板トップ | ご利用ガイド | 携帯版 | 最新20件

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
【主人公力】副キャプテン半田5【マシマシ】

1 :副キャプテン半田:2017/01/20(金) 21:13:46 ID:4IEyItaU
このスレはイナズマイレブンの地味キャラ、半田くんが仲間達と中学サッカーの頂点を目指すスレです。
参加者の皆様に引いて頂いたカードや投票の結果に沿って物語を進めていきます。

あらすじ

円堂「いつから俺が主人公補正を失っていると錯覚していた?」

日向「ブヒィ!?」

飛田「口が悪くなりました!」

不動「パッとしないまま、出番が終わっちまった……」

???「正体バレバレだったぜ!」

半田「ねんがんのジンジャをみつけたぞ!」

??「クシュンッ‼……誰か俺の噂でもしたかな?」

ナルト「新スレ早々失点のピンチに追い込んでやるってばよ!」

だいたいこんな感じだって気がします。

534 :名無しさんと創る物語:2017/05/04(木) 23:19:55 ID:???
★イスラス→ドリブル 21+ スペードQ = ★

535 :名無しさんと創る物語:2017/05/04(木) 23:21:07 ID:???
★松山→タックル 20+(人数補正+1)+ スペード7 =
ポブルセン→タックル 19+(人数補正+1)+ クラブ7 =
氷上→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ4 = ★

536 :名無しさんと創る物語:2017/05/04(木) 23:25:26 ID:???
ポブルセンもタックル強いな…
ワンツーで攻めてみようかな

537 :副キャプテン半田:2017/05/04(木) 23:42:51 ID:SbgCuPAQ
★イスラス→ドリブル 21+ スペードQ =33+(加速ドリブル+2)=35 ★
★松山→タックル 20+(人数補正+1)+ スペード7 =28
ポブルセン→タックル 19+(人数補正+1)+ クラブ7 =27
氷上→タックル 16+(人数補正+1)+ クラブ4 =21 ★
≧2 イスラスが突破!

ポブルセン「くたばれっ!!」ダッ!

イスラス「お前に言いたいことは多々あるその非紳士的態度や俺の仲間を侮辱したこと
しかし今はそれらは語り切れないだから一言だけ言っておく!」ダダダンッ!

松山(今だ!)ズアッ!

イスラスの視線が完全にポブルセン側に向いたタイミングを見計らい、松山が死角からボールを奪いにいく。
並の選手であればまず間違いなくボールを手放してしまう場面だが、イスラスは常に速さという武器で人々の予想を上回る男だ。

イスラス「お前は何よりも──速 さ が 足 り な い ! !」

ダダッ ギュギィッ!
バッ! シュビビビ!
ダダダダダダダダッ!

ポブルセン「!?」

松山「何ぃ!?」

氷上「……えっ?」

538 :副キャプテン半田:2017/05/04(木) 23:54:46 ID:SbgCuPAQ
実況『で、出ました!!イスラスくんの神業ドリブル!!!側方からの松山くんのタックルをノールックで回避!
そこからターンや揺さぶりを交えて急加速!!目の前でこんな動きをされたら誰だって思考が止まってしまいます!』

半田「良いぞ!イスラス!(よし!早速チャンスだ!ここは確実に一点返しておきたいけど……)」

A 大矢にグラウンダーのパスを送らせる
B そのまま突っ込め!
C まずは俺のミラージュシュートだ!
D 飛田に向かって低い浮き玉を上げさせる
E ドラゴンチェインを狙う!染岡にサイドチェンジだ!
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします
半田の現在のガッツ 680/800

539 :名無しさんと創る物語:2017/05/04(木) 23:55:41 ID:hLc0cqhY
A

540 :副キャプテン半田:2017/05/05(金) 00:05:44 ID:yDJ8mdeo
A 大矢にグラウンダーのパスを送らせる

半田「そのまま行って大矢にパスを頼む!」

イスラス「了解!さあゴールはもう目前だ!」

半田からの指示を受け、イスラスはそのまま突き進む。

雪野「くぅ!パスを出さないってことはあの化け物ドリブルの相手をしなきゃいけないのかよ!」

イスラス「パスもそこまで苦手では無いのだが悪いがこちらの方が年季が入っていて信用があるのでな!」

★イスラス→ドリブル 21+! card = ★
★雪野→タックル 15+! card =★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 大矢にボールが渡りシュート体勢に!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をポブルセンがフォロー
≦−2 白恋ボールに

