト 目深
−−○−− 函田

441 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 21:56:54 ID:I/6E8oj+
フォーメーションも決まりアップのためにグラウンドへ移動すると、ちょうど正門から白恋と思われる団体が姿を見せた。

カペロマン「やっと着いたぜ……」

フライハイト「なんとか定刻に間に合って良かったよ……」

先頭を歩いている外国人らしき二人はまだ朝だというのに既に仕事帰りのサラリーマンのように疲れている様子である。

吹雪「松山くん、今朝はどこに行ってたんだい?」

松山「ホテルの部屋から出ようとして扉開けたら突然穴に落ちて、気がついたらなんか古ぼけた鉄塔にいた」

小田「ホント、心臓に悪いから勘弁してよ……」

松山「小田は気が小さいなあ、別に吸血コウモリが出たり大魔王が襲ってきたわけじゃないだろ」ジャラジャラッ

キャプテンである松山が朝早くに突然姿を消すというアクシデントがあり、
その影響で先の二人はいらぬ心労を募らせることとなった。
なお松山が神隠しに会うのは別段珍しいことではなく
本人は特に動じることなく朝の散歩をしながら堂々とした態度で帰ってきた。

442 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 22:00:02 ID:I/6E8oj+
松山「しかし惜しいな、時間があれば小田と一緒に向こうのミーティングに潜り込もうと考えてたのに……」ジャラジャラッ

吹雪「ハハッ良いねそれ、楽しそうだ。今度やる機会が有ったら僕もついていっていい?」

松山「もちろんだ」

小田(じょ、冗談…………だよな?)

真剣な表情で己の計画を打ち明ける松山と能天気に笑い飛ばす吹雪を見て、
小田の脳裏には強豪校の屈強な選手に簀巻きされた自分が浮かんだ。
みるみる青くなっていく小田の顔色、あと少しで空色だ。
そんな三人の後ろから引き摺られてついていく物体が一つ路上に転がっている。

松山「おーいポブルセン。そろそろ到着するから起きろー」ジャラジャラッ

よく見るとそれは松山の手に握られている鎖に縛られている一人の少年だった。
意識を失っているようだったが、松山の声で目覚めた瞬間殺意と敵意を一斉に松山にぶつける。

443 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 22:01:41 ID:I/6E8oj+
ポブルセン「…………◎△$♪×¥●&%#?!(すごくきたないことば)」

些細な原因でこのポブルセンという男が松山に突っかかるのはもはや白恋名物に成りつつある。
その度にポブルセンは松山に伸されているのだが全く懲りないようだ。

松山「おー、それだけ元気なら試合に影響は無さそうだな。少しやり過ぎたかなって心配してたから良かったよ」

ポブルセン「ぶ っ こ ろ す っっっっっ!!!」

今にも降りだしそうな雨雲がポブルセンの怒号により震える。

444 :副キャプテン半田:2017/04/22(土) 22:14:01 ID:I/6E8oj+
それから十数分後、更に一悶着有ったみたいであるが白恋メンバーもグラウンドに出揃いアップを始めだした。

半田(見ているだけでこっちが疲れてきそうなチームだな。で、さっきから騒ぎの中心にいるのが向こうのキャプテン 松山か)

音無の情報と照らし合わせ半田は誰がどういった選手なのか確認する。
主力選手として名前が挙がっていた者たちはやはりそれなりの風格を纏っていた。

半田(誰かに話しかけてみようかな)

A うん?赤井も松山のところに行くのか?
B なんとなくのんびりリフティングしている吹雪が気になる
C やたらと空を気にしているフライハイトに話しかける
D ポブルセンの元へ敢えて腫れ物に触れに行く
E ライン際を猛スピードで駆け上がっていくカペロマンに話しかける
F 味方と話をする(誰と話すか記入してください)
G その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

445 :名無しさんと創る物語:2017/04/22(土) 22:21:09 ID:6gLvxk0w


446 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 00:55:15 ID:???
松山くんはっちゃけているなあw

447 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 13:59:26 ID:???
ほかのキャラだとこいつ滅茶苦茶だなと思うんだろうけど、松山くんだと楽しそうだなあとほんわかしてしてしまう

448 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 21:36:00 ID:/nOXfi16
>>446-447 某スレの松山くん、というか当時の参加者の方々のノリを再現しようとしたらこうなりました
天然でブッ飛んでて時には熱血な松山くんと愉快な仲間たちをどうぞお楽しみください

A うん?赤井も松山のところに行くのか?

赤井「あ、あの!ふらの小でキャプテンだった松山さんですよね?」

松山「うん?お前は……」

赤井説明中

松山「そうか、俺たち以外にも飛ばされてきた奴らがいたのか」

赤井「俺も日本人で飛ばされた人に合うのは松山さんが初めてですよ」

思わぬ所で思わぬ人物と遭遇した赤井(本当は日向にも遭遇していたのだが)。
赤井の説明を受け、半田も彼が小学生時代に全国大会のベスト4までチームを率いた猛者だと知った。

松山「まあだからといって手加減は出来ないけどな。全力で勝ちにいかせてもらうぜ……ところでそっちは?」

半田「ああ、ちょっと話したいことがあってな……」

A 「トップ下としてお前に宣戦布告をする!」
B 「なんで肩に人形なんて乗っけてるんだ?」
C こっちも奇行で対抗する、 演奏 だ!
D 「なあ、緑髪の女性ってどう思う?」
E その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