イスラスのカードがダイヤの時『高速ドリブル(+4)』が発動します
イスラスのカードがハート・スペードの時『加速ドリブル(+2)』が発動します

541 :名無しさんと創る物語:2017/05/05(金) 04:40:50 ID:???
★イスラス→ドリブル 21+ クラブ6 = ★

542 :名無しさんと創る物語:2017/05/05(金) 06:29:53 ID:???
★雪野→タックル 15+ ダイヤA =★

543 :副キャプテン半田:2017/05/05(金) 22:37:06 ID:yDJ8mdeo
★イスラス→ドリブル 21+ クラブ6 =27 ★
★雪野→タックル 15+ ダイヤA =16 ★
≧2 大矢にボールが渡りシュート体勢に!

雪野(かなりのスピードで突っ込んでくるから一瞬も見逃さないようにしなきゃ……)ジイッ

イスラス「ハアッ!」ダッ!

雪野「来た!」ビクッ

イスラス「残念だが俺は確かに速さという物をこの上なく愛しているがそれ一辺倒の男ではない!」ピタッ!

雪野「ああ!?」

実況『急停止フェイントに雪野くんがつんのめる!そして今ボールは……』

イスラス「存分に暴れてこい!」バシッ

544 :副キャプテン半田:2017/05/05(金) 22:38:24 ID:yDJ8mdeo
大矢「ここで決めなきゃエースストライカーは名乗れないよなあ!」ニヤッ

この試合初の得点の機会。絶対に外せないこの場面でキッカーにかかるプレッシャーは尋常な物ではないだろう。
しかし、それでも大矢は周りなど知ったことではないと言った風に笑う。
ビックマウスを常に吹聴する彼にとって、停滞や怖れは己の誇りの死を表す。
それ故、彼はいかなる場面でも不適な笑みを絶やすことは無い。

フライハイト「……ッ!」ゾワッ

フライハイト「備えろ目深!(こいつが放つ威圧感……紛うことなき一流のストライカーのそれだ!)」

大矢「いくぜっ!!」グワアアァァァ

545 :副キャプテン半田:2017/05/05(金) 22:43:53 ID:yDJ8mdeo
函田「……とめる!」

フライハイト(大丈夫……僕たちなら十分対抗できるはずだ!)

大矢「派手に吹き飛びやがれえええええぇぇぇ!!!!」

ドッッッッグアアアアアアアァァァンンンンンッ!!!!

★大矢→カタストロフィショット 29+! card = ★
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+! card =
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
函田→オーロラカーテン 24+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(飛田がフォロー)(こぼれ球を奪い合いに)(吹雪がフォロー)
≦−2 白恋ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 大矢のシュートが白恋ディフェンスを破壊し尽くす!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(飛田がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(吹雪がフォロー)
≦−2 地味に固いぞ函田

大矢の『カタストロフィショット』には2の吹っ飛び係数があります
大矢 スキル・【破壊魔】(1人吹っ飛ばす毎にガッツ20回復)

フライハイトのカードがダイヤ・ハートの時『反転ブロック(1/4でブロック+6、150消費)』が発動します

546 :名無しさんと創る物語:2017/05/05(金) 22:44:26 ID:???
★大矢→カタストロフィショット 29+ ハート9 = ★

547 :名無しさんと創る物語:2017/05/05(金) 22:52:01 ID:???
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+ ダイヤ7 =
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+ スペード6 =
函田→オーロラカーテン 24+ ダイヤ10 = ★

548 :名無しさんと創る物語:2017/05/08(月) 00:32:49 ID:???
決めたけど、この年代で反転ブロックが二分の一とはフライハイトもこの世界に来て強化されてる感があるな

549 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 21:56:46 ID:axDo6w6I
>>548 MF連中が基本的に攻撃志向なのでチームの守備力を安定させる為にきっと努力したのでしょう
もしかするとこの世界でも亡霊のお嬢様に気に入られて、鍛えられたのかもしれません

★大矢→カタストロフィショット 29+ ハート9 =38 ★
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+ ダイヤ7 =25 吹っ飛び!
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+ スペード6 =26 吹っ飛び!
函田→オーロラカーテン 24+ ダイヤ10 =34 吹っ飛び!★
≧2 大矢のシュートが白恋ディフェンスを破壊し尽くす!

ドシュウウウウウウウゥゥゥゥゥッ!!!
バギャッ!!ドガンッ!!

目深「ごべあっ!!」ドサッ

フライハイト「かはっ!?(まさかこれほどとは……)」

大矢の強靭な意志の元に発せられたシュートは真っ直ぐに、ぶれること無くゴールへと向かう。
その途中に立ち塞がる者は初めから存在していなかったかのように、圧倒的破壊力により軽々と弾き飛ばされていく。

函田「うおおおおおっ!!……ごふあっ!?」

バギィィィッ
ザシュウウウゥゥゥゥッッッ!!

上背の高さを利用して、人一倍大きな拳を勢いを付けて叩き下ろす函田の必殺セーブすらも押し退け、
ネットに突き刺さった所でやっとボールは前進を止めた。

ピィイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!

雷門 1−1 白恋

550 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 21:58:41 ID:axDo6w6I
ウオオオオオオオオオオオオォォォッ!!!

「しゃあっ!さすが大矢だぜ!」「毎試合必ず得点してるもんな」
「そのままハットトリックだー!!」「これで試合は振り出しに戻ったぞ!」

大矢「へへへっ」

半田「おっしゃ!ナイスシュー……」

ポブルセン「なに無様に失点してやがる!!あんな雑魚シュートも止められねぇのかテメーらは!?」

大矢「…ああっ?」

余韻に浸っている時に自らの得点にケチを付けられたことで、満足げだった大矢の表情がくもる。

フライハイト「ごほっ…すまないポブルセン。だけどあのシュートはお前のマーダーショットよりも……」

ポブルセン「うるせえ!俺の得点を無駄にしやがって!」

551 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 21:59:58 ID:axDo6w6I
自分もイスラスに抜かれた事を棚に上げて、散々にフライハイト達を詰るポブルセン。
見かねた松山が動こうとするが、それより先に大矢がポブルセンの罵倒を止めた。

大矢「おい、試合中にそんなギャンギャン吠えるもんじゃねえよ」

ポブルセン「あ゛ンっ?!」

大矢「お前もサッカー選手なら実力で示しやがれ」ポーンッ

ボールをポブルセンに放り投げると、大矢はそのままポジションに戻りながら言葉を続ける。

大矢「どっちが多く点を取れるかの勝負だ、シンプルでいいだろ?」

ポブルセン「……おもしれえ。良いぜ、乗ってやるよ」

この時のポブルセンが彼にしては珍しく素直に勝負に応じたのには、カペロマンやフライハイトも目を丸くした。
普段であればこの様な挑発にも口汚く罵り返す場面だが、今回はやけに静かにギラギラとした笑みを浮かべている。

小田(うわぁ、不気味……)

552 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 22:01:11 ID:axDo6w6I
半田「……改めてナイスシュート」

大矢「悪いな、勝手なことして」

飛田「いえ、僕もあの人の言動にはムカムカしてたのでスッキリしましたよ!」

イスラス「全くだ、あのスピードを軽視する姿勢には不快感しか抱かない」

半田(大矢とポブルセンの個人的な勝負だが……結果は試合に直結するな)

A 「よし!ならみんなもこの勢いに乗ってどんどん攻めてくぞ!」
B 「そう言った手前早々に失点は出来ないな、確実に守っていくぞ!」
C ポジション、フォーメーションを変える(更に分岐)
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

553 :名無しさんと創る物語:2017/05/09(火) 22:05:20 ID:XA2TnhU6


554 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 23:27:02 ID:axDo6w6I
A 「よし!ならみんなもこの勢いに乗ってどんどん攻めてくぞ!」

染岡「おう!守りに入るのは性に合わないぜ!」

飛田「強気にいきましょう!」

イスラス「まだ同点だ、早めにリードを確保したいからな」

失点を早々に取り返すことが出来たため、雷門メンバーの士気は昂っていた。
そこに半田の掛け声が加わり、一同はいつも通り積極的に前へ前へと進んでいく意識を高める。

555 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 23:36:34 ID:axDo6w6I
ピイイイイイイィィィィィィィッ!!