449 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 21:44:41 ID:c1gBDW/M


450 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 22:05:39 ID:/nOXfi16
D 「なあ、緑髪の女性ってどう思う?」

松山「……ん?」

赤井「いきなり何を言い出すんだ?」

半田「いやなんとなく聞いてみたくなってさ」

松山「……」

松山はしばし悩むように視線を落とし、しばらく思考する。

トラウマ?→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ絵札→松山「……」ガタガタガタガタッ
ダイヤ→松山「うっ!?急に腹に異物感が……」
ハート・スペード・クラブ→松山「あんまり見たこと無いけど綺麗でいいんじゃないか?」
JOKER→松山「なにを隠そう応援に来てくれてる俺の彼女も緑髪なんだ」

451 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 22:17:48 ID:???
トラウマ?→ ハートQ

452 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 22:30:11 ID:???
くっ、土がゆがたりない!

453 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 23:24:38 ID:/nOXfi16
>>452 ダイヤ絵札なら全能力-2とかになっていたんですけどね

トラウマ?→ ハートQ
ハート・スペード・クラブ→松山「あんまり見たこと無いけど綺麗でいいんじゃないか?」

緑髪と聞くと松山の頭はじくじくと鈍い痛みを訴え始めた。
瞬間視界がホワイトアウトしたかと思うと、脳内に見たこともない光景が幻灯の様に流れていく。
───緑髪の少女が目に涙を浮かべながらもこちらに憎悪の視線を投げ掛けている。
小さな手は握りしめられ震えている。
どうやら自分はこの子に酷いことをしてしまったようだ、謝らなくては。
しかし、どうしても何をしてしまったのかは思い出せない。
どこかで間違わなければ自分は彼女の隣で笑い合えていた気がして、それが身が引き裂かれるほど悲しい。
松山の心は罪悪感で悲鳴を上げる。
───緑髪の女性により自分は地面に抑え付けられている。
息は絶え絶えになり、体に力が一切入らない。
彼女はこちらの全てを見透かしているかのような、冷たいぞっとする眼差しをこちらに向けている。
彼女が本気を出せば自分など塵も残らず消される。
松山の頭は恐怖と絶望で埋め尽くされる。

怖い、苦しい、虚しい、悔しい、怖い、苦しい、虚しい、苦しい、怖い
苦しい、虚しい、悔しい、怖い、苦しい、虚しい、悔しい、怖い、苦しい
虚しい、苦しい、怖い、苦しい、虚しい、悔しい……

松山(ッッッッァァァァア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!)

どす黒い感情に呑み込まれて松山が壊れそうになった時、幻灯が巻き戻り始めた。

454 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 23:26:27 ID:/nOXfi16
そしていつの間にか松山の眼前には静謐な闇が広がっていた。
ふと振り向くと闇の中で二筋の紅いリボンが舞っている。
目を凝らすとそこには緑髪の神様がくるくる回りながら離れていく姿があった。
待ってくれ、と叫ぶと神様は一瞬だけ立ち止まり慈しみに溢れた表情で静かに微笑む。
ひどく懐かしい感覚が胸を襲うと、視界がまた徐々に明るくなっていく。
光が彼女の姿を消し去ってしまう。



半田「おい!大丈夫か!?」

ハッと目を覚ますと半田と赤井が心配そうに松山を見詰めていた。
どうやらしばらく放心してしまっていたようだ。

松山「ん、ああ大丈夫……それより緑髪の女性だっけ?あんまり見たこと無いけど綺麗でいいんじゃないか?
俺は好きだぞ、山みたいに青々とした緑」

半田「お、おう。変なこと聞いて悪かったな(こいつ……本当に大丈夫なのか?)」

半田は訝しげな目で松山を見るが、ベンチの方から円堂の集合の号令がかかったことで試合前の会話はそこで打ち切りとなった。

455 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 23:33:42 ID:???
厄神とフラグ立ったか?この松山

456 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 23:35:31 ID:/nOXfi16
実況『さあ!遂に我らが雷門中学校がフットボールフロンティアの舞台となった今日という日!
相手は北の果てからやってきた白恋中学!ここまできて弱い相手など一チームも無い!
寒さを吹き飛ばす熱い激闘を見せてくれることでしょう!!』

審判「それではコイントスを始める」

コイントス→! card

赤スート→雷門ボール
黒スート→白恋ボール
JOKER→コインは天高く飛んでいき……

457 :名無しさんと創る物語:2017/04/23(日) 23:36:18 ID:???
コイントス→ スペード3

458 :副キャプテン半田:2017/04/23(日) 23:48:25 ID:/nOXfi16
>>445 厄神様は序盤から最後までずっと松山の味方でいてくれたので、守り神みたいなイメージですかね

またもや飛田の『ポイゾナスモード』の投票を忘れていました。すみません
A 発動する
B 今は使わない
1票決です。ageでお願いします

459 :名無しさんと創る物語:2017/04/24(月) 00:15:34 ID:???
ふと思ったけどポプルセンはこっちに来た事で多少は性格矯正するかな?
本編だと決定的に歪んだのは森崎が原因って言ってたけど

460 :名無しさんと創る物語:2017/04/24(月) 07:06:23 ID:Mqicu8Os
B

199KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24