実況『大矢くんの弾丸シュートが決まりスコアはドローに!次にネットを揺らすこととなるのは果たしてどちらか!?』

喜多海「松山!」バシィッ

半田「よし!ここで奪って……」ダッ

松山「カペロマン!」バシュッ

染岡「こっちか!」

カペロマン「おっと!」パシュッ

氷上「ナイスパス」トッ

半田(これは……明らかに時間を稼いでるな)

白恋の選手たちは前に運ぼうとせずにプレスが来る直前にボールを手放していく。
深追いをすれば空いたスペースを使われる可能性があるので迂闊には奪いにいけない状況となった。

556 :副キャプテン半田:2017/05/09(火) 23:44:25 ID:axDo6w6I
半田(今は前半23分……無理に攻めずに同点のまま後半を迎えるのが狙いなのか?)

何か策があり動いているのは間違いないだろうが、それに敢えて乗るべきかそれとも妨害するべきか。
悩んだ末に半田が出した結論は……

A 仕掛けられる前に仕掛ける!前線メンバーでボールを全力で奪取するぞ!
B 何が来ても対処できるように引きつつ守りを固める
C ポブルセンを挑発してみる
D その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

557 :名無しさんと創る物語:2017/05/10(水) 10:41:43 ID:4TjmokVk
A 撃たれる前に奪おう

558 :副キャプテン半田:2017/05/10(水) 21:55:43 ID:dUF1y1eY
A 仕掛けられる前に仕掛ける!前線メンバーでボールを全力で奪取するぞ!

半田「(リードが無い状態で後手に回ってイニシアチブを握られるのはまずい!)何かわからんがくらえッ!」ダダッ!

氷上「うおっ!?」バシッ

半田の突撃を機に前線メンバーも追従してより積極的にボールを追う。
チェックを厳しくし、パス回しのペースを上げさせる。

松山(ここが勝負どころか!)

おーるはんでっど→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

ダイヤ→半田が氷上のパスへカットに向かう
ハート→イスラスがカペロマンのパスへカットに向かう
スペード→染岡が氷上にタックルを仕掛ける
クラブ→飛田が吹雪にタックルを仕掛ける
JOKER→いつの間にか大矢がゴール前でボールを持っていた

559 :名無しさんと創る物語:2017/05/10(水) 22:08:38 ID:???
おーるはんでっど→ ハート3

560 :副キャプテン半田:2017/05/10(水) 22:32:50 ID:dUF1y1eY
おーるはんでっど→ ハート3
ハート→イスラスがカペロマンのパスへカットに向かう

速度が上がればそれだけ精度は下がり、いずれ綻びが生まれる。
余裕を無くした白恋のパス回しの皺寄せはカペロマンへと来た。

カペロマン(パスコース……そこか)ズアッ

イスラス「かかったな!」ババッ

わざと開けられていたパスコースへとカペロマンの視線が移るのを確認すると、逆サイドにいた筈のイスラスが
突然死角から走り込んできた。

カペロマン「! 嵌められたか、だが通せない訳じゃない!」

★カペロマン→パス 17+! card = ★
★イスラス→パスカット 18+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 カペロマンのパスが松山へと通る
=1 こぼれ球を小田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を染岡がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

561 :名無しさんと創る物語:2017/05/10(水) 22:37:03 ID:???
★カペロマン→パス 17+ クラブ8 = ★

562 :名無しさんと創る物語:2017/05/10(水) 22:43:59 ID:???
★イスラス→パスカット 18+ ハート9 = ★

563 :副キャプテン半田:2017/05/15(月) 22:17:24 ID:+hEHB17w
★カペロマン→パス 17+ クラブ8 =25 ★
★イスラス→パスカット 18+ ハート9 =27 ★
≦−2 ボールを奪取!

カペロマン「これならどうだっ!」バシュッ!

イスラス「たあっ!!」バッ

カペロマン(おいおい、あれに追い付くのかよ……)

実況『イスラスくんが持ち前の機動力を活かして白恋のパスワークを断ち切った!これはチャンス到来か!?』

半田(ほっ……なんとか防げたみたいだな。さてこのままだと吹雪と当たることになるけど、イスラスならなんとかなるか?)

A 俺にくれ!
B そのまま上がれ!
C 染岡にパスだ
D ○○とワンツーで上がるぞ(相手の名前を記入してください)
E 大矢にパスしてくれ
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします

564 :名無しさんと創る物語:2017/05/15(月) 22:41:10 ID:8IPppyoQ
C

565 :副キャプテン半田:2017/05/15(月) 23:18:23 ID:+hEHB17w
C 染岡にパスだ

半田「(さっきポブルセンに吹き飛ばされてるし、イスラスは若干オーバーペースかもしれないな)イスラス!染岡だ!」

イスラス「了解だ、頼むぞ染岡」バシッ

染岡「おう!やってやるぜ!」ダダッ!

イスラスが軽くはたいたボールを受け取ると染岡はドリブルを開始する。

吹雪「やっと出番か。少しは楽しませてよね?」

566 :副キャプテン半田:2017/05/15(月) 23:26:46 ID:+hEHB17w
染岡「余裕だな!そう気楽に構えてられるのも今だけだぜ!」

吹雪「君は随分と怖い顔をしてサッカーをするんだね。もっと楽しんだらどう?」

染岡「この顔は生まれつきだ!」

★染岡→ドリブル 17+! card = ★
★氷上→タックル 16+(人数補正+1)+! card =
吹雪→タックル 18+(人数補正+1)+! card = ★

『攻撃陣−守備陣』が
≧2 染岡がドリブル突破!
=1 こぼれ球を半田がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球をフライハイトがフォロー
≦−2 白恋ボールに

染岡のカードがダイヤ・ハートの時『強引なドリブル(+2、吹っ飛び係数2)』が発動します

吹雪のカードがクラブ以外の時『アイスグランド(+3、相手のガッツ-40)』が発動します

567 :名無しさんと創る物語:2017/05/15(月) 23:28:21 ID:???
★染岡→ドリブル 17+ ハート5 = ★

568 :名無しさんと創る物語:2017/05/15(月) 23:41:26 ID:???
★氷上→タックル 16+(人数補正+1)+ ハート3 =
吹雪→タックル 18+(人数補正+1)+ ハート2 = ★

569 :副キャプテン半田:2017/05/18(木) 21:38:06 ID:Osdcq7u+
★染岡→ドリブル 17+ ハート5 =22+(強引なドリブル+2)=24 ★
★氷上→タックル 16+(人数補正+1)+ ハート3 =20 吹っ飛び!
吹雪→タックル 18+(人数補正+1)+ ハート2 =21+(アイスグランド+3)=24 ★
=0 こぼれ球を奪い合いに

染岡「どけぇっ!」

氷上「ぶぐぇ」ドガァッ

吹雪「タイミングは……ここだね」ズザァッ

染岡「なにっ!?」

軽々と氷上を打ち上げた染岡はそのまま吹雪も突破せんと踏み込むが、ボールが足から離れる一瞬の隙を突いた
吹雪の鋭いタックルによりボールを掻き出されてしまう。

奪い合い→! card
!とcardの間のスペースを埋めて書き込んで下さい。

K→半田がボールを確保
8〜Q→大矢と雪野の競り合いに
4〜7→飛田と目深の競り合いに
A〜3→半田とフライハイトの高い競り合いに
クラブA→いつの間にか戻ってきていた松山がボールをキープ
JOKER→大矢がゴール前でフリーに!

570 :名無しさんと創る物語:2017/05/18(木) 21:45:02 ID:???
奪い合い→ クラブK

571 :副キャプテン半田:2017/05/18(木) 21:59:44 ID:Osdcq7u+
奪い合い→ クラブK
K→半田がボールを確保

ポーン トスッ

半田「ラッキー!!」

弧を描きながら飛ばされたボールは運良く半田の足元へ収まった。

半田(思わぬチャンスだ、一点取れれば儲けだけど……)

A 大矢にグラウンダーのパスを送る
B そのまま突っ込む!
C ここはミラージュシュートだ!
D 飛田に向かって低い浮き玉を上げる
E 染岡にパスを出す
F その他。自由に記入してください
1票決です。ageでお願いします
半田の現在のガッツ 680/800

572 :名無しさんと創る物語:2017/05/18(木) 22:01:36 ID:A+KJmvVE
D

573 :副キャプテン半田:2017/05/18(木) 22:17:20 ID:Osdcq7u+
D 飛田に向かって低い浮き玉を上げる

半田「(勝負のこともあるから大矢に撃たせてやりたいけど、飛田の体力を余らすのも勿体無いんだよな)頼むぜ!」バシュッ

飛田「よーし、決めますよ!」バッ

フライハイト(低い……これはクリアよりもブロックに回った方が良いな)

★飛田→リフレクトボレー 27+! card = ★
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+! card =
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+! card =
函田→オーロラカーテン 24+! card = ★

『シューター−ブロッカー』が
≧5 シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ
=4〜2 シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ
=1、0、−1ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(大矢がフォロー)(こぼれ球を奪い合いに)(雪野がフォロー)
≦−2 白恋ボールに
『攻撃陣−守備陣』が
≧2 飛田のリフレクトボレーがネットを揺らす!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(大矢がねじこみに)(ラインを割りコーナーキックに)(雪野がフォロー)
≦−2 地味に固いぞ函田

フライハイトのカードがダイヤ・ハートの時『反転ブロック(1/4でブロック+6、150消費)』が発動します

574 :名無しさんと創る物語:2017/05/18(木) 22:18:27 ID:???
★飛田→リフレクトボレー 27+ スペード2 = ★

575 :名無しさんと創る物語:2017/05/18(木) 22:26:30 ID:???
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+ JOKER =
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+ ハート5 =
函田→オーロラカーテン 24+ ハート3 = ★

576 :名無しさんと創る物語:2017/05/18(木) 22:31:46 ID:???
一人目で防がれたw

577 :副キャプテン半田:2017/05/21(日) 00:16:30 ID:HBml2W7Y
>>576 フライハイトのガッツを削れなかったのは勿体無かったですね。ドラゴンチェイン使ってても防がれてたので仕方ないですが

★飛田→リフレクトボレー 27+ スペード2 =29 ★
★目深→ブロック 17+(人数補正+1)+ JOKER =33
フライハイト→ブロック 19+(人数補正+1)+ ハート5 =×
函田→オーロラカーテン 24+ ハート3 =× ★
≦−2 白恋ボールに

飛田「たああああっ!!」ビシュゥッ!

目深「俺たちだって数合わせでいるわけじゃないんだ!うおおおおお!!」

ボゴォッ!……ポロッ

松山「おおっ!」

飛田「え、ええ……」

飛田の必殺の一撃は誰にも注目されていなかったもう一人のCB 目深によって事も無げに止められてしまった。
全国レベルの得点力は有ると自負していた飛田もこれには動揺の色を隠せない。

目深「ここは……吹雪!」バスッ

578 :副キャプテン半田:2017/05/21(日) 00:25:14 ID:HBml2W7Y
ボールを受け取った吹雪は落ち着いた様子で首に巻かれたマフラーに触れると、途端に彼の眼光が鋭さを帯びる。

吹雪「よし…………行くぜ!!」ギンッ

染岡(なんだこいつ?さっきと雰囲気が……)

半田「ここを防げばまだチャンスだ!奪うぞ染岡!」

染岡「お、おうよ!」

★吹雪→ドリブル 19+! card = ★
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+! card =
染岡→タックル 12+(人数補正+1)+! card = ★

≧2 吹雪がドリブル突破
=1 こぼれ球を氷上がフォロー
=0 こぼれ球を奪い合いに
=−1こぼれ球を大矢がフォロー
≦−2 ボールを奪取!

吹雪のカードがダイヤ・ハートの時『オーロラドリブル(+3、相手のガッツ-40)』が発動します
吹雪のカードがハートの時『疾風ダッシュ(+2)』が発動します

半田のカードがダイヤの時『サイクロンV2(+3、吹っ飛び係数4)』が発動します
半田のカードがハートの時『サイクロン(+2、吹っ飛び係数4)』が発動します

579 :名無しさんと創る物語:2017/05/21(日) 01:12:28 ID:???
★吹雪→ドリブル 19+ JOKER = ★

580 :名無しさんと創る物語:2017/05/21(日) 07:50:55 ID:???
★半田→タックル 20+(人数補正+1)+ スペードA =
染岡→タックル 12+(人数補正+1)+ スペード7 = ★

581 :名無しさんと創る物語:2017/05/21(日) 22:18:23 ID:???
この試合、(カードが)荒れるぜ…!

582 :名無しさんと創る物語:2017/05/24(水) 00:10:12 ID:???
そういえばスレ始まって二年たってますね
程よい難易度と半田達の頑張りが面白くて外伝系だと一二を争うぐらい好きなんで、3周年目指して頑張ってください

252KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24